さきくさの咲く頃

さきくさの咲く頃

大和三山に囲まれた奈良県のある町を舞台にした青春漫画で、万葉集に詠まれた歌がモチーフとなっている。ゲイ、レズビアンの恋愛感情を描いた作品としての側面も持つ。

正式名称
さきくさの咲く頃
作者
ジャンル
青春
 
同性愛
関連商品
Amazon 楽天

概要

奈良県のある町で暮らす松苗澄花暁生千夏は幼馴染でいとこ同士。おとなしい性格の澄花の密かな楽しみは、川を挟んで向かいに見える暁生の部屋を、自室から双眼鏡で観察すること。ある日、暁生から「つきあおうか」と言われ、交際を始める。

登場人物・キャラクター

主人公

高校3年生。幼い頃に漫画家だった父を自殺で亡くして以来、母親と2人、奈良で暮らしている。父の葬式で出会ったいとこの暁生、千夏と仲良くなり、同じ高校に通う。暁生のことが好きで、一度は交際に至るが、暁生が... 関連ページ:松苗 澄花

松苗澄花のいとこで、千夏とは双子である。澄花、千夏と同じ学校に通う高校3年生の男子。美形で、しょっちゅう女子生徒から告白されては、交際相手を頻繁に替えている。実はゲイで北村のことが好きだが、そのことを... 関連ページ:暁生

松苗澄花のいとこで、暁生とは双子である。レズビアンであり、澄花のことが好き。容姿端麗で成績も良く、高校卒業後は地元の大学の医学部に進学する。クールな性格。 関連ページ:千夏

長い間、暁生に密かに想われていた高校3年生の男子。澄花らと同じ学校に通う。自身はゲイではなく、交際している女子生徒がいる。眼鏡をかけている。 関連ページ:北村

SHARE
EC
Amazon
logo