ざっぺら

ざっぺら

ボクシングへの夢破れた気ままな男、二階堂天が、故郷の鹿児島で人々と織り成すヒューマンドラマ。

概要

故郷の鹿児島ではざっぺら(いいかげん)と呼ばれていた二階堂天は27歳。地元高校を中退して上京、ボクシングの道に入り、寿司店もりかわで働きながら、10年目にようやく日本タイトルマッチの挑戦権を奪取した。その翌日、高校の恩師である志村からのハガキによって、友人の黒石(黒石ワタル)が死んだことを知る。

黒石は男子生徒のアイドル藤田圭子(まつげ)と結婚し、ビジネスホテルR・デュランで働いていた。志村によって強引に黒石の後釜にされたは、10日間の約束で働き出す。しかしホテルの社長であるまつげの伯父に飲み食い漬けにされた挙句、タイトルマッチをふいにしてしまう。

仕方なく鹿児島に戻り、R・デュランで働き始めたのもとには、様々な人が現れる。ヤクザになった同級生、いきなりを「パパ」と呼ぶ少女、そして幽霊になった黒石。さらに東京で許嫁の約束を交わしたもりかわの娘ユカ(森川ユカ)が現れ、まつげとユカの間で板挟みになるなど賑やかな日々。

そんな中でもボクシングへの想いはくすぶっていた。

登場人物・キャラクター

主人公

初登場時27歳。坊主頭の男性。鹿児島県出身で、故郷ではざっぺら(いいかげん)と呼ばれていた。地元高校を中退して上京、ボクシングの道に入り、寿司店もりかわで働きながら、10年目にようやく日本タイトルマッ... 関連ページ:二階堂 天

志村

短い白髪で小柄な男性。二階堂天の高校時代の担任。同じく教え子だった黒石ワタルが亡くなった後、ハガキで天を呼び戻し、黒石の後釜としてビジネスホテルR・デュランで働かせる。

黒石 ワタル

左のこめかみに大きな傷のある男性。二階堂天の高校時代の同級生。共にボクシング部に所属していた。男子生徒のアイドル、まつげ(藤田圭子)と結婚してビジネスホテルR・デュランで働いていたが、命を落としてしまう。ピンチヒッターとしてR・デュランで働き始めた天の前に幽霊となって現れた。

肩までのストレートヘアーで長い睫毛の女性。初登場時27歳。長い睫毛から「まつげ」と呼ばれている。学生の頃は、二階堂天たち男子生徒のアイドルだった。黒石ワタルと結婚し、現在は黒石圭子。叔父が営むビジネス... 関連ページ:藤田 圭子

森川 ユカ

ショートヘアーの女性。二階堂天が働いていた東京の寿司店もりかわの娘。勝気で活動的な女性。ボクシングをやめたら婿養子に入るという天の言葉を信じていたが、故郷の鹿児島から戻らない天に業を煮やし父親と共に鹿児島に現れる。まつげ(藤田圭子)をライバル視し、1人鹿児島に残る。

ハエ

初登場時27歳。二階堂天の同級生で子分格。いつも頭に蝿がたかっているのでハエと呼ばれている。同級生の黒石(黒石ワタル)が亡くなり、恩師の志村に呼び戻された天と再会する。白熊と同じ職場で勤務している。27歳という年齢は、本気で夢を断つ時と感じている。

白熊

初登場時27歳。薄くなりかけた頭髪に眼鏡をかけた男性。二階堂天の同級生で子分格。ハエと同じ職場に勤務している。かつては東京で役者を目指していた。職場の後輩が自分より先に昇格したことに苛立っている。

米森 正夫

初登場時27歳。短髪にサングラス、口の周りに髭を生やした男性。二階堂天のかつての同級生。同窓会で天、ハエ、白熊、まつげ(藤田圭子)と再会するが、誰も分からないほど風貌が変わっていた。高校在学中は目立たずヘロヘロと呼ばれていたが、別の男に変身したいという一心から暴力団に身を投じていた。

チビ

二階堂天の弟。顔は天そっくりだが、身長は185cmで天よりはるかに大きい。天を「天にい」と呼ぶ。天がまつげ(藤田圭子)と一緒に街を歩いていた際に偶然再会し、桜島の実家に帰るよう懇願する。

鈴木 一平

オールバックで左頬にほくろのある男性。漢方薬を販売する仕事をしている。まつげ(藤田圭子)が叔父から見合い相手として紹介された。誠実だが慌てる癖があり、一度結婚に失敗している。まつげから一度は断られるが、彼女の勤務先のビジネスホテルR・デュランを訪問する。

書誌情報

ざっぺら 全2巻 小学館〈ビッグコミックス〉 完結

第1巻 ひまわり

(1991年4月発行、 978-4091825216)

第2巻

(1992年2月発行、 978-4091825223)

SHARE
EC
Amazon
logo