ざんげちゃん

ざんげちゃん

かんなぎ(漫画)の登場人物。ナギとは親族関係にある。

登場作品
かんなぎ(漫画)
正式名称
ざんげちゃん
関連商品
Amazon 楽天

概要

ナギの妹。正確には、川で分離された地域でも参拝できるように、産土神であるナギの依代である神木を株分けし、その木が別の神格(分身霊)を持ったもの。その神格が自分の敏感すぎる霊感に疲れ果てた高校生の少女、涼城白亜に憑依し、意識の主導権をとった存在である。腰まである黒い長髪で、十字架型の髪留めを使っている。

神木が白亜の家である教会の敷地内にあるため、神としてのパワーはナギよりずっと強く、「ケガレ」を手で瞬時に祓うことができるし、集めて溜めておくこともできる。夜の街に立って人々の罪や悩みを1回100円で聞くという行為を行い、「ざんげちゃん」と名乗る(罪や悩みを持つ人々によくとり憑いている「ケガレ」の収集も目的)。

その姿が話題になり、地方テレビ局のタレントとして契約するに到り、神の力の増強に役立てている(ファンクラブも設立した)。見た目の可愛らしさとは裏腹に、腹黒い性格である。ある目的のために「ケガレ」を収集していた。

関連人物・キャラクター

涼城白亜

ナギの妹である神格ざんげちゃんの憑依を容認している人間の少女。御厨仁と同じ私立高校に通う。霊感が強すぎて、幼いころ母に死をもたらした「ケガレ」に類似したものがカラスのように見えたり、霊媒体質のため悪霊... 関連ページ:涼城白亜

ナギ

細身の美少女。前髪は切り揃えられており、腰まで届く水色の長髪をしている。一人称は「妾(わらわ)」で、二人称は「そち」。高飛車な態度と口の利き方をする。廃された神薙神社の御神木が切り倒され、その一部を材... 関連ページ:ナギ

登場作品

かんなぎ

御厨仁は、霊感のある高校1年生の小柄な少年。母が早逝し父が海外へ仕事に出かけてしまったため一人暮らしをしている。ある日、仁が切り倒された神木で彫った女神像の中から突然美しい少女ナギが現れ、自分はこの土... 関連ページ:かんなぎ

SHARE
EC
Amazon
logo