ああっ女神さまっ

普通の男子大学生の元に女神が現れる、いわゆる「落ち物」と呼ばれるジャンルのラブコメディ漫画。連載期間が25年を超える、長期連載作品。作者藤島康介の代表作。

正式名称
ああっ女神さまっ
作者
ジャンル
ファンタジー
 
ラブコメ
レーベル
アフタヌーンKC(講談社)
巻数
全48巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

一件の間違い電話から、大学生・森里螢一の元にやってきた女神ベルダンディー。人間の常識が通用しない女神と暮らす螢一は、彼女との不思議な大学生活を送ってゆく。そんな中、ベルダンディーの姉妹たちや天界と魔界の争いといったスケールの大きい話も絡みつつ、二人は少しずつ愛を育んでゆく。

登場人物・キャラクター

森里 螢一 (モリサト ケイイチ)

電話でベルダンディーを呼び出してしまい、そのまま一緒に住むことになる。性格は温和で争いが嫌い。背が低いのがコンプレックス。猫実工業大学の工学部の学生で自動車部に所属。当初は理不尽な先輩たちに振り回されていたが、やがて部長となる。第二外国語の単位を全く取っていなかったため1年留年するも、卒業後は自動車部OG藤見千尋の店で働くことになる。 ハガルによるクーデターの際にベルダンディーと真実のキスを交わしたため、異種族恋愛審問を受けることになり、正式に結婚を認められた。乗っているバイクはBMWのオスカー・リーブマン・スペシャル風サイドカー。時にはサイドカーを外してレースをすることもある。 泳ぎは苦手。実家は釧路。父親はガラス細工職人。

ベルダンディー (ベルダンディー)

1級神2種非限定。三女神の二女。額の紋章は「現在」を司ることを表す。従える天使は「ホーリーベル」。「お助け女神事務所」から派遣された女神で、螢一が「ずっとそばにいてほしい」と願い、受理されてしまったために一緒にいることになる。外見はエキゾチックな美人で、その性格と相まって男女問わず魅了する。 家事全般をこなし、歌が好き。法術を使う事ができるが、使いすぎると寝てしまう。コーラを飲むと酔って泣き上戸になる。性格は穏やかだが、異性が螢一にモーションをかけると、本人には自覚がないが嫉妬で力が周囲に溢れてしまうことがある。名前は北欧神話の女神に由来する。

スクルド (スクルド)

三女神の末っ子。額の紋章は「未来」を司ることを表す。2級神1種限定。無類のメカフェチで日夜怪しいメカや装置を開発しており、ウルドが薬で解決しようとするところを、メカで解決しようとする。年頃の女の子らしく、少女マンガ好き。愛読書は「どぼん」。アイスクリームが好物で、法力のエネルギー源でもある。 名前は北欧神話の女神に由来する。

ウルド (ウルド)

三女神の長女。額の紋章は「過去」を司ることを表す。2級神管理限定。ベルダンディーやスクルドとは異母姉妹にあたる。母親は大魔界長のヒルドで自身は半神半魔の女神。従える天使は「ワールドオブエレガンス」。本来はユグドラシルの調整が仕事だが、なかなか進展しないベルダンディーと螢一に業を煮やし、この世界にやってきた。 性格は大雑把で享楽的。「手段のために目的を選ばない」とも言われる。極度の薬フェチで、スクルドがメカで解決しようとするところを、怪しい薬で解決しようとする。新薬を他人に呑ませて実験することも多い。後に1級神の昇進試験を受け、合格するが1級神になると嘘がつけなくなると辞退。 作中4コマ『ウルドの、小っちゃいって事は便利だね』にも登場する。日本酒(吟醸酒)が法力のエネルギー源。名前は北欧神話の女神に由来する。

リンド (リンド)

1級神特務限定。戦闘専門のワルキューレ。「戦う翼」「片翼の天使」などの異名を持つ。あまり知られてはいないが、「クールミント」「スペアミント」と二体の天使を従えており、それぞれの天使が片翼。名前は北欧神話の主神オーディンの妻に由来する。

ペイオース (ペイオース)

アースお助けセンター所属、1級神2種非限定。従える天使は「ゴージャスローズ」。ベルダンディーとは幼馴染で過去に因縁がある。過剰なまでのサービスが売りでプライドが高く、ウルドとは別の意味でトラブルメーカー。名前はルーン文字に由来する。

アンザス (アンザス)

ベルダンディーとスクルドの母で女神集合体代表取締役。魔界で真実のキスをしたベルダンディーと螢一の元へ異種族恋愛審問官としてやってくる。

ティール (ティール)

女神三姉妹の父で大天界長。真実のキスを交わし、異種族恋愛審問を受けることになったベルダンディーと螢一だが、審問の際に使われたゲートにハッキングして、二人の前に現れた。実際の姿は登場していないので不明。

ヒルド (ヒルド)

ウルドの母で魔族の王。外見は褐色の肌に金髪。額の印は六芒星、強大な魔力を抑えるために、大量の封環を身に付けている。ウルドの母親だけあって、享楽的かつ無責任。後に自身の分身をこちらの世界に残し、螢一たちに数々の悪戯を仕掛けた。名前は北欧神話のワルキューレの一人に由来する。

マーラー (マーラー)

悪魔事務所に所属している一級非限定魔。悪魔のCDから現れ、三嶋沙夜子の元でベルダンディーと螢一を別れさせようとする。ロックを聴くと踊りだしてしまう。実は女性。ベルダンディーとは幼馴染。その後もヒルドの指示で魔界のシェア拡大を狙って騒動を起こす。名前はヒンドゥー教の魔人マーラに由来する。

ヴェルスパー (ヴェルスパー)

一級魔で、幼い頃にベルダンディーとダブレット制の契約を交わしている。その記憶を留める代償として、成長を止める事を選んだ。しかし小さい体に魔力は収まりきらず、このままだと自分もベルダンディーも死んでしまうと考え、ユグドラシルに干渉。時間を止めることでベルダンディーの命を守ろうし、世界を大混乱に陥れる。 事件終了後、首謀者として魔力をはく奪され猫へと転生させられてしまう。メスの黒猫の姿となったヴェルスパーは、森里家で飼われることになる。名前は北欧神話を記した古エッダの一節、巫女の予言に由来する。

森里 恵 (モリサト メグミ)

螢一の妹。猫実工大に入学。自動車部には入らずソフトボール部に入部。一時は部員4名だったが野球部との試合に勝って入部希望者続出。愛車はKSR-Ⅱ。ヘルメットはAraiのSZ。大学の別校舎までの道で公道レースが行われており、現在は最速の称号である「クイーン」の名を拝命している。

藤見 千尋 (フジミ チヒロ)

自動車部OGで初代部長。現在も時々部室に顔を出す。卒業後は大手のワークスショップに所属していたが、螢一の一言で独立を決意。モーターサイクルショップ「WHIRL WIND」をオープンする。さらに留年してヒマだった螢一の腕を見込んで雇い入れた。性格は豪放磊落、自己中心的だが親分肌。 かわいい物が好き。過去には田宮寅一と大滝彦左衛門から告白されたが、どちらかを選ぶことで自動車部の雰囲気を悪くすることを嫌い、両方を振った。

田宮 寅一 (タミヤ トライチ)

何かと無茶を言う自動車部部長。螢一を部長に指名し引退するが、卒業後は大滝彦左衛門と共に院生として大学に残り、自動車部元老院を組織して引き続き部を指導する。過去には藤見千尋に告白したこともある。

大滝 彦左衛門 (オオタキ ヒコザエモン)

自動車部副部長。信楽焼の狸をコレクションしている。卒業後は田宮寅一と共に院生として大学に残り、自動車部元老院を組織して引き続き部を指導する。工具やパーツを常に持ち歩いている。過去には藤見千尋に告白したこともある。現在交際中の彼女がいる。

三嶋 沙夜子 (ミシマ サヨコ)

猫実工大電子科所属。容姿端麗成績優秀と学園のアイドルだったが、ベルダンディーが現れてからは人気を奪われる。彼女をライバル視して、その正体を暴こうとするがそこを魔族に狙われる。女王様気質。自分の実力でベルダンディーに勝る事を証明しようとするなど、裏付けのない自信と共にフェアプレイ精神を持ち合わせている。 青嶋紀元は従兄弟。美術部所属。

青嶋 紀元 (アオシマ トシユキ)

通信工学科に入学した新入生。ベルダンディー目当てで自動車部に入部する。三嶋沙夜子の従兄弟で根っからのプレイボーイ。通学にフェラーリ288を使うなど裕福な家庭らしい。メカ音痴。一時は自動車部と対抗する四輪部を立ち上げるが、結局自動車部に統合。その後もベルダンディーを諦めていない様子。 長谷川空の片思いには気付いていない様子。

越庵 (コシアン)

他力本願寺の住職。早とちりが得意。寮を追い出された螢一が、一夜の宿として軒を借りた寺。ベルダンディーの煩悩のない自然体を見て、修業をし直すべくインドへと旅立つ。

岩田 みつお (イワタ ミツオ)

作中4コマ『ウルドの、小っちゃいって事は便利だね』に登場するネズミ。当初名前がなくずっと「ネズミ」で通っていたが、3人がバンドを結成した際に公表された。

長谷川 空 (ハセガワ ソラ)

猫実工大に通う。螢一の自動車部の後輩。童顔で背が小さく、よく中学生に間違われる。青嶋紀元に心を寄せているが、本人は気付いていない。後に螢一の後を継いで自動車部の部長となる。料理が苦手で「殺人シェフ」の異名を持つ。愛車はフィアット500。後に自動遠心クラッチ仕様の初期型モンキー50も入手。

ばんぺいくんRX (バンペイクンアールエックス)

『ああっ女神さまっ』に登場するロボット。当初は対マーラー支援攻撃ロボとして、スクルドによって作られた。外部電源から有線接続だったが、内部バッテリーにより二輪走行モードなど機動力がアップ。ベルダンディーに組んでもらった昇圧回路をベースに感情回路を生成し、自律的に動くこともできる。多彩なオプションで様々な状況に対応可能。

その他キーワード

ダブレット制 (ダブレットセイ)

『ああっ女神さまっ』に登場する用語。神属と魔属のシェア争いが過激化しないよう、双方の子供の命を共有させる契約をし、片方の契約者が死ぬともう一人も死ぬという制度。相手方の誰かを殺すと、仲間の誰かが死ぬことになるため、戦いを抑制することができる。過去にベルダンディーとヴェルスパーが契約を交わした。通常は誰と契約を交わしたかの記憶を消去させる。

アニメ

ああっ女神さまっ 小っちゃいって事は便利だねっ

大学生の森里螢一は天界に間違い電話をかけた縁から女神のベルダンディーと同居を始め、後に押しかけてきた姉の女神ウルドや妹の女神スクルドとも共に暮らしている。螢一が大学に出かけて留守の間、住居の他力本願寺... 関連ページ:ああっ女神さまっ 小っちゃいって事は便利だねっ

書誌情報

ああっ女神さまっ 全48巻 講談社〈アフタヌーンKC〉 完結

第1巻

(1989年8月発行、 978-4063210095)

第2巻

(1990年3月発行、 978-4063210132)

第3巻

(1990年9月発行、 978-4063210170)

第4巻

(1991年5月発行、 978-4063210217)

第5巻

(1991年10月発行、 978-4063210231)

第6巻

(1992年4月発行、 978-4063210255)

第7巻

(1992年10月発行、 978-4063210286)

第8巻

(1993年3月発行、 978-4063210309)

第9巻

(1993年11月発行、 978-4063210378)

第10巻

(1994年5月発行、 978-4063210408)

第11巻

(1994年10月発行、 978-4063210446)

第12巻

(1995年6月発行、 978-4063210491)

第13巻

(1996年4月発行、 978-4063210576)

第14巻

(1997年4月発行、 978-4063210675)

第15巻

(1997年9月発行、 978-4063210743)

第16巻

(1997年11月発行、 978-4063210767)

第17巻

(1998年9月発行、 978-4063210910)

第18巻

(1998年11月発行、 978-4063210934)

第19巻

(1999年9月発行、 978-4063142198)

第20巻

(1999年11月発行、 978-4063142228)

第21巻

(2000年6月発行、 978-4063211146)

第22巻

(2000年10月発行、 978-4063211184)

第23巻

(2001年10月発行、 978-4063211290)

第24巻

(2002年5月発行、 978-4063211368)

第25巻

(2002年11月発行、 978-4063211429)

第26巻

(2003年6月発行、 978-4063211504)

第27巻

(2003年11月発行、 978-4063211542)

第28巻

(2004年3月発行、 978-4063211580)

第29巻

(2004年9月発行、 978-4063211634)

第30巻

(2004年11月発行、 978-4063211665)

第31巻

(2005年9月発行、 978-4063211696)

第32巻

(2005年12月発行、 978-4063211733)

第33巻

(2006年7月発行、 978-4063211771)

第34巻

(2006年11月発行、 978-4063211801)

第35巻

(2007年6月発行、 978-4063211856)

第36巻

(2007年12月発行、 978-4063211863)

第37巻

(2008年7月発行、 978-4063211887)

第38巻

(2008年12月発行、 978-4063211900)

第39巻

(2009年7月発行、 978-4063211917)

第40巻

(2009年11月発行、 978-4063211931)

第41巻

(2010年7月発行、 978-4063211948)

第42巻

(2011年2月発行、 978-4063211955)

第43巻

(2011年9月発行、 978-4063107746)

第44巻

(2012年4月発行、 978-4063211979)

第45巻

(2012年11月発行、 978-4063211986)

第46巻

(2013年8月発行、 978-4063211993)

第47巻

(2014年3月発行、 978-4063212013)

第48巻

(2014年7月23日発行、 978-4063212020)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo