ちいさなマキ

小学生のマキは、小さな異星人の少女を救うため、自らもミクロ液を飲んで昆虫サイズに縮小。松本零士の2大テーマ、昆虫世界とSFメカがドッキング。新聞日曜版に美麗なカラーで連載されたという特異な一遍。

  • ちいさなマキ
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ちいさなマキ
作者
ジャンル
SF一般

総合スレッド

ちいさなマキ(漫画)の総合スレッド
2016.06.10 10:45

新着関連スレッド

女王(ちいさなマキ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.06.10 10:46
お父さん(ちいさなマキ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.06.10 10:46

新着関連スレッドもっとみる

概要

小学生の少女マキは、ある夜、流れ星が落下するのを目撃する。だが、それは宇宙からやって来た異星人の円盤だった。円盤は灰皿ほどの大きさしかなく、中にはミライと名乗る、昆虫ほどの大きさの光り輝く少女が乗っていた。ミライは、離ればなれで地球に降り立った異星の女王である母親を探していると言う。

ミライを可哀そうに思ったマキは、父親が開発した薬を飲んでミクロ化、母親探しに協力することを決意する。

登場人物・キャラクター

主人公
小学生の少女。恐がりで泣き虫だが、探究心旺盛。宇宙から飛来した小さな異星人の少女ミライに協力して、彼女の母親である女王の探索に出発する。自らも父親の開発したミクロ液を飲んで、昆虫ほどの大きさに縮小する...
オリオンの三つ星の方角にある惑星インセクターからやって来た異星人の少女。昆虫ほどの大きさで、全身が金色に輝いている。インセクターは、科学が進んだ星であったが、砕け散って消滅してしまった。女王である母親...
マキの父親で、物体を縮小させる薬を研究している。薬を飲んだ人間や動物は縮小出来るが、物体の縮小までには至っていない。そのためミクロ化した人間が使用する服や装備、乗り物なども開発している。小さくなってし...
惑星インセクターの女王で、ミライの母親。母星が消滅してしまったため、宇宙船団を率いて移住先を探す放浪の旅を続けていた。地球付近で反乱が起こり、船団は離散し、バラバラに地表へ降下してしまった。女王は、地...