つげ 義春

つげ 義春

正式名称
つげ 義春
ふりがな
つげ よしはる
本名
柘植 義春
関連商品
Amazon 楽天

概要

漫画家、随筆家。男性。1937年、東京都に生まれる。中学校には通わず、メッキ工場などで働いて暮らしていたが、絵を描くことが好きだったため漫画家を志す。1954年に「痛快ぶっく」で『犯人は誰だ!!』にてデビュー。貸本短編誌などにも連載していたが、白土三平の推薦で「月刊漫画ガロ」にて連載するようになる。そこで発表した『ねじ式』や『無能の人』は評価され、映画化も果たした。

ヒストリー

メッキ工場等で働く。

1953年

漫画家としてデビュー。

1965年

「ガロ」8月号に『噂の野武士』掲載。

1970年

「アサヒグラフ」にて紀行文を連載。

1991年

竹中直人により『無能の人』が映画化。

作品

1968年

ねじ式

作者

1968年

ゲンセンカン主人

作者

1981年

少年

作者

1981年

近所の景色

作者

1981年

雨の中の慾情

作者

1984年

散歩の日々

作者

1984年

ある無名作家

作者

1984年

池袋百点会

作者

1985年

隣りの女

作者

1985年

石を売る

作者

1985年

無能の人

作者

1985年

鳥師

作者

関連キーワード

つげ 忠男

漫画家。男性。中学卒業後、採血会社に就職。兄・つげ義春の影響から、勤務のかたわら漫画を書き始める。1958年12月、貸本漫画誌「街」に投稿した短編『自殺しに来た男』が第9回新人コンクール入選作品に入賞... 関連ページ:つげ 忠男

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連キーワード
つげ 忠男
logo