ゲンセンカン主人

ゲンセンカン主人

静かな温泉町の宿、ゲンセンカンを舞台に展開される因縁めいた物語。

正式名称
ゲンセンカン主人
作者
ジャンル
前衛一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

死んだように静かな温泉町が舞台。ゲンセンカンの旦那である中年男と瓜二つだという旅人の存在を通じて、「あの世とこの世」「虚構と現実」といった相対的な二者の関係をスリリングに描いた作品。

登場人物・キャラクター

主人公

旅人としてゲンセンカンにやってきたが、おかみさんと良い仲になり、宿屋の主人におさまる。 関連ページ:中年男

日本髪を結った肉感的な中年女性。耳と口が不自由。身内がなく一人ぼっちでゲンセンカンを経営していたが、お客であった中年男と関係を持ち、一緒に暮らす。 関連ページ:おかみさん

駄菓子屋を経営している。温泉町にやってきた旅人に、ゲンセンカンの旦那と瓜二つだと言い、中年男とおかみさんの馴れ初めを語る。 関連ページ:老婆

ゲンセンカンの旦那と瓜二つ。訪れた静かな温泉町に既視感を抱く。駄菓子屋の老婆にゲンセンカンの旦那の話を聞き、ゲンセンカンを訪れようとする。 関連ページ:旅人

場所

ゲンセンカン

『ゲンセンカン主人』の舞台となる旅館。静かな温泉町にある古びた木造造りの宿で、主人公が主人におさまるまでは、身寄りのないおかみさんが一人ぼっちで経営していた。 関連ページ:ゲンセンカン

SHARE
EC
Amazon
logo