どついたるねん

どついたるねん

負けず嫌いで目立ちたがり屋の不良少年が、ボクシングで成り上がり、数々のライバルと戦っていくボクシング漫画。「月刊少年マガジン」に連載された。

正式名称
どついたるねん
作者
作者
ジャンル
ボクシング
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

南庭高校に通う高校生の赤井英和は、その規格外の強さと強烈なパフォーマンスから、ケンカ無敗を誇る不良として大阪に名を馳せていた。しかし、場所を選ばずにケンカをするため、住民からは恐怖や反発を受けることも多かった。そんななか、赤井は不良でありながらボクシングで頂点に立つ相川勝史の噂を聞く。新たな世界を知った赤井は、自らの名を売って豪傑になるために、ボクシングのリングで相川を倒すことを決意するのだった。

登場人物・キャラクター

赤井 英和

南庭高校に通う不良少年。目立つことが何より好きで、豪傑になるという野心を秘めている。そのため、ケンカをするにもあえて人通りの多い場所を選んで行うという悪癖を持つ。ボクシングの大阪府チャンピオンである相川勝史の仲間に因縁を付けられたことで、彼を倒すべくボクシング部に入部する。当初は相川を倒すためだけに所属していたが、やがてボクシングそのものに対する熱意に目覚めていく。 ケンカ最強を誇っているものの、その戦績はすべて相手から仕掛けられたものを返り討ちにしただけで、実際は自らケンカを売ったことはない。

染野

南庭高校の生徒で、赤井英和の友人。ケンカの強い人物について数多くの情報を持っているため、「情報屋」と呼ばれている。田岡と中西の襲撃を受けた赤井に対し、彼らの情報を提供すると共に、黒幕である相川勝史の存在を示唆する。また、相川はケンカではなくボクシングの試合形式で優劣を争うため不祥事となっていないことを語り、これが赤井がボクシングを始めるきっかけとなる。

多古田

南庭高校の生徒で、赤井英和の友人。いつも赤井と染野と3人でつるんでいるが、これといった特徴がないため染野に比べると影は薄く、赤井の強さ、破天荒さや、染野の持ち込む情報に驚いている場面が多い。赤井がボクシング部に入部する際には自身も染野と共に入部し、以後セコンドとして赤井を支え続ける。

田岡

北高三本指の「ハゲタカ」と呼ばれ、恐れられている不良。赤井英和の噂を聞きつけ、仲間の中西と共に電車の中で因縁をつける。しかし、ケンカを買う意思を見せた赤井に対し電車を降りろと迫ったものの、目立つことを好む彼はそれを拒否。その場で赤井に殴りかかるも、圧倒的な実力差の前に手も足も出ず、ついには乗客へのパフォーマンスとして延髄切りを食らい、昏倒する。

中西

北高三本指の「ジョーズ」と呼ばれ、恐れられている不良。田岡と組み、赤井英和にケンカを仕掛ける。そのために電車から降りることを拒否した彼を臆病者と罵るが、いざ対決すると顔面への一撃でダウン。さらに田岡との戦闘中に赤井を後ろから襲うが、あっさりと返り討ちにされる。

相川 勝史

北高三本指最強の男で、大阪のライト・ウェルター級チャンピオン。かつて田岡、および中西とボクシングの試合を組み、1ラウンドKOしたことがある。赤井英和に興味を持っており、練習試合という形でボクシングの試合を行うが慢心から敗北してしまう。しかしこの敗北によって一念発起。リベンジを望む一心で必死に修行を積み、ボクシング公式戦の決勝で再び激突することとなる。

須藤

南庭高校ボクシング部主将。スキンヘッドの男で、赤井英和とは旧知の間柄である。ボクシングもさることながらケンカの達人でもあり、「金玉掴みの須藤」の異名で赤井すら恐れるほどの人物。彼の存在を恐れ、一度はボクシング部入部を諦める赤井を、半ば強引に引き込んだ。人を見る目も確かで、赤井の長所を次々と見抜き、それを伸ばすトレーニングを考案している。

今崎

南庭高校の音楽教師。眼鏡をかけた温和な性格の青年。ある勘違いによって赤井英和のことを本当は優しい男だと思い込むようになり、無茶な正論を押し通して、赤井にケンカをしないことを誓わせる。赤井の周囲の不良たちは、こんな教師の言うことを聞く必要はないと考えているが、赤井自身は、常に本気で自分を思いやってくれる教師として、素直さを見せている。 理想主義のきらいがあるが、赤井が問題を起こしても全力でかばうなど、彼を信じる気持ちは人一倍強い。

松浦

「音羽高ガッツ隊4人衆」の頭目。粋がっているがその実態は進学校における落ちこぼれでしかなく、赤井英和が真面目になったといううわさを聞きつけ、実際に彼が七三分けの髪形で現れたことから怖気づいたと誤解し、襲撃しようと企む。さらには赤井が面倒を避けるために逃げたことで勝ったとまた誤解した。調子に乗っていたところ、出くわした前島に因縁を付けられてしまう。

前島

西の宮高校の番格。リーゼントヘアーが特徴で、チェーンのような武器を愛用することから「ヘビの前島」と呼ばれている。真面目になったという噂の赤井英和と対決するが、一撃でノックアウトされてしまう。翌日、報復のために100人の手下を引き連れて南庭高校を襲撃し、再度赤井と戦うこととなる。

西山 春男

ボクシング公式戦初戦における、赤井英和の対戦相手。俊敏なフットワークで相手を翻弄するスピード型のボクサー。堅実なボクシングが信条で地味に見られがちだが、3年間不断の努力を続けたことにより強靭な身体を得ており、その実力は須藤をして上の中レベルと言わしめるほどである。

高岡 亮

ボクシング公式戦2回戦における、赤井英和の対戦相手。打たれ強さと力強い一撃を得意とする。さらに、F1カーをも写真に収めるほどの優れた動体視力と、それを即座に認識する反射神経までも持ち併せている。しかし、高い能力を持つゆえに格下の相手にはどうしても油断してしまう傾向がある。

中原 秀樹

ボクシング公式戦準決勝における、赤井英和の対戦相手。当初から赤井の実力に注目しており、西山戦、高岡戦の両方を観戦したことで、きわめて強力な攻撃能力を持つ赤井を相手に判定勝ちを狙うことは危険だと分析。その結果、リーチの長さの有利を活かした戦法「赤井封じ」を引っ提げ、万全の態勢で試合に臨む。

場所

南庭高校

赤井英和の通う県立高校。進学校というわけではなく、かといって部活に熱を入れているわけでもないありふれた学校である。しかし、教員、生徒共に赤井を面倒な存在と認識しており、教師は彼が授業中に喋っていても注意すらしない。ただし、音楽教師の今崎は例外で、赤井の選んだボクシングの道を唯一心から応援している。

SHARE
EC
Amazon
logo