ないしょの話 山本ルンルン作品集

ないしょの話 山本ルンルン作品集

5歳の幼い少女ケイトと隣に住む同じ年のマックが行った、とある行動を、少しばかりのファンタジーを交えて描いた24ページの短編漫画。『ないしょの話 山本ルンルン作品集』の巻頭に収録されている。同じ本の巻末には、この話の12年後を描いた作品が掲載されている。

正式名称
ないしょの話 山本ルンルン作品集
作者
ジャンル
メルヘン
レーベル
Flowersフラワーコミックス アルファ(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

5歳の幼女ケイトは、姉にないがしろにされて憤り、「ミスター・ビーフ」の助言で、隣に住む同じ年のマックと「姉を優しくする儀式」を行うのだった。

登場人物・キャラクター

ケイト

5歳の幼女。8歳年上の姉マユがいて、ケイトはいつも彼女の持ち物を欲しがっている。隣に住む同じ年の男の子のマックとは、むかしは一緒に遊んでいたが、今は「子供っぽい」とバカにしている。マックは彼女のことを「けいと玉」と呼ぶ。

マユ

主人公ケイトの8歳年上の姉。13歳。金髪でセミロング、毛先にカールをかけている。ケイトが欲しがるアクセサリーや化粧品を、たくさん持つ。うるさい妹をうっとうしいと思っている。

マック

主人公ケイトのお隣に住む男の子で、ケイトと同じ年。色違いのおもちゃのサングラスをかけ、フットボールのヘルメットをかぶり、三輪車に乗っている。口ぐせは「ボルケーノ!」。 むかし、ケイトがつくりだして二人で共有していたイマジナリー・フレンドの「ミスター・ビーフ」と、今も会話をしている。

主人公ケイトが、むかしつくりだしたイマジナリー・フレンド。ケイトはもう見えなくなっていたが、お隣のマックはまだ彼と会話ができる。「最後のお別れがしたい」とマックに伝言し、むかしのやり方をケイトにやらせ... 関連ページ:ミスター・ビーフ

SHARE
EC
Amazon
logo