アラバスター

アラバスター

美人女優に裏切られた青年、ジェームズ・ブロックは、刑務所で知り合った謎の科学者から、体を透明にしてしまう光線銃をゆずりうけ、実験によって目以外は透明になってしまった科学者の娘・亜美とともに世界中の美しい物を破壊していく。江戸川乱歩風の淫靡なロマンを描く構想であったが、作者の手塚治虫自身が「出版をためらう」と語るグロテスク劇となった。

概要

ミュンヘン・オリンピックの金メダリストである黒人青年、ジェームズ・ブロック。彼は、恋人だと思っていた女優スーザン・ロスに肌の色の違いから結婚を断られ、怒りのままに無謀運転で事故を起こし投獄されてしまう。獄中で彼は、ある科学者から生物を透明にする銃をもらい受ける。それは、銃から発射されるF光線を浴びると組織が透明になっていき、完全に透明にすると死に至るという恐ろしい装置であった。

知らずに銃の効果を試したジェームズ・ブロックは皮膚だけが透明の姿となり、アラバスターと名乗って、スーザン・ロスを銃の餌食にして復讐を果たすのだった。以後、実験によって目以外は透明になってしまった科学者の娘・亜美とともにF光線を使って世界中の美しい物を破壊していく。

登場人物・キャラクター

主人公

ミュンヘン・オリンピックの金メダリストである黒人青年。体組織を変質させて透明にするF光線を浴びて皮膚だけが透明になる。アラバスターと名乗り、自分を裏切った女優スーザン・ロスに復讐を果たし、その後も世界... 関連ページ:ジェームズ・ブロック

F光線を発明した科学者の娘。F光線を浴びた母から生まれ、誕生時は皮膚だけが透明だったが、成長につれ、目以外の全身が透明となる。ロックに乱暴され、その憎しみから、世界中の美の破壊をもくろむアラバスターと... 関連ページ:小沢 亜美

公害病に苦しむ父と二人暮らし。亜美が透明人間であることをかぎつけ、彼女を使って盗みを働く。アラバスターに刑務所から助け出されて以後、手下として働くが、亜美がアラバスターの言うままに悪に染まっていくのを... 関連ページ:山形 絃哉

FBIの腕利き捜査官であり、警視庁がアメリカからよびよせた犯罪学者。自分の美しさに酔う傲慢なナルシスト。変装も得意で、アラバスター一味を一度は追い詰め、亜美をとらえて乱暴する。 関連ページ:ロック・ホーム

その他キーワード

F光線

『アラバスター』に登場する光線。体組織を変質させて透明にする光線だが、全身を透明にすると死んでしまう。怪人アラバスターは、F光線を使って世界中の美しい物を破壊しようとする。 関連ページ:F光線

SHARE
EC
Amazon
logo