ねこめ~わく

ねこめ~わく

二本足で立ち、服を着て、日本語を話す猫たちが暮らす世界に、召喚されることになった女子高生を主人公に描かれるコメディ。人間の文化を再現、維持しようとする猫たちが、情報不足や勘違いからおかしな騒ぎ繰り返すというのが毎回のパターンとなっている。1991年の第1話の発表以来、何度も掲載誌を変えながら続いてきたシリーズ作品であり、一時期はWeb連載となったこともある。現在はタイトルが『ねこめ(~わく)』と変更され、季刊誌での連載が続いている。

概要

ごく普通の女子高生だった村上百合子は、ある日突然たちが人間のように暮らす別世界の地球に召喚されてしまう。たちの話では、その世界の人間たちは遥かな昔にたちを進化させ、宇宙の彼方に去って行ってしまったらしい。たちは人間の文化を維持することこそ自分たちの使命と考えているのだが、その地球で唯一の人間であるヘンリヒ・マイヤーは、アレルギーで嫌いなため、なかなか協力してもらえず、窮余の策として魔法(?)の儀式で別世界の人間である百合子を呼び出すことにしたというのだ。

こうして百合子は、不定期にの世界に呼び出される、ちょっと普通でない女子高生になってしまったのであった。

登場人物・キャラクター

主人公

どういうわけだか、知性化された猫たちが暮らす別世界の地球に召喚されることになってしまった女子高生。本人はごく普通だと思っているようだが、状況適応力は非常に高く、猫の世界にも異世界の宇宙飛行士(=軍人)... 関連ページ:村上 百合子

猫の世界で唯一の人間だった男。亜光速宇宙船のテストパイロット。地球に帰還してみると、ウラシマ効果により数千年が経過しており、その上、人間に知性化された猫たちが文明を維持していたという世にも数奇な運命を... 関連ページ:ヘンリヒ・マイヤー

2人目のテストパイロット。百合子が猫の世界に召喚されるようになってから、地球に戻ってきた。ひげ面の大男で、ヘンリヒとは逆に、猫が大好き。しかし、声が大きい、動作が騒々しい、すぐ猫たちを抱き上げる、など... 関連ページ:オスカ・ヨーリス

地球に戻ってきた3人目のテストパイロットで、オスカの元婚約者だった女性。オスカがテスト航行に出たまま行方不明となってしまったため、別の男性と結婚していた。生真面目な性格で、死んだと思っていたオスカとの... 関連ページ:マデリン・エンダゼン

『ねこめ~わく』に登場するトラジマの雄猫。本業は弁護士とのことだが、作中では仕事に関する描写はなく、百合子を初めとする人間たちのお世話役を主に務めている。百合子やヘンリヒたちの言動から人間の習俗や文化... 関連ページ:シマシマ・ハヤカワ

『ねこめ~わく』に登場する雄の黒猫。シマシマと共に人間たちの前によく登場する。本業は株式仲買人とのことだが、やはりその描写はない(ただし、「客に大損させたこともある」という説明がある)。人間を崇拝・妄... 関連ページ:クロフ・J・カーター

集団・組織

進化管理委員会

『ねこめ~わく』に登場する謎の組織。猫たちを進化させて地球を去った人間たちの末裔であるらしい集団。ヘンリヒの地球帰還を予測して、宇宙の彼方から地球に通信を送ってきた。その断片的な通信によれば、進化管理... 関連ページ:進化管理委員会

うさぎ

『ねこめ~わく』に登場する種族。猫たちと同様に人間によって知性化されたらしいうさぎ。猫たちの地球とは別の惑星で暮らしていたが、やはり大昔に人間はどこかに去ってしまい、以後は自力で文明を進歩させてきたと... 関連ページ:うさぎ

『ねこめ~わく』に登場する種族。人間によって知性を持つように進化させられた猫で、作品の主な舞台である異世界の地球の支配的生物。サイズや成長速度は通常の猫(作品内では原猫)と変わらないが、二足歩行し、言... 関連ページ:

その他キーワード

猫たちの社会

『ねこめ~わく』の設定。主な舞台となる異世界の地球では、支配的種族である猫によって文明社会が継続している。ただし技術文明の大半は、人間たちが残していった工場から自動的に生産されてくる物資に頼っており、... 関連ページ:猫たちの社会

SHARE
EC
Amazon
logo