ほんやら洞のべんさん

ほんやら洞のべんさん

雪深い越後を舞台に漫画家の青年と宿屋の主人の交流を描いた旅マンガ。

正式名称
ほんやら洞のべんさん
作者
ジャンル
関連商品
Amazon 楽天

概要

雪深い越後のべんさんの宿を舞台に、売れない漫画家の青年と客が来ない宿屋の主人べんぞうの交流を描く。互いの不幸な境遇が奇妙な連帯感を生む様子がユーモアたっぷりに描かれる。つげ義春が越後に旅行して生まれた、「旅もの」のひとつ。

登場人物・キャラクター

主人公

売れない漫画家。寂れた宿に泊まるのが好き。正月早々、雪深い越後を訪れ、町はずれのべんさんの宿を訪ねる。 関連ページ:青年

越後で客の来ない宿を経営している。手ぬぐい鉢巻と腹巻姿。錦鯉の養殖をする妻の実家が、宗教に凝っているのが気に入らず、しばしば鯉を盗んで憂さを晴らす。 関連ページ:べんぞう

べんぞうの娘で4つか5つの少女。豊作を祈る行事である鳥追いの途中で、錦鯉を盗みにきたべんぞうと青年に遭遇する。 関連ページ:べんさんの娘

場所

べんさんの宿

『ほんやら洞のべんさん』の舞台となる宿。越後魚沼郡のとある町はずれにある。主人であるべんぞうが屋根の雪下ろしをしないため、ホンヤラ洞という雪のカマクラのような格好になっている。 関連ページ:べんさんの宿

SHARE
EC
Amazon
logo