まみあな四重奏団

まみあな四重奏団

音楽一家の4兄妹の末子で双子の小泉花梨が、小泉家の家族の出生の秘密を知り成長していくヒューマンドラマ。続編に『まみあな四重奏団 カノン』がある。

正式名称
まみあな四重奏団
作者
ジャンル
その他芸能・音楽
レーベル
マーガレットコミックス(集英社) / 集英社文庫(集英社)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

小泉家は、両親がヴァイオリニストとピアニストで、4兄妹も音楽に関わる音楽一家。双子の末っ子、小泉花梨は他の兄妹に比べて頭が悪く、音楽の才能も無いことにコンプレックスを持っている。そして自分はここの家の子供ではないのではないかと疑問を持つ事もあった。もう1人の双子の小泉和音小泉花梨とは違い、毎年コンクールでも優勝するくらいの音楽の才能を発揮していた。

ある日、父の小泉楽太郎が倒れたことで、急遽代役としてヴァイオリンを担当することになった小泉和音。その力を発揮し、力が世間に認められるが、ある雑誌に彼の出生の秘密が載ってしまう。

登場人物・キャラクター

小泉 花梨 (コイズミ カリン)

小泉家4兄妹の末っ子。高校受験を控えた15歳の中学生。ショートカットのふわふわのひよこ頭で、まとまりがなく寝癖で爆発することもある。兄達が通う大学の武蔵音大付属高等学校を受験しようと考えている。兄弟の中で1人頭が悪く、他の兄弟に比べて音楽の才能が無いことにコンプレックスをもっている。人と争って傷つくのが苦手で、傷つく前に腹痛や下痢がおこり、逃げてしまうところがある。

小泉 和音 (コイズミ カズネ)

小泉家4兄妹の3男。小泉花梨と双子。高校受験を控えた15歳の中学生。ジュニア・コンクールで毎年優勝するくらいの腕前を持ち、武蔵音大付属高等学校には推薦入学予定。病気で倒れた父、小泉楽太郎の代理を頼まれオーケストラで演奏。その演奏が認められて雑誌にも載るような有名人になる。 ジュリアード音楽院に留学する。続編の『まみあな四重奏団 カノン』で帰国し、小泉花梨が通う武蔵音大付属高等学校の1年生に編入する。

小泉 有人 (コイズミ アルト)

小泉家4兄妹の長男。両親も通っていた武蔵音楽大学に通っている。チェロ奏者。エンタテイメント会に所属。トナカイのきぐるみを着て新しいクラシック界をめざそうと大学構内で呼びかける。大学内ではけっこうな人気者。「エンタテ研」という音大生ギャグ集団を結成し、テレビに出たりしている。 人を笑わす事に命をかけている男。

小泉 拓人 (コイズミ タクト)

小泉家4兄妹の次男。高校生。ヴィオラの腕前はかなりのものだが、今はへヴィメタにはまっている。偏食、甘党、貧血症で歯医者が怖い。いわしを食べると蕁麻疹がでる。長髪。小泉和音とよくぶつかり、喧嘩しては長男の小泉有人に怒られている。

小泉 楽太郎 (コイズミ ラクタロウ)

小泉花梨たち4兄妹の父。ヴァイオリニスト。どうしても弾きこなせない曲で居残りしている君子に愛を感じて結婚する。眼鏡をかけた、優しい感じの父親。

小泉 君子 (コイズミ キミコ)

小泉花梨たち4兄妹の母。ピアニスト。小泉楽太郎の靴下がいつも破れているところに愛を感じて結婚。音楽一家の中で才能が無いと悩む娘の小泉花梨に、音楽を強制せずに自分の人生は自分で決めるものよと、子供達の自主性を尊重している。

早乙女 真弓 (サオトメ マユミ)

小泉花梨のクラスメイトで親友。前髪を眉のあたりで真っ直ぐ切りそろえた長いストレートの髪をしている。小泉花梨と同じ武蔵音大付属高等学校を受験する予定。小泉和音と2人で初詣に行ったりする仲だが、付き合っているわけではない。続編の『まみあな四重奏団 カノン』でも小泉花梨とは同級生で仲がいい。

書誌情報

まみあな四重奏団 全2巻 集英社〈マーガレットコミックス〉 完結

第1巻

(1988年7月発行、 978-4088494098)

第2巻

(1989年1月発行、 978-4088494722)

SHARE
EC
Amazon
logo