BLUE GIANT

BLUE GIANT

中学生時代にジャズに出会った少年・宮本大が、さまざまな人との出会いを経て、ジャズプレイヤーとして、人として成長していく様子を描く。2017年に第62回小学館漫画賞一般向け部門を受賞している。

正式名称
BLUE GIANT
ふりがな
ぶるーじゃいあんと
作者
ジャンル
音楽一般
レーベル
ビッグコミックススペシャル(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

高校編

宮城県仙台市に住む宮本大は、中学時代に友人に連れられて訪れたジャズ喫茶で、初めてジャズの生演奏を聴き、激しく心を打たれる。音楽の経験や知識は皆無だったが、青葉第二高等学校に入学した大は、中学時代から続けてきたバスケットボール部に籍を置きながらテナーサックスの練習を独学で開始。高校3年生になり、続けてきたバスケットボール部を引退すると、大学への進学ではなく、世界一のジャズプレイヤーを目指すようになる。

大はテナーサックスのリードを購入するため、通っていた楽器店「ひろせ楽器」の店員・小熊の紹介で、ジャズバー「JAZZ BAR Bird」に出演するバンドとのセッションに初めて参加した。しかし、大音量の演奏で常連客を激怒させ、途中で帰らされてしまう。「JAZZ BAR Bird」の店長・川西は、その時の大の演奏を高く評価しており、後日、大とバークリー音楽院出身のミュージシャン・由井を引き合わせた。それから大は高校を卒業して上京するまで、由井のもとで本格的にテナーサックスを学ぶ。

東京編

宮本大はジャズプレイヤーを目指し、高校卒業と同時に、あてもなく故郷の宮城県仙台市から上京する。住居や生活費の稼ぎ口も決めずに来た大は、都内の大学に通う青葉第二高等学校時代の同級生・玉田俊二のアパートに居候し、アルバイトの掛け持ちで生計を立てていくことになる。上京して初めて立ち寄ったジャズバー「JAZZ TAKE TWO」で、大は店主・アキコに、生演奏を聴くことができるジャズバー「JAZZ SHOP 二五一」を紹介される。ライブに出演していた同い年のピアニスト・沢辺雪祈と、ドラムを始めたばかりの玉田を加え、トリオのジャズバンド「JASS」を結成した大は、日本一のジャズクラブ「So Blue TOKYO」への出演を目指し、ライブ活動を展開する。

登場人物・キャラクター

主人公

宮城県仙台市に育った、ジャズサックスプレイヤーを目指す青年。誕生日は11月9日。家族構成は父、兄・宮本雅之、妹・宮本彩花で、母親は大が10歳の時に亡くなっている。家族にはぶっきらぼうだが、情に厚くバカ... 関連ページ:宮本 大

宮本大の中学時代の同級生だった少年。大がジャズに目覚めたきっかけとなった人物。医師の家庭に育ったことから、大学医学部を受験するために、大が通う青葉第二高等学校とは別の進学校に進んだ。中学時代はエレキギ... 関連ページ:近藤 周平

宮本大の青葉第二高等学校時代の同級生の少女。いつも行動をともにしている女友達より胸が小さいことを気にしている。大が広瀬川の河原でテナーサックスを吹いているという情報を耳にし、女友達と2人で大をいじる。... 関連ページ:カナピー

宮城県仙台市にある楽器店「ひろせ楽器」に勤める男性。青葉第二高等学校時代の宮本大がテナーサックスのリードを購入するために店に通うのに興味を持ち、雨の日の練習場所などのアドバイスをするようになった。ジャ... 関連ページ:小熊

宮本大の青葉第二高等学校時代の同級生の男性。高校では軽音部に所属し、エレキギターを担当する。ロック至上主義者で、ジャズを「気どった音楽」とバカにしているため、ジャズサックスプレイヤーを目指す大をことあ... 関連ページ:入江

宮本大が青葉第二高等学校時代にアルバイト勤務していたガソリンスタンド「ENIOS」の所長。熟練した自動車整備の達人技を持ち、大からは敬意を抱かれている。渓流釣りもうまい。 関連ページ:織田所長

宮城県の食品スーパー「グレート」に勤務する男性。妻を亡くしてから、宮本大と宮本雅之、宮本彩花の3人を、男手一つで育ててきた。放任主義のように見えるが、小言を言わずに子供たちの自主性に任せる、寡黙で男ら... 関連ページ:宮本大の父

宮本大の父が通う飲食店「真心スナックあそこ」の店主の女性。宮本彩花が、父親の再婚相手にと推している人物。宮本家の子供たちは、「あそこのおばさん」が作るお土産のおにぎりを心待ちにしており、特にタラコ入り... 関連ページ:あそこのおばさん

宮本大の3歳年上の兄で、宮本家の長男。高校卒業後、仙丸化学工業に就職してからは、家を出て一人暮らしをしている。家族思いのしっかり者で、母親が他界した後は、宮本大の父に代わって弟妹の面倒を見るようになっ... 関連ページ:宮本 雅之

宮本大の6歳年下の妹。広瀬第三小学校に通う6年生で、活発でおしゃまな女の子。大を「ちっちゃいお兄ちゃん」、長兄・宮本雅之を「でっかい兄ちゃん」と呼ぶ。「優しくてカッコイイでっかい兄ちゃんの嫁になる」と... 関連ページ:宮本 彩花

宮本大が青葉第二高等学校時代に、同じバスケットボール部に所属していた男性。バスケットボールの試合中に大がベンチに下げられた時、監督に抗議して、自分も交替させられたという熱い性格の持ち主。部活動を引退し... 関連ページ:光明

宮本大が初ライブを行ったジャズバー「JAZZ BAR Bird」の店長。大のテナーサックス演奏を気に入り、のちに大の恩師となるバークリー音楽院出身のミュージシャン・由井を、大に紹介する。タレ目に丸メガ... 関連ページ:川西

宮本大が初ライブを行ったジャズバー「JAZZ BAR Bird」の常連客の男性。同店への出資者でもある。酒好きで偏屈、素人嫌いで知られており、大の大音量の演奏を毛嫌いしている。由井は「いつも女づれの、... 関連ページ:佐藤

バークリー音楽院出身のジャズミュージシャンの男性。宮本大が青葉第二高等学校時代に、テナーサックスを師事した恩師。見てくれは酔っ払いの冴えない髭のオジサンである。ジャズ好きの父親の影響でジャズサックスプ... 関連ページ:由井

ジャズピアニストの男性。宮本大のサックスの師匠・由井とともに、バークリー音楽院へ留学した昔の仲間である。2児の父親となった現在も、デパートでアルバイトをしながら、ジャズバンドでピアノを弾き続けている。 関連ページ:片山 豊

宮本大の、青葉第二高等学校時代の同級生の少年。大を含む友人グループのリーダー的存在である。サッカー部に所属していた頃は誰よりも熱心に練習したが、引退後はグループを率いて遊びの限りを尽くした。将来の夢は... 関連ページ:玉田 俊二

宮本大の青葉第二高等学校時代の同級生。同じく同級生の玉田俊二をリーダーとする友人グループの1人。好みの女性のタイプを「AV専門」と答える冴えないタイプ。そばかすとつぶらな目の地味顔に、内気な性格がにじ... 関連ページ:小野 泰三

宮本大の、青葉第二高等学校時代の同級生の少女。長身で、水泳部に所属している。男子生徒たちの中では、「ノッポ」「デカ女」と呼ばれ、美人だが恋愛対象としては評価が低い。一方で大には恋心を抱かれており、高校... 関連ページ:三輪 舞

ジャズピアニストの男性。「わぉ。」が口癖である。宮本大がジャズバー「JAZZ BAR Bird」で初ライブを行った際に、セッションしたバンドでピアノを弾いていた。その時、ライブの途中で大を帰してしまっ... 関連ページ:三上

広瀬川の川原の土手を、愛犬のバーナムを連れて散歩する初老の男性。川の土手でサックスを練習している宮本大と出会い、交流を持つようになる。髭や服装からは洒落た雰囲気を漂わせており、テナーサックスについて詳... 関連ページ:本村

本村の愛犬で、犬種はシュナウザーと思われる。広瀬川の川原の土手を、本村に連れられて散歩するのが日課。そこで、テナーサックスを練習する宮本大と本村が交流を持つようになり、次第に大になつくようになる。本村... 関連ページ:バーナム

大手レコード会社「21ミュージック」のジャズ部に所属する営業マン。国内外のジャズを担当しており、骨細ながら、メガネの奥の目と眉毛からも伺えるように、仕事ぶりは熱血である。ジャズを売るのが厳しい時代に、... 関連ページ:五十貝 勝

宮本大が在学した青葉第二高等学校の、音楽教師の女性。全生徒の名前と部活を記憶しており、特に音楽に興味を持つ生徒には手を差し伸べずにはいられないタイプ。テナーサックスを始めたばかりの大に、運指表を提供し... 関連ページ:黒木先生

宮本大と同い年の、異彩を放つジャズピアニストの男性。上京したばかりの大と東京のジャズバー「JAZZ SHOP 二五一」で出会い、ジャズバンド「JASS」を結成することになる。長野県松本市出身。実家の母... 関連ページ:沢辺 雪祈

沢辺雪祈が通う青丘学院大学の在学生で、大学のサークル「青丘JAZZ研究会」に所属するドラマー。ドラム初心者の玉田俊二をジャズバンド「JASS」に加入させようとする宮本大に対抗して、沢辺が練習に連れてき... 関連ページ:上野くん

香川県出身で有名なジャズギタリストの男性。国内外でツアーを行い、数々のアーティストをプロデュースした実績もあるベテランミュージシャンで、豪邸に住んでいる。小柄だが、白髪とサングラスの渋い風貌。長野県松... 関連ページ:川喜田 元

宮本大が上京して初めて立ち寄ったジャズバー「JAZZ TAKE TWO」の店主。ショートカットのアンニュイな雰囲気を持つ女性。昔から同級生の間で、「カゼひかない」「傘ささない」「泣かない」というクール... 関連ページ:アキコ

玉田俊二が通う、子供を対象とした音楽教室のドラム講師。定時制高校2年に在学する19歳だが、両耳、鼻、下唇にピアス、目の周りを囲むメイクなど、パンクロッカー風の容姿のせいで、年齢が分かりづらい。強面のよ... 関連ページ:めばえ音楽教室のドラム講師

ジャズバンド「THE FIVE」のメンバー。アルトサックスを担当している男性。現在は音楽活動の傍ら、神奈川県横浜市の人気ラーメン店「富吉」を経営。帽子にはこだわりがあり、いつも違ったデザインのものを被... 関連ページ:森 純平

ジャズバンド「THE FIVE」のメンバー。ピアノを担当している男性。音楽に対するポリシーに欠く現在の森純平に不満を抱き、バンドの危機を感じている。 関連ページ:阿川 勇也

日本一のジャズクラブ「So Blue TOKYO」の事業部担当者。「So Blue TOKYOは日本一のクラブ」と自負している。多くのミュージシャンを本物かどうか見極めてきた深い瞳と、無表情な髭面は、... 関連ページ:

集団・組織

THE FIVE

インディーズのジャズバンド。メンバーは、アルトサックス・森純平、ピアノ・阿川勇也、ドラム・友部渡、ベース・有山圭一。結成当初は5人組だったが、1年前にトランぺット・田口が脱退したため、バンド名に反して... 関連ページ:THE FIVE

JASS

宮本大が東京で結成したジャズのトリオバンド。メンバーはテナーサックスを担当する大の他、ピアノ・沢辺雪祈、ドラム・玉田俊二。3人とも同い年である。宮城県仙台市の青葉第二高等学校を卒業し、上京した大と、青... 関連ページ:JASS

場所

広瀬川の川原の土手

宮本大が青葉第二高等学校時代に、テナーサックスを練習した場所。広瀬川は宮城県仙台市を流れる実在の一級河川である。大は、楽器をケースから出せない雨の日を除き、高校を卒業するまで、毎日のようにここを訪れて... 関連ページ:広瀬川の川原の土手

トニックブルー

宮城県仙台市国分町のジャズ喫茶。雑誌に「仙台NO.1の新空間カフェ」と紹介されている。宮本大は、ジャズに関心を持っていた中学時代の友人・近藤周平に連れられて店を訪れ、初めてジャズの生演奏を聴いた。その... 関連ページ:トニックブルー

青葉第二高等学校

宮城県仙台市青葉区にある高校。宮本大や玉田俊二の出身校である。毎年秋に開催される文化祭「青秋祭」では、体育館に「青二高バンド本会場」が設置され、軽音部など、生徒らで結成したバンドが出演する。ロックバン... 関連ページ:青葉第二高等学校

オニ坂

宮城県仙台市にある、自転車では登れないと有名な長い上り坂。坂の頂上には、宮本大が青葉第二高等学校時代に通っていた楽器店「ひろせ楽器」の小熊が、雨の日の練習場所として大に勧めたトンネルがある。青葉第二高... 関連ページ:オニ坂

ひろせ楽器

宮城県仙台市にある小さな楽器店。青葉第二高等学校時代の宮本大が、テナーサックスのリードを購入するために通っていた。大は来店するたびに、店主の小熊に初心者ならではの青臭い質問をぶつけていた。小熊は、大の... 関連ページ:ひろせ楽器

ENIOS

宮城県仙台市青葉区にあるガソリンスタンド。宮本大が、青葉第二高等学校時代にアルバイトをしていた店である。もともとは宮本雅之のアルバイト先だったが、雅之が大学を卒業して就職するにあたり大が引き継ぎ、音楽... 関連ページ:ENIOS

北京餃子

宮城県仙台市にある中華料理店。餃子がうまいと評判で、宮本大が通っていた青葉第二高等学校の生徒たちの憩いの場となっていた。大がバスケットボール部に所属していた時のチームメイトだった光明も、転校することに... 関連ページ:北京餃子

JAZZ BAR Bird

宮城県仙台市国分町付近にあるジャズバー。雑居ビルの2階に入っている。宮本大が青葉第二高等学校時代に、出演バンドと初めてセッションを行った、記念すべき店。店の常連客であり、出資者でもある佐藤を激怒させた... 関連ページ:JAZZ BAR Bird

由井の自宅

宮城県仙台市にあるジャズミュージシャン・由井の自宅兼音楽アトリエ。立派なたたずまいの一軒家で、地下部分のアトリエにグランドピアノが設置されている。棚に収まりきらないレコード類や酒瓶などが、床やテーブル... 関連ページ:由井の自宅

定進堂

宮城県仙台市にあるパン屋。宮本大が通っていた青葉第二高等学校の生徒御用達の店である。パンだけではなく、カイロや文房具も販売している。金欠の大に対する店主の心遣いも温かい。大は「世界一のパン屋」「神」と... 関連ページ:定進堂

すしまんざい

東京にある寿司屋。サラリーマンが集う居酒屋風の店で、テーブル席も設置されている。宮本大の上京後のアルバイト先。大は、この店での勤務を終えた後に、掛け持ちする解体現場のアルバイトに向かっていた。 関連ページ:すしまんざい

野山楽器

東京・新橋にある楽器店で、宮本大が上京後に立ち入るようになった店。大のこの店での初めての買い物は、3枚で1260円のテナーサックスのリードだった。その後、テナーサックスを購入してから初めてのオーバーホ... 関連ページ:野山楽器

JAZZ TAKE TWO

東京のジャズバー。宮本大が上京後、足を踏み入れた1軒目のジャズバーである。創業25年以上の老舗で、ピアノやドラムが設置されているが、ライブ演奏は行われておらず閑古鳥が鳴いている。店主は元ジャズシンガー... 関連ページ:JAZZ TAKE TWO

JAZZ SHOP二五一

東京のジャズバー。客の年齢層は高めで、プロのミュージシャンも集う繁盛店。宮本大は、ジャズバー「JAZZ TAKE TWO」の店主・アキコに、ジャズのライブ演奏が行われている店と聞いて足を運んだ。その時... 関連ページ:JAZZ SHOP二五一

So Blue TOKYO

東京にある日本一のジャズクラブ。国内だけではなく、海外の一流ジャズプレイヤーもライブを行う名門である。のちに、宮本大とジャズバンド「JASS」を結成することになるピアニスト・沢辺雪祈は、幼い頃に母親に... 関連ページ:So Blue TOKYO

青丘学院大学

東京にある大学。のちに宮本大とトリオのジャズバンド「JASS」を結成することになる天才ピアニスト・沢辺雪祈が在籍している。大学のサークル「青丘JAZZ研究会」、通称「JAZZ研」の部室では、音楽の練習... 関連ページ:青丘学院大学

めばえ音楽教室

東京にある、子供向けの音楽教室。宮本大の青葉第二高等学校時代の同級生で、東京での同居人でもある玉田俊二が、未経験状態からドラムを始める際に、ここのドラム教室に入会した。受付兼ドラム講師は、パンクロッカ... 関連ページ:めばえ音楽教室

カミクラ楽器

東京・御茶ノ水にある楽器店。宮本大が所属するトリオのジャズバンド「JASS」のピアニスト・沢辺雪祈は、この店で土木作業員風の男性がトランペットを購入する様子を目撃し、「JASS」初のオリジナル曲「Fi... 関連ページ:カミクラ楽器

Zoot JAZZ BAR

東京にあるジャズバー。飛び入り演奏ができるステージを売りにしている。宮本大は1人で店を訪れ、人生初となるサックスの飛び入り演奏を行った。その際、意図的に大音量の超ロングトーンしか吹かなかったため、店側... 関連ページ:Zoot JAZZ BAR

JAZZ HOUSE Seven Spot

東京・恵比寿にあるライブハウス。宮本大が所属するトリオのジャズバンド「JASS」が、初ライブ「18歳のジャズナイト」を行った店である。店主は勘定主義で、客を15人呼ぶことができれば誰でも出演できる。ホ... 関連ページ:JAZZ HOUSE Seven Spot

Jazz Spot J

東京にあるライブハウス。宮本大が所属するトリオのジャズバンド「JASS」が、結成初期にライブ活動を行った店である。店主は、荒削りながら勢いのある「JASS」の演奏を気に入っている。客層はジャズ通ではな... 関連ページ:Jazz Spot J

JAZZ BAR M

東京にあるライブハウス。結成10周年を迎えるものの、メジャーデビューできずにくすぶっているジャズバンド「THE FIVE」が、世界的ジャズギタリスト・川喜田元に勧められて、宮本大が所属するトリオのジャ... 関連ページ:JAZZ BAR M

Jazz Spot 禅

東京・錦糸町にあるライブハウス。日本一のジャズクラブ「So Blue TOKYO」の事業部担当・平が、宮本大が所属するトリオのジャズバンド「JASS」のライブを初めて鑑賞した店である。これは、「JAS... 関連ページ:Jazz Spot 禅

スナックSILVER MOON

東京にあるスナック。店主は女装の男性である。日本一のジャズクラブ「So Blue TOKYO」の事業部担当・平の行きつけの店。宮本大は、ライブハウスで偶然に居合わせた平にこの店に連れていかれたため、平... 関連ページ:スナックSILVER MOON

イベント・出来事

定禅寺ストリートジャズフェスティバル

宮城県仙台市で毎年9月に開催される、実在の大型音楽イベント。定禅寺通りを中心に、仙台市中心部の随所に何十ヶ所ものステージが設置され、全国から集まった700以上のバンドのライブ演奏を無料で鑑賞することが... 関連ページ:定禅寺ストリートジャズフェスティバル

その他キーワード

テナーサックス

宮本大が使用する金属製の木管楽器。アルトサックスより長く、重い菅体を持つ。音域は、アルトサックスより完全4度低い変ロ調(B♭)であることから、低音パートを担当する。また、テナーサックスはアルトサックス... 関連ページ:テナーサックス

リード

菅楽器の吹き口に用いられる薄片。語源は葦(reed)。サックスは1枚のリードを振動させて音を出す。それに対し、オーボエは2枚リード、フルートはリードを使用しないノンリード、トランペットなどマウスピース... 関連ページ:リード

エレキドラム

通称「エレドラ」と呼ばれる電子ドラム。叩いた信号をスピーカーやヘッドホンなどの音源機材に送るため、騒音を最低限に抑えながら、自宅でドラムを練習することができる。生ドラムと違って楽器そのものが出す打音で... 関連ページ:エレキドラム

SHARE
EC
Amazon
logo