BLUE GIANT

BLUE GIANT

中学生時代にジャズに出会った少年・宮本大が、様々な人との出会いを経て、ジャズプレイヤーとして、人として成長していく様子を描く。

概要

主人公宮本大は中学、高校とバスケ部に所属していた。しかしその傍ら中学時代に友人に連れられていったライブから、ジャズに魅せられ、世界一のジャズプレイヤーになるという決意のもと、独学でサックスを練習していた。ある日彼にジャズバーでのライブ参加の話が持ちかけられる。しかしそこで待っていたのは客から浴びせられる罵声だった。

その日からジャズを通じた様々な人々との交流が始まっていく。

登場人物・キャラクター

主人公

バスケ部に所属しながらもジャズに魅せられ、テナーサックスで世界一のジャズプレイヤーを目指すことを決める。技術は荒削りだが、激しくパワフルな演奏で、聴く人を引きつける魅力的な音を奏でる。 関連ページ:宮本 大

宮本家三兄弟の長男であり、主人公大の兄。早くに母を亡くした宮本家で、父とともに弟と妹を守り支える保護者的存在。家族全員から強く信頼されている。大にサックスを買い与えた人物でもある。 関連ページ:宮本 雅之

三兄弟の末っ子で、優しい雅之が大好きな女の子。よく喧嘩をする大は嫌いだと振舞っていたが、大がジャズプレイヤーになるため仙台を離れるときには、さみしさから涙を流した。 関連ページ:宮本 彩花

食品スーパーの店長を務める宮本家の大黒柱。将来を語らない大について気にしていたが、大がジャズプレイヤーになりたいと言うと、即答で「やれよ」と、親指を立てるジェスチャー「サムズアップ」で返す気概の持ち主... 関連ページ:宮本大の父

大の同級生であり、彼が想いを寄せる女性。身長が高く、辺りから「デカ女」や「ノッポ」と呼ばれることも。彼女も大に思いを寄せるようになるが、ジャズプレイヤーになるために東京に行った大とは離れ離れになってし... 関連ページ:三輪 舞

まだ荒削りな大の才能を見出し、サックスを教えることになる。大のサックスを技術的にはまだまだだと評するが、人間性や人を引きつける音の魅力は高く評価し、強い可能性を感じている。 関連ページ:由井

大がジャズプレイヤーになるために出てきた東京で出会う、凄腕のジャズピアニスト。大と同じ18歳にして圧倒的な技術力を見せつけるも、同時に大の才能に彼も魅せられる。技術のない人間を下に見るなど、大と意見が... 関連ページ:沢辺 雪祈

仙台時代からの大の友人。大学へ通うため上京する。ジャズプレイヤーになるために同じく東京にやって来た、金も拠り所もない大を居候として部屋に住まわせる。サッカーに青春を捧げた彼だが、大学のサッカーサークル... 関連ページ:玉田

大が初めてライブに参加したジャズバー「バード」のマスター。出資者の機嫌を取るために落ち着いたジャズの演奏ばかりになっている店に少し不満を抱いていた。そんなとき大の激しくパワフルな演奏を聴き、「こんな音... 関連ページ:川西

大の通う高校の音楽教師。サックスを手に入れるも、音を鳴らすこともままならなかった大に運指表を渡した人物。後に文化祭で大と共にピアニストとして舞台に立つ。その温厚な人柄から想像できないほどパワフルな演奏... 関連ページ:黒木

場所

広瀬川の川原

大が楽譜も読めない頃から毎日サックスの練習を続けた川原。師匠を得て、技術を学び始めた後も、夜遅くまでその復習を欠かすことはなかった。ただの練習場ではなく、様々な人との出会いもあり、大にとって特別な場所... 関連ページ:広瀬川の川原

バード

大が初めてライブに参加したジャズバー。落ち着いたジャズを求めてきた客に一喝され、大は舞台を降ろされてしまう。しかし、この店のマスターである川西は、大の演奏を気に入り、サックスの師匠となる由井と引き合わ... 関連ページ:バード

テイクツー

ジャズプレイヤーになるために東京へ出た大が、ライブを聴こうと立ち寄ったジャズバー。その日ライブは行われていなかったが、ジャズを愛する大にシンパシーを感じた店主アキコに、雪祈の演奏している店を教えてもら... 関連ページ:テイクツー

その他キーワード

ブルージャイアント

『BLUE GIANT』に登場する用語。あまりの高温で青く光る巨星、青色巨星のことを呼ぶ。大の師匠由井が若いころ、仲間内で世界一輝くジャズプレイヤーのことを「ブルージャイアント」と呼んでいた。由井はそ... 関連ページ:ブルージャイアント

SHARE
EC
Amazon
logo