わが子・スーパーマン

わが子・スーパーマン

超人的な力を手に入れた少年の暴走を描いた風刺的な短編。強大な力を得た純粋な正義感がもたらす、恐ろしい結末を鮮やかに描く。「ビッグコミック」1972年3月10日号に掲載された作品で、『藤子・F・不二雄異色短編集1 ミノタウロスの皿』に収録されている。

正式名称
わが子・スーパーマン
作者
ジャンル
その他SF・ファンタジー
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

タダシの父は、小学生のタダシが遅くまで遊びに出かけると、必ず同じ日に町で相次いで通り魔事件が起きていたため、何か秘密を隠しているのではないかと疑っていた。タダシの父親は追跡の結果、超人的な力を持つタダシが、特撮ヒーロー「ウルトラファイター」の格好をして人々を襲っていることを知る。

登場人物・キャラクター

タダシの父

妻と、息子のタダシと暮らす平凡なサラリーマン。タダシに超人的な力が備わっているのではないかと疑っている。タダシが、町で相次いでいる通り魔事件を起こしていることを突き止め、どう対応すべきか苦悩する。

タダシ

小学校低学年くらいの少年。特撮ヒーロー「ウルトラファイター」が大好きで、正義の味方に憧れている。スーパーマンのような怪力と飛行する能力を持っている。「ウルトラファイター」の格好をして人々を襲っていたが、彼の視点からは正義の味方になって悪い人間を懲らしめているだけ。

その他キーワード

ウルトラファイター

子供向けの特撮テレビ番組。正義の味方「ウルトラファイター」が、地獄の使者「ゾンビー」と戦うというストーリーで、タダシをはじめ、子供たちに大人気。タダシはテレビと現実との区別がつかないため、悪役のゾンビーを演じる俳優も、倒すべき悪人だと思っている。

SHARE
EC
Amazon
logo