アジアを喰う-8ヶ国ゆらゆら喰って寝るッ!

アジアを喰う-8ヶ国ゆらゆら喰って寝るッ!

アジア諸国に長期滞在した作者が、自分の体験をもとに、各国の文化を日本と比較しながら綴るコミックエッセイ。「WEEKLY漫画アクション」平成8年4月9日号から平成9年2月4日号まで連載された作品に加筆・訂正を加えた、プロローグを含む全35話から構成されている。作者本人によるコラム9本、編集者によるコラム8本も同時収録。

正式名称
アジアを喰う-8ヶ国ゆらゆら喰って寝るッ!
作者
ジャンル
美食一般
 
ドキュメンタリー、実話
関連商品
Amazon 楽天

概要

あくせく漫画を描き続ける同じような毎日に嫌気がさした鈴木みそは、長期休暇をとり、海外旅行へ行くことを提案。妻のゆう子はヨーロッパを希望するが、予算の都合上それは難しい。結果的に、行先はみその希望するインドネシアやタイに中国、すなわちアジアに決定するのだった。そのかわり、予定期間は1年間。こうして2人は仕事をひと段落させ、ただただのんびりとした日々を過ごすために、長期旅行へと旅立つのだった。

もともとは2人共、海外旅行の経験はそれなりにある。彼らはかつて自分が旅した時の出来事を思い出しつつ、今度は短期滞在の旅人というよりもむしろ居住者の視点から、各国のイリーガルな、または下品な文化に触れていく。彼らが訪れるのは香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピン、中国の8か国である。

登場人物・キャラクター

鈴木 みそ

物語の主人公であり、作者本人。仕事に忙殺される毎日から脱出するべく、妻と共に海外への長期旅行へと旅立つ。ちょっとしたことには動じず、ノリのいい性格ではあるが、少々毒舌家。

山本

パックツアーに参加する典型的な日本人男性。

ゆう子

鈴木みその妻。旅行中はみそと行動を共にしていて、みそのフォロー役に回ることが多い。海外の食が合わず体調を崩しがちな彼とは違い、わりと何を食べても大丈夫。ただし、飛行機移動と虫が苦手。

昔の彼女

鈴木みそがゆう子と結婚する前に付き合っていた女性。みそと一緒にインドネシアのバリ島に来たことがあり、この時2人でマジックマッシュルームを食べたことで、揃って大変な目にあう。

スギアルタ

バリ島に住むインドネシア人の青年。ゆう子が結婚する2年前、友人とバリ島を訪れた際に知り合い、親切にもてなしたが、今回の旅行で再会した時にはそっけない態度をとる。ゆう子は彼のことを女性経験のない純粋な若者だと思っていたが、彼が日本人女性に親切にするのにはわけがあった。

チット

鈴木みその語る妄想ストーリーで、山本の参加したツアーのガイドを務める。日本滞在経験があり、片言の日本語を話す。

アーティマ

鈴木みそとゆう子が通ったタイ語学校の教師をしていた女性で、中国系のタイ人。タイ語はもちろん、流ちょうな英語と少々怪しい日本語をあやつる才女。占いにより結婚を決め、みそとゆう子を結婚式に招く。

ぴのりん

担当編集者その1。編集者コンビのつっこみ役。基本的には穏やかな性格だが、そねたくの過激発言は彼が言わせている節もある。

そねたく

担当編集者その2。新人の編集者で傍若無人な毒舌家。その毒舌を活かしてボケ続け、その都度ぴのりんにつっこまれる。

SHARE
EC
Amazon
logo