アベックパンチ

横浜を舞台に、毎日を無為に過ごしていた不良高校生のイサキとヒラマサが、男女ペアで手をつないで闘うスポーツ競技アベックに打ち込む過程で生きがいを見つけてゆく物語。ギャグ漫画家出身の作者にとって転機となった長期ストーリー連載。アベックとは本作に登場する架空の格闘技である。

正式名称
アベックパンチ
作者
ジャンル
青春
 
格闘技・武道
レーベル
ビーム コミックス(アスキー、KADOKAWA)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

不良高校生のイサキヒラマサは盗みやカツアゲ、ケンカなど非行に走り退屈な毎日をやり過ごしていた。ある日若いカップルに絡んだところ、なんと腕っぷしの強いヒラマサがのされて負けてしまう。そのカップルは新種の格闘技アベックの日本チャンピオンだったのである。それが彼らとアベックとの出会いだった。

やられた借りを返すべく、イサキヒラマサはそれぞれ女性パートナーを得て、アベックにのめり込む中で成長を遂げてゆく。

登場人物・キャラクター

イトウ イサキ

高校生。悶々とした思いを抱えているが退屈な日常をニヒルにやり過ごし、親友のヒラマサと共にケンカに明け暮れる毎日。ヒラマサが道端でもめたキグチ&ヤマメに倒されたことで、スポーツ競技アベックの存在を知り、ヒラマサと共にのめり込んでゆく。当初はヒラマサがプロテストに合格するため筆記試験を替え玉受験するなどサポートに徹していたが、ヒラマサのペアだったコルビーナが強制送還されたため、メバルと組んで自らもアベックに参戦した。

スズキ ヒラマサ

いかつい体格にパンチパーマという外見だが高校生。イサキとは小学4年生からの親友。保護司であるイサキの祖父のはからいでアパートに住まわせてもらっている。父子家庭で父親は服役中。現在は祖母と暮らしている。馬鹿で粗暴で直情的だが仲間には優しい男。頭のパンチパーマは天然。キグチ&ヤマメに倒されたことを根に持ち、逆襲するため、コルビーナとペアを組みスポーツ競技アベックを開始する。 試合に乱入し暴れたり、スパーリングでプロを負かせたりして、アベック業界で話題となる。はじめはコルビーナのことを試合に出るための相手としか見ていなかったが、接しているうちに恋に落ちた。プロテストにも合格しデビュー戦も勝利で飾ったが、コルビーナが強制送還されてしまい、意気消沈した。

キグチ&ヤマメ

スポーツ競技アベックのプロ選手であるカップル。キグチが男性でヤマメが女性。ふだんは二人ともメガネをかけ地味な格好をしており一見おとなしそうな社会人だが、アベックの学生チャンピオンに2回輝いた後にプロ入りし、わずか2年で日本チャンピオンに輝いた逸材コンビ。 実生活でも愛し合うパートナー同士であり、阿吽の呼吸で素早い攻撃を繰り出す。

カジキ

イサキとヒラマサのクラス担任を務める高校教師。渋い表情の中年男性。口調は乱暴だが、イサキとヒラマサのことを気にかけている。スポーツ競技アベックを教えるカジキジムを経営しており、イサキとヒラマサにアベックを教え込むことになる。外国で傭兵だった異色の過去を持つ。 死別した妻とはお見合い結婚。

コルビーナ・レイナ

褐色の肌の外国人女性。出身はパラグアイ。日本語は使えない。カジキジムに寝泊まりしている。家族のために金を求めて出稼ぎに日本に来たようである。筋骨隆々でたくましいので、即戦力としてヒラマサがスポーツ競技アベックの相手として選んだ。言葉が通じない故に最初はヒラマサとのペアもうまくいかなかったが、徐々に打ち解けてきた。 プロテストにも合格しこれから賞金を稼げるかと期待されたが、入国管理局によって強制送還されてしまい日本を去った。

ヒイラギ

女子高生。イサキのクラスメイトの紹介で、イサキと付き合いかけたが、親友のヒラマサを遠ざけてほしいと頼んだことで、イサキに振られた。容姿端麗な今時の女子高生で、男に振られた経験がなかったのでショックを受け、何とかイサキを振り向かせようとつきまとう。スポーツ競技アベックに熱中し始めたイサキの背中を押す発言を時々する。

メバル

保護司であるイサキの祖父がアパートに住まわせている少女。経歴不明だが辛い過去があったらしい。上の前歯が2本無い。無口で心を閉ざしていたが、イサキに会いに来るヒイラギと何度か会ううちに打ち解け、仲良くなった。イサキとペアを組み、スポーツ競技アベックに打ち込む中で明るさを取り戻してゆく。 バレエを習っていたので身軽で、足もよく上がるので蹴り技が得意。若く美しい外見なので、プロデビューしてから人気が急上昇した。

トウジン&サワラ

スポーツ競技アベックのプロ選手であるカップル。トウジンが男性でサワラが女性。現日本チャンピオンであるキグチ&ヤマメの直系の弟分であり、試合哲学や戦闘スタイルも酷似している。プロテストに合格したヒラマサ&コルビーナ組の初対戦の相手。素人同然の格下だと考えていたが、爆発的な戦闘力のヒラマサによって、わずか1ラウンド1分30秒で敗北した。

おかみ

イサキとヒラマサの近所で、昼は定食屋・夜は呑み屋を経営している色っぽい女性。料理は下手。イサキとヒラマサが店に入り浸るようになった関係で、いつしかスポーツ競技アベックにのめり込む彼らを応援するようになる。しかし一人娘のエツがヒラマサとペアを組むことになり大変心配する。

ヤツメ エツ

おかみの一人娘。バスケ部所属の女子高生。イサキとヒラマサの1歳年下。勝ち気な性格。小学生の時にいじめられていたが、その連中をヒラマサが偶然だがぶちのめしてくれた。感謝を忘れず中学の時にヒラマサにチョコレートを渡し好意を示したが、ニブいヒラマサには全く気付かれなかった。 プロデビューしたメバルの髪を結い上げるセコンド的役割を担う。アベックのペアだったコルビーナを失って落ち込み続けていたヒラマサを叱咤し、第2のパートナーとなった。ヒラマサとの体格差を生かした新たな戦法で活躍する。

スガイ&ヒメジ

スポーツ競技アベックのプロ選手であるカップル。スガイは男性で元ボクサー、ヒメジは女性で元空手家。幼なじみで恋人同士。ヒメジが拳を壊してしまい空手家の道を断念したことで、スガイもボクサーを辞め、アベックの道へと進んだ。業界が注目する大型新人。 イサキとメバルはプロテストでこのカップルと試合をしたが手酷く負けている。後に両者は公式試合で激突し、熱戦の末にイサキ&メバル組が勝ち、新人王に輝いた。

イベント・出来事

アベック

『アベックパンチ』に登場する競技。スポーツアベックとも呼ばれる。手をつないだ男女2組が一辺5.5~7.3メートルのリング上で闘う格闘技。攻撃方法は打撃・投げ技・関節技と実に多彩。アベック間でつなぎ合った手が相手アベックの攻撃によって切り離されるか、自ら切り離すことで「ハンドオフ」となり、敗北するルール。 発祥はフランスで、発案者はフランス人のアラン・オルモー。恋愛関係にある男女が信頼を深めるためのレクリエーションの一環として発案されたが、その後格闘技として進化し、競技人口も増えた。日本ではまだまだ普及していないスポーツ。

A・CUP JAPAN

『アベックパンチ』に登場する大会。スポーツ競技アベックの大会。挑戦者たち4組がまず闘い、勝者が現日本チャンピオンと対戦できる方式。新人王を獲ったイサキ&メバル組とファンの人気投票で選ばれたヒラマサ&エツ組がエントリーされ、2回戦で直接対決する羽目になった。

その他キーワード

アベックパンチ

『アベックパンチ』に登場する技。スポーツ競技アベックにおける技。ノーグローブのつなぎ手によるパンチ攻撃で、最もシンプルかつ強力な必殺技。

書誌情報

アベックパンチ 全2巻 アスキー、KADOKAWA〈ビーム コミックス〉 完結

第1巻

(2007年9月発行、 978-4757736887)

第2巻

(2008年6月発行、 978-4757742260)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo