君と紙ヒコーキと。

紙ヒコーキが大好きな変わり者の少女に思いを寄せる少年は、そんな彼女に振り回される毎日を送っていた。そんな中、彼女に新たな友人ができ、二人の関係は少しずつ変化していく。少年の淡い恋心を描く、甘酸っぱい青春漫画。

正式名称
君と紙ヒコーキと。
作画
原作
ジャンル
青春
レーベル
ガンガンコミックスJOKER(スクウェア・エニックス)
巻数
全3巻完結
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

松野鈴は、高校生になっても紙ヒコーキが大好きで、毎日通学路や学校などところ構わず飛ばしている。幼なじみの浦木圭は、そんな鈴が危なっかしくて見ていられず、何かと彼女のフォローに回る日々を送っていた。そんなある日、鈴は圭の前に、紙ヒコーキ好きの友達・高崎竜介を連れて来る。鈴に新しい友達ができて嬉しい反面、圭は仲よく紙ヒコーキについて語る二人の姿に苛立ちを覚える。そんな圭を見て、彼の鈴への思いに気づいた竜介は、悪戯心に火が点き、鈴を意識しているふうを装って圭の事をからかって楽しむのだった。一方の圭も、その日を境に少しずつ鈴に向ける自分の気持ちに気づき始める。

第2巻

ある雨の日、浦木圭の下駄箱に「屋上に来てください」と書かれた紙ヒコーキが入っていた。紙ヒコーキを使って自分を呼び出す相手など松野鈴しかいないと考えた圭は、鈴からの告白かもしれないと思う。すぐさま屋上へ向かおうするが、こんな雨の中待っているはずがないと考え直すも、鈴がもしも待っていたらと思うと圭は我慢できずに教室を飛び出し、屋上へと向かう。そこには傘を差した鈴が待っており、雨の日に紙ヒコーキを飛ばしたらどうなるか実験したいと、圭に無邪気に告げるのだった。そんな鈴に愕然とする圭は、自分から思いを伝えるいいチャンスだと考え、紙ヒコーキを利用して本心を伝えようとする。

登場人物・キャラクター

浦木 圭 (うらき けい)

男子高校生で、2年1組に在籍している。幼なじみの松野鈴からは「けーちゃん」の愛称で呼ばれている。何かと問題のある鈴や高崎竜介に対して冷たく接しながらも、つい相手をしてしまう面倒見のいい性格。人から頼られてばかりの宮内葵に対してもそっと手を貸してあげる、優しい気遣いのできる人物。毎日どこでも紙ヒコーキを飛ばす鈴には手を焼いているため、鈴への恋愛感情になかなか気づけずにいた。 しかし、竜介にちょっかいをかけられるうちに鈴への恋心を自覚するようになっていく。鈴と仲がいい竜介には苛立つことが多いが、意外と仲がいい。

松野 鈴 (まつの すず)

女子高校生で、2年4組に在籍している。浦木圭とは幼なじみである。紙ヒコーキが大好きで、いつも紙ヒコーキを飛ばす事しか考えていない。人から紙ヒコーキを否定されると泣いてしまうメンタルの弱さを持つが、立ち直りは早い。逆に紙ヒコーキを褒められると無邪気に喜ぶ単純な性格の持ち主。かなりの人見知りで、初対面の人がいるとすぐに圭の後ろに隠れてしまう。 圭を強く信頼しているが、持ち前の天然さでよく彼を悩ませている。

高崎 竜介 (たかさき りゅうすけ)

男子高校生で、2年4組に在籍している。松野鈴とはクラスメイト。鈴からは「りゅーちゃん」の愛称で呼ばれている。鈴とは同じ趣味仲間で、紙ヒコーキについて鈴と並んで熱く語れるほどの強者。ノリの軽い性格で、浦木圭が鈴に思いを寄せている事を一目で見抜くなど、特に男女関係については観察眼が鋭く察しがいい。英語のテストで14点を取ってしまうほど頭が悪く、優等生の宮内葵には厳しい対応を取られているが、その状況を楽しむ前向きな性格。 実は父子家庭ためいつも家事を任されている苦労人であり、圭をからかいながらも、鈴との仲を応援している。

宮内 葵 (みやうち あおい)

女子高校生で、2年1組に在籍している。浦木圭とはクラスメイト。松野鈴からは「あおちゃん」の愛称で呼ばれている。クラスで一番の優等生で、幼い頃から周囲のみんなに頼られる存在だった。そのせいか自信過剰なところがあり、圭が何気なく手伝った際にも、自分の事が好きだから手伝ってくれたに決まっていると考えていた。勉強ができない人が嫌いで、テストで14点しか取れなかった高崎竜介には、非常に当たりがキツい。 それでも意外と馬が合うようで、電車が止まってしまった日には、竜介といっしょに遊びながら帰っている。

佐藤 昇 (さとう のぼる)

男子高校生で、2年1組に在籍している。浦木圭とはクラスメイト。学校で目立ちたいがために、校則違反である青いパーカーを着て登校している。だが、その影の薄さから先生から注意もされず、さらに「斉藤」と名前まで間違われる事がある。唯一、圭の前に座っていた事を覚えていてくれた高崎竜介にあこがれており、また名前を憶えていてくれた宮内葵に恋心を抱いている。 松野鈴の事で毎日思い悩んでいる圭を心配する友達思いなところがある。

その他キーワード

紙ヒコーキ (かみひこーき)

普通の紙にメッセージを書き、折って紙飛行機にしたもの。もともと人見知りだった松野鈴のために、浦木圭が幼稚園の時に始めたコミュニケーション手段の一つであり、二人はこの紙ヒコーキを飛ばしてメッセージの交換をしている。のちに、鈴に巻き込まれる形で高崎竜介と宮内葵も紙ヒコーキの交換に参加するようになる。

書誌情報

君と紙ヒコーキと。回 全3巻 スクウェア・エニックス〈ガンガンコミックスJOKER〉 完結

第1巻

(2015年4月22日発行、 978-4757546189)

第1巻

(2010年11月22日発行、 978-4757530669)

第2巻

(2016年4月22日発行、 978-4757549593)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo