アマランスの女王

呪いの宝石により力を得たマーラ・グリーンが、その代償となる破滅の寸前で、本来の自分を取り戻す。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
アマランスの女王
作者
ジャンル
ホラー一般

総合スレッド

アマランスの女王(漫画)の総合スレッド
2016.09.18 13:02

新着関連スレッド

ディーン・ミラー(アマランスの女王)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.18 13:03
フィリップ(アマランスの女王)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.18 13:03

新着関連スレッドもっとみる

概要

アマランスの女王」と呼ばれる呪いの宝石を手に入れた孤児のマーラ・グリーンは、寄宿学校の貧乏学生から、とんとん拍子に出世をして、小国の皇太子に見初められるまでになる。しかしその代償のように放火犯の濡れ衣をかけられ、さらに怪我をして生死の境をさまよう。瀕死のマーラは友人のヘレンに宝石を捨てるように頼み、これにより命と本来の自分を取り戻した。

登場人物・キャラクター

主人公
エドワード寄宿学校の生徒。両親の死により孤児になり、奨学金を貰う代わりに、学校で女中のように働かされている。「アマランスの女王」と呼ばれる呪いの宝石を拾ったことから、尊大な性格になり、とんとん拍子に出...
エドワード寄宿学校の生徒。奨学金を貰い、女中のようにこき使われている。同じ境遇のマーラ・グリーンと仲がいい。しかし、「アマランスの女王」によって尊大な性格になったマーラから距離を置く。生死の境をさまよ...
エドワード寄宿学校の生徒。世界的な宝石商を父親に持ち、マーラ・グリーンとヘレンを奴隷のようにこき使う。「アマランスの女王」によって豹変したマーラに戸惑い、怖気づくようになった。
姓名不詳。世界的な宝石商。マチルダの父。「アマランスの女王」と、その持ち主の悲惨な来歴を話す。マーラ・グリーンの所持する宝石を「アマランスの女王」と見抜き、手放すように助言した。
ジョーンズ石油の社長の息子。マチルダのフィアンセ。「アマランスの女王」を手に入れたマーラ・グリーンに惹かれるようになる。
世界的な事業家。バレンシア地方を世界の大娯楽場にするというマーラ・グリーンの計画に出資して、メルヘンランド建設のスポンサーとなる。
メルヘンランドの工事予定地を所持している農園の主。マーラ・グリーンの都合に合わせるように、火事により死亡した。
ナザリア国の皇太子。貧乏な国のため大金持ちの女性と結婚すべく、マーラ・グリーンに近づく。しかしマーラが放火の疑いで捕まると、すぐに離れた。

場所

エドワード寄宿学校のある市。マーラ・グリーン発案によるメルヘンランドの成功により、娯楽産業の地として発展する。
バレンシア市にある、女性専門の寄宿学校。奨学金を貰う生徒であるマーラ・グリーンとヘレンをこき使っていた。
マーラ・グリーンの発案により、バレンシア市に造られた遊園地。世界中から客が押しかけた。

その他キーワード

巨大なダイヤモンド。代々の持ち主を栄耀栄華に導き、その代償のように破滅させる。最後の持ち主と共に海中に没したが、マーラ・グリーンが発見。マーラの人生を振り回す。マーラの友人のヘレンにより、海に流された...
レディ専用の新車。新聞募集に応じたマーラ・グリーンの案が採用され、シルバーナイトという名前になった。この賞金として十万ドルと世界旅行を手に入れたことが、マーラの出世の足掛かりとなる。
マーラ・グリーンの万年筆。農園買収の話をアスコットとしたときに落とす。火事の後に発見され、マーラのネームが入っていたことから、放火犯の証拠となる。