手つなぎ鬼

手つなぎ鬼

○○くんが幼少期に体験した怪奇現象を描いた作品。子供ならではの視点を取り入れながら、独自の怪奇現象の世界観をふんだんに盛り込んだ内容になっている。

正式名称
手つなぎ鬼
作者
ジャンル
ホラー
レーベル
ホラーミステリーコミックス(ぶんか社)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

小学校に入学したばかりの○○くんは、横断歩道を渡る時にお母さんから「信号が青のうちに渡り切りなさい」と注意を受けていた。○○くんは横断歩道を渡る時は、いつもお母さんが手をつないでくれているのを想像しながら渡ることにしている。その時、同じように手を挙げて横断歩道を渡るさっちゃんと出会う。

登場人物・キャラクター

○○くん

小学校に入学したての男の子。母親の言いつけを守る素直な性格で、横断歩道を渡る時には「青信号の間に渡りなさい」という言い付けを守り、しっかり手を挙げて渡っている。自分と同じく手を挙げて横断歩道を渡るさっちゃんの前では、男らしく振る舞っている。

さっちゃん (サッチャン)

○○くんと同じ小学校に入学したての女の子。男の子とも気軽に話してすぐに仲良くなれる人見知りしない性格で、○○くんのことを見つけると、無邪気に声を掛ける。お父さんに手をつながれていることを想像して、手を挙げて横断歩道を渡っている。

SHARE
EC
Amazon
logo