アレクサンドル=トーマ=ルイシコフ

ワン・モア・ジャンプ(漫画)の登場人物。別称、トーマ。七瀬帝、七瀬建とは親族関係にある。

  • アレクサンドル=トーマ=ルイシコフ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ワン・モア・ジャンプ(漫画)
正式名称
アレクサンドル=トーマ=ルイシコフ
別称
トーマ

総合スレッド

アレクサンドル=トーマ=ルイシコフ(ワン・モア・ジャンプ)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

ロシア人の男子。意志が強く、温和な性格。七瀬帝の3歳年上の異母兄。七瀬建とロシア人の愛人の間に生まれたとされている。両親と共に交通事故に遭い、左足に大きな傷が残り、後遺症で長時間は滑れなくなってしまった。七瀬帝のスケートの才能を認め、最初のコーチ役となる。

スケートの指導は厳しいが、温和で思いやりに溢れている。

登場人物・キャラクター

ショートヘアーの少女。初登場時は10歳。ジュニア選手だった双子の兄七瀬皇とはケガの痛みも共有してしまうほど仲が良く、彼の影響で遊び程度のスケートをやっていたが、父七瀬建の事故死をきっかけに本気で競技を...
七瀬皇・七瀬帝の父親。1976年の世界選手権で銀メダルを獲得したペアスケート選手。ペア選手の育たない日本での快挙で、「奇跡のペア」と称えられた。ロシアでコーチとして活動し、ジュニア選手権に出場する七瀬...

登場作品

七瀬帝は10歳の少女。双子の兄七瀬皇の影響でスケートを始めるが、二人で初めてペアとして出場した大会の直後に兄は事故死してしまう。トーマ(アレクサンドル=トーマ=ルイシコフ)の指導で才能を開花させた七瀬...