アントニオ猪木

アントニオ猪木

四角いジャングル(漫画)の登場人物。読みは「あんとにおいのき」。

登場作品
四角いジャングル(漫画)
正式名称
アントニオ猪木
ふりがな
あんとにおいのき
関連商品
Amazon 楽天

概要

新日本プロレスのエースで社長。プロレスこそ最強の格闘技であると信じ、それを証明するため、異種格闘技戦を闘い続ける。マーシャル・アーツザ・モンスターマンザ・ランバージャックミスターXをことごとく退ける。極真会館ニューヨーク支部の「熊殺し」ウィリー・ウィリアムスの挑戦を受け、昭和55年2月27日、東京・蔵前国技館で死闘を演じる。

実在の同名プロレスラーがモデル。

関連人物・キャラクター

ウィリー・ウィリアムス

極真会館ニューヨク支部所属の黒人空手家。熊を素手で倒したため、熊殺しの異名を持つ。身長は2m近く。ベンチプレスで200kgを挙げ、空手技でクルマを完全解体してしまう怪物。極真空手を差し置いて世界最強を... 関連ページ:ウィリー・ウィリアムス

登場作品

四角いジャングル

空手家赤星潮が、マーシャルアーツの天才ベニー・ユキーデ打倒に燃えるストーリーで始まるが、中盤からは、黒崎健時の新格闘術やアントニオ猪木の異種格闘技戦、極真空手の世界大会など、現実の格闘技界のエピソード... 関連ページ:四角いジャングル

SHARE
EC
Amazon
logo