アーメンガード・セントジョン

アーメンガード・セントジョン

小公女セーラ(テレビアニメ)の登場人物。

登場作品
小公女セーラ(テレビアニメ)
正式名称
アーメンガード・セントジョン
ふりがな
あーめんがーどせんとじょん
関連商品
Amazon 楽天

概要

ミンチン女学院の生徒。心根の優しい少女だが弱気でもあり、気の強いラビニアにいびられている。大学教授の父をもつが、本を読むのを嫌ったり、フランス語の授業で苦しむなど、勉学はあまり得意ではない。

ラビニアに堂々と対峙して自分に優しいセーラの誇り高さに感じ入り、大の友人となる。使用人の身分に落ちたセーラを心配し続ける。

関連人物・キャラクター

セーラ

10歳。英国人でインド育ちの少女。父ラルフは鉱山経営者の大富豪。母とは幼少期に死別。ミンチン女学院に預けられ、フランス語からインドの言葉まで身につけている教養深さや品性の良さでもてはやされるも、父の破... 関連ページ:セーラ

関連キーワード

ミンチン女学院

19世紀の英国ロンドンにある寄宿学校。経営者は学院長のマリア・ミンチン。在学生は良家の息女ばかりで、中でも特に学院への経済的貢献が大きな親をもつ生徒は専用の大きな部屋をあてがわれ特別待遇を受ける。 屋... 関連ページ:ミンチン女学院

ラビニア

登場作品

小公女セーラ

インドで裕福に育った富豪令嬢・セーラ・クルーは英国にある寄宿学校・ミンチン女学院に編入する。桁外れの金持ちな上、賢く優しいセーラは学校の人気者になるが、父が破産、病死したことで立場が急変。 学院の使用... 関連ページ:小公女セーラ

SHARE
EC
Amazon
logo