イヤハヤ南友

イヤハヤ南友

名門財閥家早家に居候することとなった少年家早南友が、学園を舞台に家早家とライバル財閥果扨家同士の争いに巻き込まれるスラップスティック・ギャグ作品。作者お得意のお色気や下ネタ、不条理ギャグ、パロディなどが連発されるが、財閥同士の争いが激化するにつれてストーリーの規模も拡大してゆく。

正式名称
イヤハヤ南友
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
 
その他ギャグ・コメディ
レーベル
サンワイド コミックス(朝日ソノラマ) / 扶桑社文庫(扶桑社)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

両親の海外転勤に伴い、親戚の名門財閥家早家で居候することとなった少年家早南友。親戚であると確信した家早家の人たちは彼を招き入れるが、実は南友ではなく見ず知らずの少年だった。しかし、一家の面目を保つため、彼を10年間南友として預かることに決める。権金学園へ転入した南友は、家早家とライバル財閥果扨家がこの学園で展開している覇権争いへと巻き込まれてゆく。

登場人物・キャラクター

家早 南友 (いやはや なんとも)

口癖は「イヤハヤ、なんとも」。その口癖のせいで本物の南友に間違えられてしまう。家早家の面目を保つため、彼は家早南友として生活する羽目に。常に緑色のハンチング帽をかぶりヨレヨレのコート姿。口数は少なく、本当は何者なのかは不明。小柄で気弱そうな顔立ちの少年だが、不思議な魅力があり、転校先の権金学園でもすぐに人気者となる。 突拍子もない行動をとったり不思議な能力を発揮したりして、襲い来る様々なトラブルを解決してゆく。

家早 さよこ (いやはや さよこ)

日本屈指の財閥家早家のひとり娘。権金学園に通う中学一年生。愛らしい顔立ちと高貴な物腰だが、純真さと表裏一体の残酷な一面も持つ。南友を格好のおもちゃとして気に入り、親密さを装って彼を苦難に追い込み、困った彼のリアクションを見て楽しむ。実はかなりの権力志向で、学園において果扨胴下と権力争いを繰り広げている。 イヤハヤ十人衆という異能力を持ったスケ番集団を配下に従えている。

家早 吐鉄面 (いやはや とてつも)

名門財閥家早家の頭首にして、家早コンツェルン総裁。力強い眉毛に長いあごひげ、もみあげをたくわえた強面。老齢だががっしりとした巨体で、衰えは微塵も見せない。一族の長として家早家に誇りを持ち、「人間は平等ではない」が持論。家早家に対抗してくる新興財閥果扨家には激しい憎悪と敵意を持っている。

家早 獰猛 (いやはや どうも)

名門財閥家早家の頭首家早吐鉄面のひとり娘にして、家早コンツェルン筆頭株主。家早さよこの母親。婿養子として家早家に入ってきた夫のことは軽蔑している。父吐鉄面と同じ価値観を持ち、名門の家早家が権力を誇示するのは当然と考えている。得意技は首をつかんで相手を持ち上げるネックハンギングツリー。 一女の母とは思えぬほどに恐ろしい顔つきで、暴力的。

果扨 胴下 (はてさて どうした)

新興財閥果扨家の御曹子。家早家とは一族をあげてライバル関係にあるので、南友が奇抜な行動で学校中の人気となり家早家に支持が集まるのを苦々しく思い、参謀の大本栄惨坊に命じて南友たちを襲わせる。残念ながらおそろしく不細工な顔面で、頭の回転もあまり早くない。

大本栄 惨坊 (だいほんえい さんぼう)

権金学園で一二を争う秀才の男子生徒。実家の本栄寺の檀家が果扨家なので、果扨胴下に参謀として仕えている。寺の息子なので頭は剃りあげている。配下の異能力番長集団ハテサテ十人衆をさしむけ、南友の学園内における人気を下落させようと暗躍する。

弁天 ゆり (べんてん ゆり)

家早家派閥のスケ番集団イヤハヤ十人衆のひとり。長い黒髪にハンチング帽をかぶっている。温めると腹部に弁天様のイレズミが浮き出る。その弁天様を実体化させるイヤハヤ能力・生弁天の使い手。胸には乳房に偽装したプラスチック爆弾をかぶせている。この爆弾は乳首の部分が信管になっていて、彼女の口笛に反応して爆発する仕組み。

万華 鏡子 (まんげ きょうこ)

家早家派閥のスケ番集団イヤハヤ十人衆のひとり。日本人離れした彫の深い美形にグラマラスな体つき。自ら胸をさすって乳首から謎の液体を出し、それが地面に溜まると鏡の役割を果たして見たいものを何でも映し出せるというイヤハヤ能力・万華鏡の使い手。

神薔薇 あけみ (かんばら あけみ)

家早家派閥のスケ番集団イヤハヤ十人衆のひとり。黒のシルクハットに黒のスーツをまとった男装の麗人。バラの花をくわえたクールな出で立ちが女生徒から人気を集めている。かいた汗に全身を包むとあらゆる熱を完全に遮断するというイヤハヤ能力・断熱汗液の使い手。

集団・組織

家早家 (いやはやけ)

『イヤハヤ南友』に登場する一族。由緒正しき名門の家系で、日本屈指の財力と権力を誇る財閥。頭首は家早吐鉄面、妻は家早はや。ひとり娘の家早獰猛と婿養子家早松卓の間に孫娘家早さよこがいる。邸宅は広大で、敷地内には頭首が住む天守閣や従業員の住む団地、遊園地までもが建っている。飼い犬の名はペソ。

果扨家 (はてさてけ)

『イヤハヤ南友』に登場する一族。家早家に負けず劣らずの財力と権力を持つ財閥だが、戦後にあくどい手口で成り上がった一族なので、家早家からは軽蔑されている。頭首は果扨動摺(はてさてどうする)、妻は果扨さて藻(はてさてさても)。息子に果扨胴下、娘に殺し屋修行中の果扨虹蛇(はてさてこうじゃ)がいる。

イヤハヤ十人衆 (いやはやじゅうにんしゅう)

『イヤハヤ南友』に登場する組織。家早い家のひとり娘家早さよこが統率する異能力集団。権金学園のスケ番から選び抜かれた。弁天ゆり、霞竜子、陽炎カオル、万華鏡子、神薔薇あけみ、鳴神緑、銀狼いぶき、十文字菊乃、夢魔さつき、和泉白鳥の十名から成る。

ハテサテ十人衆 (はてさてじゅうにんしゅう)

『イヤハヤ南友』に登場する組織。果扨家の参謀大本栄惨坊子飼いの異能力集団。権金学園の番長から選び抜かれた荒くれ男たち。特殊な眼力を持つ万里眼力(ばんりがんりき)、怪力だが頭の悪い粗暴乱雑(そぼうらんざつ)、木刀を操る暴力好きな傍若武人(ぼうじゃくぶじん)、女性へのイタズラ好きなスケベ男不埒千蛮(ふらちせんばん)などがいる。

権金学園 (けんきんがくえん)

『イヤハヤ南友』に登場する学校。家早南友が通うこととなる名門校。家早家と果扨家が献金額を二分し、互いに権力を競い合っている。両財閥は校内にお互いの基地となる御殿を建設するなど学園を私物化し、睨み合って冷戦状態である。校長は家早家派閥だが、教頭は果扨家派閥。生徒も全員どちらかの派閥に属している。 父兄参観日は双方の派閥の生徒が授業の科目ごとに対決する一大イベントとなっている。勝利した派閥の生徒は成績が5となり、負けた方は1となる厳しいルール。

書誌情報

イヤハヤ南友 全4巻 朝日ソノラマ〈サンワイド コミックス〉 完結

第1巻

(1986年5月発行、 978-4257960799)

第2巻

(1986年6月発行、 978-4257960812)

第3巻

(1986年7月発行、 978-4257960843)

第4巻

(1986年8月発行、 978-4257960874)

イヤハヤ南友 全5巻 扶桑社〈扶桑社文庫〉 完結

第1巻

(1995年8月発行、 978-4594017996)

第2巻

(1995年9月発行、 978-4594018252)

第3巻

(1995年10月発行、 978-4594018429)

第4巻

(1995年11月発行、 978-4594018634)

第5巻

(1995年12月発行、 978-4594018788)

SHARE
EC
Amazon
logo