ウェイク国吉

ストッパー毒島(漫画)の登場人物。読みは「うぇいくくによし」。

  • ウェイク国吉
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ストッパー毒島(漫画)
正式名称
ウェイク国吉
ふりがな
うぇいくくによし

総合スレッド

ウェイク国吉(ストッパー毒島)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

パシフィック・リーグのプロ野球球団、京浜アスレチックス選手。外野手から後に投手へ転向。初登場時28歳。右投げ左打ち。背番号41。沖縄県出身。大変な努力家だが、入団からずっと1軍に上がれず過ごしてきた。右肩の脱臼癖がある。2011年夏、チックくんの薦めで投手に転向。

練習の間に習得したナックルボールを武器に1軍で勝利を重ね、8月と9月の月間MVPを獲得した。2010年のシーズンオフ、治療のため出かけた温泉町でチックくんの中の人が三宅武でないことを知り、そのことを高校の同級生だったスポーツ記者に教えてしまう。

関連キーワード

『ストッパー毒島』に登場するプロ野球球団。パシフィック・リーグ所属。毒島大広が所属する万年最下位球団。昭和40年代に二連覇を果たすが、その後八百長がからんだ黒い霧事件を起こし、主力が大量に追放され、以...

登場作品

高校時代まったく野球の実績がなく、高校も退学処分となった毒島大広。しかし、弱小プロ野球チーム京浜アスレチックスの名スカウトマン小暮武夫に目をつけられた毒島は奇跡的にドラフト会議で指名され、プロ野球選手...