新・野球狂の詩

プロ野球チーム東京メッツと、その後継球団 札幌華生堂メッツの活躍を描く漫画。『野球狂の詩』、『野球狂の詩 平成編』の続編。

  • 新・野球狂の詩
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
新・野球狂の詩
作者
ジャンル
野球
レーベル
モーニングKC(講談社)

総合スレッド

新・野球狂の詩(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

岩田 鉄五郎(新・野球狂の詩)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43
白川 虎之進(新・野球狂の詩)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

ファンが多い試練と成長のスポーツ漫画
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36

概要

球界最年長ピッチャー・岩田鉄五郎率いる東京メッツは、球団が化粧品会社華生堂に売却され札幌華生堂メッツとなった。岩田鉄五郎はこれを機に一時引退を決意したが、国立玉一郎らかつての主力メンバーに説得されて翻意し、水原勇気達と共に札幌に移る。移転初年度の(2000年)ドラフト会議で指名した円山大地音武田祭らは、かつての東京メッツ黄金期を彷彿させる異色の面々だった。

登場人物・キャラクター

主人公
本作での初登場時は73歳。プロ野球セントラル・リーグ東京メッツの監督兼ピッチャー。現在も、現役最年長投手。投球時は「にょほほ~」と声を上げる。奇妙な采配が多いが、それはシーズンを通しての勝負を見据えた...
プロ野球セントラル・リーグ東京メッツのコーチ兼ピッチャー。プロ野球初の女性投手。一時引退していたが、岩田鉄五郎監督のために復帰した。ドリームボールを駆使し抑えとして登板することが多い。中日ドラゴンズと...
プロ野球セントラル・リーグ東京メッツのピッチャー。右投げ右打ち。岩田鉄五郎が手塩にかけて育て、チームのエースとして活躍。生来のワンマンな気質で血の気が多い。一時針忠助にエースの座を奪われた。また岩田武...
プロ野球セントラル・リーグ札幌華生堂メッツの内野手。ポジションはサード。右投げ右打ち。チームが札幌に移転した(2000年)のドラフト2位で入団。 主砲羅生門を押しのけてルーキーの時から不動の4番に座る...
つばの割れた学生帽が特徴。プロ野球セントラル・リーグ札幌華生堂メッツの内野手。ポジションはショート。右投げ右打ち。チームが札幌に移転した(2000年)のドラフト6位で入団。元々はフリーターで、バッティ...
プロ野球セントラル・リーグ札幌華生堂メッツの外野手。ポジションはセンター。右投げ右打ち。登場時は早稲田大学の4年生。当初は読売ジャイアンツに入団を希望していたが、東京メッツが出身地札幌へ移転すること知...
プロ野球セントラル・リーグ札幌華生堂メッツの選手。(2000年)ドラフト3位で入団。9つのポジションをどこでも守れると豪語した。常に酒を飲んで酔っている。
小柄な男性。プロ野球セントラル・リーグ札幌華生堂メッツの内野手。ポジションはセカンド。(2000年)ドラフト4位で入団。岩手県草笛高校出身。鱩市郎とペアを組んで力を発揮し「与作コンビ」と呼ばれる。
プロ野球セントラル・リーグ札幌華生堂メッツの内野手。ポジションはファースト。(2000年)ドラフト4位で入団。入団時には既に妻子があった。社会人野球の秋田電機出身。大柄でおっとりした性格。
ハリネズミのようにとがった髪型の男性。プロ野球セントラル・リーグ札幌華生堂メッツのピッチャー。元ハンドボールの選手で豪速球を投げる。
小柄で帽子のつば越しに片目がのぞく男性。プロ野球セントラル・リーグ札幌華生堂メッツのピッチャー。オーバースロー、サイドスロー、アンダースローを自在に操る。主に中継ぎとして活躍するが、周囲に合わせる事を...
坊主頭に髭を生やし、首に数珠をかけた大柄な男性。念少寺の住職。関東地区限定の契約で札幌華生堂メッツに入団したピッチャー。岩田鉄五郎はメッツのランディ・ジョンソンと呼ぶ。
岩田鉄五郎の孫で、大阪ガメッツのスラッガー。外野手としてセンターを守る他ピッチャーとして登板もする。右投げ右打ち。羅生門とのトレードで札幌華生堂メッツへ移籍。
浪花北大学からドラフト3位で札幌華生堂メッツ入団したピッチャー。2軍で調整が続いていたが、岩田鉄五郎の目に留まり1軍へ上がり、代打で出場させられる。

前作

東京国分寺に本拠地を置く球団東京メッツには、個性溢れる野球選手がひしめいていた。50歳を過ぎてなお現役ピッチャーの岩田鉄五郎を中心に、いずれも負けず劣らずの野球狂たちが、現役プロ野球選手を交えて繰り広...
プロ野球セントラル・リーグの東京メッツは、かつて破天荒なナインによって黄金時代を築いたが、20年後の現在は完全なお荷物チームと化していた。経営権を持つオーナーの息子・大山忠仁は、この惨状を見て一時は売...