オタマン

レッツラゴン(漫画)の登場人物。別称、恐怖のオタマジャクシ人間。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
レッツラゴン(漫画)
正式名称
オタマン
ふりがな
おたまん
別称
恐怖のオタマジャクシ人間

総合スレッド

オタマン(レッツラゴン)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

概要

「春のうららの隅田川」の回が初登場。元々はただのオタマジャクシだったが、勝手にクジラだと勘違いしたゴンおやじベラマッチャに育てられ、人間の言葉をしゃべるようになる。語尾は「~ベシ」。体が生臭く、寝起きのイラ公ですら倒せない。空腹になるとウナギやドジョウのように体が細くなる。

ウナギイヌに女と間違われて求愛されたこともあった。当時の『週刊少年サンデー』読者の公募により、「オタマン」の回でオタマンという名前に決まったが、「キンタマジャクシ」という応募も多かったらしい。

登場作品

主人公のゴンは小学校の高学年だが、ほとんど学校には行ってない。父親はいるが、お互いに独立して生計を立てて暮らしている。そんな家族に、山で出会ったクマのベラマッチャが居候し、毎日がしっちゃかめっちゃかに...