レッツラゴン

レッツラゴン

主人公のゴンは小学校高学年で、ほとんど学校に行かずに父親と二人暮らしをしている。だが、父親には一切面倒を見てもらうことなく育っている。当初はバイオレンス風味のホームコメディだったが、しだいに編集者相手の内輪ネタや楽屋オチなど、良く言えばライブ感覚、別の言い方をすれば行き当たりばったりともいえるシュールな作品となる。この作品は、作者曰く「僕の目指していた世界」だったとのこと。

正式名称
レッツラゴン
作者
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
 
ナンセンス
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公のゴンは小学校の高学年だが、ほとんど学校には行ってない。父親はいるが、お互いに独立して生計を立てて暮らしている。そんな家族に、山で出会ったクマのベラマッチャが居候し、毎日がしっちゃかめっちゃかに。しまいにはこの作品の担当をしている『週刊少年サンデー』の武居記者までもが作中に登場して、赤塚不二夫と抗争を繰り広げる始末。

登場人物・キャラクター

主人公

一応小学生だが、学校に行くシーンは「家なき子」の回で作文の宿題を提出したときくらいしかない。母は故人で、父と二人暮らしだが互いに干渉していない。下手くそな絵描きからもらった絵を図工の宿題ができない子供... 関連ページ:ゴン

ゴンの父親である中年男性だが、職業は不詳。たまにサラリーマンになることもあるが、長くは続かない。智恵子(ちえこ)という美人の妻がいたがすでに故人で、今は独り身。自己中心主義で、ゴンについてはまったくの... 関連ページ:おやじ

『レッツラゴン』に登場する動物。本人曰く、昭和10年生まれ。「独立の精神」の回で初登場。元々はゴン親子のキャンプ先である山に住んでいたクマだが、おやじのテントを漁ったときにゴンに退治され、そのまま子分... 関連ページ:ベラマッチャ

『レッツラゴン』に登場する動物。ゴン一家に飼われている猫。いつもゴンたちの家で寝ているが、寝起きがとても悪く、うっかり起こすと周囲の者をボロボロになるまで攻撃する。ある意味、作中で最強のキャラクター。... 関連ページ:イラ公

ヒグチ長十郎(ひぐちちょうじゅうろう)という警官の脳みそから出てきた毛虫で、サングラスをかけたような風貌をしている。語尾が「~ませり」となっており、作中ではアイキャッチや狂言回しとして現われる。 関連ページ:マセリ

『レッツラゴン』の登場人物で、『天才バカボン』でもお馴染みの存在。自分のことを「本官」と言う。「ライフル・マン」の回から登場。当初は狩猟用ライフルでベラマッチャを撃とうとするライフル魔だったが、警察官... 関連ページ:目ン玉つながりのお巡りさん

赤塚不二夫の好物で、「伊豆の踊子」の回からしばしば登場するようになる。一応、茶碗蒸しが男性の人格で、スプーンが女性の人格として描かれており、たまに人間の言葉で夫婦のように会話することもある。『レッツラ... 関連ページ:ちゃわんむし

週刊少年サンデーでは『おそ松くん』からずっと赤塚不二夫を担当している編集者で、当作品のブレーンでもある。現在もよく見られる「キャラクターとしての編集者」の先駆け的存在。柱のキャッチコピーで赤塚不二夫と... 関連ページ:武居記者

『レッツラゴン』の登場人物で作者。本作品の内輪ネタや楽屋オチが進むにつれて、ついには本人も扉絵などで姿を見せるようになった。主なライバルは武居記者。当時、ギャグの一環として『レッツラゴン』を含む全作品... 関連ページ:赤塚 不二夫

「ああ無情」の回が初登場。「男ドブス」の水島新司(みずしましんじ)と「男ドドブス」の牛次郎(ぎゅうじろう)の間に生まれた「男ドドドブス」。性格は優しくて純真だが、顔があまりにブサイクなので、布団や洗面... 関連ページ:水島 牛次郎

「スケ番ケロ子」の回で初登場。上野の不忍の池で生まれたメスガエルで、三つ編みにセーラー服といういでたち。弟のケロッパチをおやじに食われて、その仇討ちに乗り出す。手下を引き連れておやじ、並びに彼と組んだ... 関連ページ:ケロ子

『天才バカボン』ほか、赤塚不二夫作品によく登場するオカマ。髪型は丸刈りで両目が離れており、顔の下半分は短いヒゲに覆われている。『レッツラゴン』でも作家やサラリーマンなど、様々な職業で登場する。 関連ページ:カオルちゃん

武居記者の靴下からわいた毛虫。一見すると大きな目と鼻で構成されたかのような顔つきだが、目と鼻らしきものの間に口がある。口ぐせは「チャーン」。作中の合間合間でツッコミとしての役割を担う。 関連ページ:クソタケイムシ

「ジャックと金の木」(じゃっくとかねのき)の回が初登場。豆腐屋を営む少年で、大きな口が特徴的。髪型はモヒカン気味で、まゆ毛はつながっている。本名はゲン五郎。語尾に「ドージョ!!」をつけるほか、独特の単... 関連ページ:トーフ屋ゲンちゃん

「春のうららの隅田川」の回が初登場。元々はただのオタマジャクシだったが、勝手にクジラだと勘違いしたゴンとおやじ、ベラマッチャに育てられ、人間の言葉をしゃべるようになる。語尾は「~ベシ」。体が生臭く、寝... 関連ページ:オタマン

その他キーワード

伊豆の踊子

『レッツラゴン』のエピソード。小説家に扮した学生服姿のベラマッチャが、ブスな踊子を相手に好き勝手にふるまうという内容。赤塚不二夫曰く「完全に開き直った」回で、これ以降『レッツラゴン』はそれまでの赤塚作... 関連ページ:伊豆の踊子

アジャパー

『レッツラゴン』のギャグフレーズ。「アジャパー」の回が初登場。両腕を上げて目を剥いて叫ぶ。元ネタは実在するコメディアンである伴淳三郎(ばんじゅんざぶろう)の持ちネタ。当時はそれなりにヒットしたが、『お... 関連ページ:アジャパー

SHARE
EC
Amazon
logo