オバタリアン

パワーあふれるおばさんの図々しい生態を描いた四コマ漫画。第35回文藝春秋漫画賞。1989年新語・流行語大賞流行語部門金賞。

  • オバタリアン
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
オバタリアン
作者
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
 
風刺
レーベル
主婦コー座(竹書房) / 竹書房文庫(竹書房)

総合スレッド

オバタリアン(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

オバタリアンに遭遇する若い男性(オバタリアン)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36
世間 見造(オバタリアン)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36

新着関連スレッドもっとみる

概要

おばさんの典型であるオバタリアンがあらゆる場所に進出して、周囲に迷惑をかける物語。被害を受けた人々はなすすべもなく、その上、若い女性たちもオバタリアン化していくのだった。

登場人物・キャラクター

主人公
『オバタリアン』の主人公たち。複数人の中年女性がオバタリアンとして描かれるが、全員苗字は小畑。最も出番が多いのは、大仏ヘアーで体格のよい庶民的なタイプのオバタリアン。メガネのお局様OL風キャリアオバタ...
オバタリアンたちの配偶者で被害者となる男性たち。容姿等は必ずしも一定しないが、大仏ヘアーのオバタリアンの夫は眼鏡をかけてひょろりとした風貌、キャリアオバタリアンの夫は角刈りで四角い顔である。皆一様にオ...
オバタリアンの勤務先の後輩女子を始めとした、若い女性たち。特にキャリアオバタリアンには常にイビられている。自分自身のオバタリアン化を恐れているが、ちょっとした振る舞いにオバタリアン化を自覚しおののく。...
オバタリアンの被害者となる若い男性たち。オバタリアンの傍若無人な振る舞いに憤るが、皆一様に敗退してしまう。オバタリアンが買い物する店の男子店員、オバタリアンの近所に越してきた新婚のだんなさん、オバタリ...
眼鏡で着物姿、白髪で痩身の、への字口が特徴的な初老男性。肩書きは斜会学(しゃかいがく)博士。オバタリアンの生態について数々の発見をするものの、対策には常に失敗している。

集団・組織

『オバタリアン』に登場する組織。オバタリアンに対抗するため、オバタリアンの被害者によって結成された秘密組織。宿敵オバタリアンを倒すための秘密兵器として、オバタリアンそっくりの最強ロボット・マネタリアン...

アニメ

中年の主婦小畑絹代は、娘の小畑聖子や息子の小畑ミノルの嘆きもよそに、今日も自らの欲望に正直に生きている。バーゲンに行けば、目の色を変えて商品に殺到し、自動車を運転すれば交通ルールも何のその。家では横に...