カルバニア物語

カルバニア物語

中世ヨーロッパ的な世界観を持つカルバニア王国を舞台とした物語。男装の麗人である公爵令嬢エキュー・タンタロットを中心に、エキューの乳兄弟であるカルバニア王国女王タニア・カルバニアや貴族たち、他国の王族、関連する庶民など登場人物が活躍する様を描いた群像劇の連作短編。

正式名称
カルバニア物語
作者
ジャンル
ファンタジー一般
 
恋愛一般
レーベル
Charaコミックス(徳間書店)
巻数
既刊16巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

エキュー・タンタロットは公爵令嬢でありながら、男装の麗人として女性にも人気が高い。公爵の跡を継ぐべく勉強を重ねているものの、過去に例を見ないことから周囲の反対は大きかった。彼女の乳兄弟であるタニア・カルバニアもエキュー同様、カルバニア王国初の女王として保守的な貴族たちからお飾り扱いを受け、憤りを感じていた。

しかし、エキューやタニアの活躍により、少しずつ周囲の人間に変化が現れていく。

登場人物・キャラクター

主人公

カルバニア王国に2つある公爵家のひとつ、タンタロット家の令嬢にして嫡子。母親がエキュー出産時に死亡しているため、カルバニア王国女王タニア・カルバニアの乳兄弟として育つ。金髪碧眼で美貌の持ち主。胸が小さ... 関連ページ:エキュー・タンタロット

カルバニア王国第21代国王の女性。父である国王が若くして急逝したため、カルバニア王国初の女王となった。性格は明るくおおらかで気さく。王族としての義務を強く自覚しており、国を率いるための勉強にもいそしん... 関連ページ:タニア・カルバニア

カルバニア王国に2つある公爵家のひとつ、ニックス公爵家当主の男性。赤毛の長髪が特徴で、容姿にも優れている。人嫌いで退廃的な現実主義者。美しい少年達と共に城にこもっていたが、公爵令嬢であるエキュー・タン... 関連ページ:ライアン・ニックス

コンラッド・パーマー

パーマー王国の第一王子を務める男性。聡明で真面目、また、容姿にも優れている。次期国王として教育されてきたことから、常に公人としての意識を持って行動していたが、カルバニア王国女王タニア・カルバニアと出逢い、恋をしたことから少しずつ変化していく。外交能力が高く、様々な国を訪問している。

カルバニア王国にあるタンタロット公爵領バスクの領主を務める男性。口ひげがある。保守的で、過去爵位を継いだ女子が存在しないことからエキュー・タンタロットを公爵の跡継ぎと認めていない。タンタロット公爵家を... 関連ページ:タキオ・バスク

カルバニア王国にあるタンタロット公爵領バスクの領主タキオ・バスクの息子でバスク家の嫡子。母であるリアンダがタキオと離婚したため、臣下の息子であるカフ・スタン・ストークによって育てられた。両親の愛には恵... 関連ページ:フラン・バスク

カルバニア王国にあるタンタロット公爵領バスクの領主・バスク家に仕える男性。長い黒髪をひとつに縛っている。容姿に優れ、年齢よりかなり若く見える。動物を育てるのが得意で、それを見込んだバスク領主タキオ・バ... 関連ページ:カフ・スタン・ストーク

ナジャル・フラコス・カルバニア

カルバニア王家に繋がる血筋の男性。タニア・カルバニアとは同い年で、教育係兼結婚相手候補としてタニアの家庭教師となる。容姿に優れ、社交能力が高く優秀ではあるが、二面性があり、女癖と性格が悪い。子供の頃のケガが元で足が不自由。努力を人に覚られることを嫌う。

カルバニア王国公爵ライアン・ニックスの遠縁にあたる女性。赤毛の美女。公爵家に近しい血筋ではあるものの、貧乏な貴族の家に生まれる。自身の結婚式にタンタロット家の人々を招いたことから、エキュー・タンタロッ... 関連ページ:アナベル・サラザン・ホーリー

カイル・タンタロット

カルバニア王国の公爵家タンタロットの当主で、エキュー・タンタロットの父。ハゲ頭をしている。有能で、王や他貴族のみならず、臣下や領民からの信頼も厚い。エキューの出産で妻を失っているが、妻への愛が深く、長く独身を通す。また、エキューを深く愛しており、その個性を大切に教育をしてきた。

エキュー・タンタロットがクロスチアに留学していた頃の友人。眼鏡をかけた若い男性。真面目で温厚な性格のためか、エキューには振り回されがち。霊能力のような力を持つため、オカルト関連の案件がある場合は幽霊が... 関連ページ:ビス・シュート

カルバニア王国の公爵タンタロット家と付き合いのあった豪商ホーン商会の娘。大火により両親と財産の全てを失い、ナタリー本人も半身に大火傷を負う。火事から助け出された後はエキュー・タンタロットの父カイル・タ... 関連ページ:ナタリー・ホーン

タンタロット公爵領ホルグの領主夫人。夫に先立たれたため、ホルグを統治している。少女趣味な一面はあるものの、法律に通じるなど能力は高く、エキュー・タンタロットにも買われている。また、容姿も優れている。夫... 関連ページ:ニコール・ホルグ

場所

カルバニア王国

中世ヨーロッパのような貴族制度のある王国。21代まで続いている大国で、現国王は女性であるタニア・カルバニア。政治は貴族議員による議会制をとっており、女王タニアの発言権はさほど大きくない。公爵家はカイル... 関連ページ:カルバニア王国

書誌情報

カルバニア物語 既刊16巻 徳間書店〈Charaコミックス〉 連載中

第1巻

(1995年6月23日発行、 978-4199600029)

第2巻

(1996年8月24日発行、 978-4199600272)

第3巻

(1997年10月25日発行、 978-4199600524)

第4巻

(1998年10月24日発行、 978-4199600838)

第5巻

(2000年1月25日発行、 978-4199601187)

第6巻

(2001年4月25日発行、 978-4199601552)

第7巻

(2002年8月24日発行、 978-4199601965)

第8巻

(2003年8月25日発行、 978-4199602290)

第9巻

(2004年12月25日発行、 978-4199602702)

第10巻

(2005年12月24日発行、 978-4199603051)

第11巻

(2007年8月25日発行、 978-4199603532)

第12巻

(2009年10月24日発行、 978-4199604195)

第13巻

(2010年10月25日発行、 978-4199604560)

第14巻

(2012年8月25日発行、 978-4199605239)

第15巻

(2013年12月25日発行、 978-4199605741)

第16巻

(2015年8月25日発行、 978-4199606434)

SHARE
EC
Amazon
logo