クロスゲーム

クロスゲーム

小学5年生の時に最愛の幼なじみを失った少年が、徐々に野球にのめり込み、[甲子園]優勝を目指す姿を描いた青春高校野球漫画。「週刊少年サンデー」2005年22・23号から2010年12号にかけて連載された作品。2009年、第54回小学館漫画賞少年向け部門を受賞している。

正式名称
クロスゲーム
作者
ジャンル
野球
 
ラブ・コメディ
レーベル
少年サンデーコミックス(小学館)
巻数
全17巻
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第一部(第1巻)

コウ(樹多村光)と月島若葉は、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみ。2人はよく行動をともにしており、毎年誕生日になると、お互いにプレゼント交換をするほどに仲が良かった。いつしか光は、明るく天真爛漫な若葉に惹かれ、同時に若葉も光に惹かれていく。お互いがお互いを想い合い、楽しい日々を過ごしていた2人だったが、小学5年生の夏の日、光のもとに悲報が入る。それは、若葉が通っているスイミングスクールが行ったキャンプ先で、若葉が川で溺れて死んだというものだった。

第二部(第2巻~第14巻)

月島若葉が事故死し、数年の月日が流れた。その間、コウは生前の若葉に言われていた、月島青葉と同じ野球の練習メニューを忠実に実行していた。そして光は星秀学園高等部に入学し、野球部に入部。ピッチャーとして徐々に頭角を現し始め、1年生の時には球速135km、2年生時点ではついに球速150kmを計測をするまでになる。しかし2年生までは、同地区で大本命と目される名門、竜旺学院の大きな壁に阻まれ、甲子園出場を果たせずにいた。そして、光にとって最後の甲子園出場を賭けた、最後の夏が幕を開ける。この時には、光はすでにその名を全国に知られるほどのピッチャーに成長しており、星秀学園高等部は竜旺学院の対抗馬と見なされるまでになっていた。

第三部(第15巻~第17巻)

コウの高校最後の夏。甲子園出場を賭けた地区大会を順調に勝ち進み、星秀学園高等部はついに決勝戦にまで駒を進める。決勝の相手は、かつて敗北を喫している名門、竜旺学院。この年の竜旺学院は史上最強の呼び声も高く、今大会優勝候補の大本命であった。光はこの竜旺学院を相手に、自身の持てる力をすべてぶつけることを誓う。これまで光を支えた両親や仲間たち、そして一番近くで光のことを見ていた、月島青葉が星秀学園高等部の勝利を祈る中、とうとう運命の決勝戦が開始される。

メディアミックス

TVアニメ

2009年4月から2010年3月まで、関田修監督によるTVアニメがテレビ東京系列にて放送された。メインキャラクターデザインは近藤優次、構成は土屋理敬が担当している。主なキャストは樹多村光役を入野自由、月島青葉役を戸松遥、月島若葉役を神田朱未がそれぞれ務めている。

登場人物・キャラクター

主人公

「キタムラスポーツ用品店」の一人息子。右投げ右打ちで、ポジションはピッチャー。幼少期からスポーツ用品に囲まれていたが、野球に関しては長らく興味を抱くことはなかった。しかし、近所の「月島バッティングセン... 関連ページ:樹多村 光

主人公

月島清次の娘で、月島家の三女。右投げ右打ちで、ポジションはピッチャー。幼い頃からトレーニングを欠かすことなく、野球に打ち込んできた。小学生の時点でその野球センスはすでにずば抜けており、特にその投球フォ... 関連ページ:月島 青葉

月島清次の娘で、月島家の次女。コウ(樹多村光)と同じ日に同じ病院で生まれており、幼少期からよく行動をともにしてきた。光に好意を寄せており、毎年プレゼント交換をする仲で、20歳で婚約指輪をもらうと、予定... 関連ページ:月島 若葉

月島清次の娘で女子大生(連載開始時は高校1年生)。月島家の長女。高校時代から「☆月島バッティングセンター」の店番を手伝っており、迷惑な客に対しては、それが男性であっても平気で手を出して追い出すなど、凶... 関連ページ:月島 一葉

聖泉女学院に通う女子高校生。そば処滝川の一人娘。喫茶クローバーでアルバイトをしている。誕生日は6月25日で、血液型はA型。成績優秀で、美術部に所属している。絵が上手く、高校2年生の時、月島青葉をモデル... 関連ページ:滝川 あかね

月島清次の娘で、月島家の四女。母親と姉を亡くしているが、当時は幼稚園児ながら死という概念もしっかりと理解できていた。小学生になってからは樹多村光のキャッチボールの相手をしていたこともあり、中学時代の月... 関連ページ:月島 紅葉

星秀学園高等部野球部に所属する男子。連載開始時は千川北小学校5年生。樹多村光とは小学生からの付き合い。右投げ右打ち。小学生の頃にリトルリーグに所属しており、小学5年生ながら100kmを超える速球を投げ... 関連ページ:赤石 修

星秀学園高等部野球部に所属する男子。樹多村光とは千川北小学校時代からの付き合い。右投げ右打ち。小学生の頃の光に、初めて野球を教えた人物。肥満体型でケンカが強かった。光の口車に乗って小学校で野球チームド... 関連ページ:中西 大気

星秀学園高等部野球部に野球留学生として入学した強打者の男子。左投げ左打ちで、ポジションはファースト。長打率が8割を超えるホームランバッターで、走力と守備力にも定評がある超高校級の選手。1軍に所属してい... 関連ページ:東 雄平

東雄平の兄で、八百屋に勤務している。朗らかな性格で、笑顔を絶やさず、無口で無表情な弟とは正反対のタイプ。元高校球児であり、鷲尾実業高校のエースで4番を務めていたプロ注目の選手だった。しかし、3年の夏の... 関連ページ:東 純平

星秀学園高等部野球部に所属する男子。右投げ右打ち。星秀学園中等部野球部時代にはエースで4番を務めていたが、名門校からの声は一切かからなかった。(樹多村光)とは中等部で同級生。ナルシストなお調子者で、「... 関連ページ:千田 圭一郎

星秀学園高等部野球部で監督を務めていた男性。新たに大門秀悟が監督として赴任してからは、二軍であるプレハブ組の監督として、部員たちを見守っていた。野球に関する知識は豊富で、選手を見る目も確か。樹多村光の... 関連ページ:前野 千太郎

志堂英太郎の紹介で、星秀学園高等部野球部の監督に就任した男性。サングラスをかけ、顎ひげを蓄えている。これまで4つの高校を渡り歩き、春夏合わせて8回の甲子園出場を達成。そのうち優勝1回、ベスト4が2回と... 関連ページ:大門 秀悟

加藤校長が病気療養中、星秀学園高等部の校長代理を務めている男性。「黙っていても生徒が集まる時代は終わった」と考えており、独断専行で星秀学園と自分の名を高めようと、野球部を甲子園出場校にすることを目指し... 関連ページ:志堂 英太郎

星秀学園高等部野球部でマネージャーを務める女子。志堂英太郎の娘で、帰国子女。「ミス留学生」に選ばれるほどの美貌を誇るが、マネージャー業務には熱心ではなく、逆に部員をパシリに使うこともしばしば。将来は有... 関連ページ:志堂 理沙

大久保 博子

星秀学園高等部野球部でプレハブ組、後に野球部のマネージャーを務める女子。ふくよかな体型をしており、髪は1つに結んだおさげで、顔の中央にはそばかすがある。あだ名は「デーブ」。部員からぶっきらぼうに命令されても、嫌な顔をせずによく働いており、マネージャーとしての貢献度は高い。実は帰国子女で理事長の孫娘。

大久保博子の祖父。赤石修の実家の酒屋によく訪れる常連客。星秀学園高等部野球部に頻繁に顔を出しており、当初は周りから、ただの酔っ払いの爺さんくらいにしか思われていなかった。ちなみに、その正体は星秀学園高... 関連ページ:大久保 横道

月島青葉や月島若葉らの父親で、月島家の大黒柱。「月島バッティングセンター」と「喫茶クローバー」を経営している。面倒見が良く、お人好しの性格をしている。高校時代は控えだったが、甲子園に出場経験のある高校... 関連ページ:月島 清次

月島 洋子

月島清次の妻で、月島青葉や月島若葉らの母親。若葉が小学2年生の頃に他界している。四姉妹全員の名付け親でもある。月島家には、小さな写真立てに笑顔で写っている写真が飾られている。故人なのでほとんど登場しない。

星秀学園高等部山岳部に所属する男子で、月島家4姉妹の母方のいとこ。父親で登山家の朝見勇にくっついて、世界中あちこち回って育った。「高校生活だけは日本で過ごしたい」という水輝本人の希望で、月島家に居候し... 関連ページ:朝見 水輝

朝見 菊次

月島洋子、朝見勇の父。朝見水輝の父方の祖父で、月島家4姉妹の母方の祖父。カメラが趣味で、幼い頃の樹多村光と月島若葉の写真を何枚も撮っていた。貴重な思い出となる若葉の記録を多く残しており、その写真はアルバムにまとめられている。

朝見 とき枝

月島洋子、朝見勇の母。朝見水輝の父方の祖母で、月島家4姉妹の母方の祖母。

朝見 勇

朝見菊次、朝見とき枝の息子で朝見水輝の父。月島洋子の弟で月島家4姉妹の叔父。世界的な登山家で、中学生までは水輝を連れて世界中を旅していた。東雄平もその存在を知っているほどで、認知度は日本国内より海外の方が高い。

樹多村 健作

コウ(樹多村光)の父親。キタムラスポーツ用品店を経営している。野球が好きで、光が幼い頃に、キャッチボールをしたこともある。その時に光の顔にボールを当ててしまい、それからキャッチボールをすることはなくなった。東京ヤクルトスワローズの大ファンで、東京読売ジャイアンツを嫌っている。

樹多村 君江

コウ(樹多村光)の母親。夫の樹多村健作が経営する「キタムラスポーツ用品店」の手伝いをしている。得意料理は手作りコロッケで、月島青葉からの評判も上々。千田圭一郎の名前を、なぜか「山田くん」と間違えて覚えている。

星秀学園高等部野球部に所属した男子。大門秀悟監督がスカウトした野球留学生の選手。右投げ右打ちで、ポジションはセンター。器用なバッターで、球種を問わず外寄りのコースを得意としており、追い込まれるまでは内... 関連ページ:三木 竜正

星秀学園高等部野球部に所属する男子。右投げ右打ちで、ポジションはサード。樹多村光たちの2年先輩にあたる。星秀学園中等部野球部に所属していた時からサボり癖があり、ろくに練習をしていなかった。そのため、中... 関連ページ:巻原

星秀学園高等部野球部に所属する男子。樹多村光が2年生の時にキャプテンを務めていた。ポジションはレフト。バントを得意とする技巧派だが、反面パワー不足で、2年生になるまでは前野千太郎からも「宮のスイングな... 関連ページ:宮 俊男

加藤

星秀学園の校長を務める男性。眼鏡をかけ、鼻の右下にホクロがある。病気療養のため長期休職して、しばらく志堂英太郎に校長代理を務めさせていたが、志堂の失脚後、復職する。

糸山 徹

星秀学園中等部野球部の監督を務める男性。モミアゲまで達する立派な顎ひげを蓄えている。星秀学園高等部の野球部監督である大門秀悟には頭が上がらず、敬語を使って低姿勢で接している。

竜旺学院高校野球部監督を務める男性。名門野球部の監督として結果を残し続けている名将。春夏2年連続で甲子園に出場、三島敬太郎たちが3年生の時の春の選抜高校野球では優勝を果たす。しかし三島敬太郎の実力を恐... 関連ページ:寺田

竜旺学院高校野球部に所属する男子。右投げ右打ちで、ポジションはサード。樹多村光とは同学年で、東雄平からも顔と名前を覚えられている、超高校級のスラッガー。夏の大会では、竜旺学院で1年生として唯一スタメン... 関連ページ:三島 敬太郎

竜旺学院高校野球部に所属する男子。樹多村光とは同学年。右投げ右打ちで、ポジションはピッチャー。竜旺学院が誇る左右二枚看板の1人。球速140kmを超える直球に加え、まったく同じ腕の振りからさまざまな球種... 関連ページ:及川 卓郎

竜旺学院高校野球部に所属する男子。樹多村光の1学年上。左投げ左打ちで、ポジションはファースト。高校通算50本塁打を放つプロ注目のスラッガー。甲子園のスターなので、竜旺学院内では偉そうにサインをするなど... 関連ページ:志摩野 忠

竜旺学院高校野球部に所属する男子。左投げ左打ちで、ポジションはピッチャー。樹多村光の1学年上のエース。竜旺学院が誇る左右二枚看板の1人。球速140kmを超える直球と、キレ味鋭い変化球が持ち味。中でもス... 関連ページ:松島

野球留学生

『クロスゲーム』に登場する大門秀悟監督の甲子園優勝の実績と、志堂英太郎教頭から供給される奨学金でかき集めた有力選手たち。一軍の中心選手として扱われていたが、大門追放により、特別待遇がカットされ、ほとんどの選手が星秀学園を去ることになる。

ノモ

月島青葉の家で飼われている猫。白黒の模様で首に鈴をつけており、「なー」と鳴く。毎年正月になると、月島家の面々が親戚の家に行くため、その期間だけは野良猫に戻って自由な生活を謳歌している。

アイドルA

『クロスゲーム』に登場する映画作品。原作はあだち充。志堂理沙がヒロインのオーディションに参加。ヒロインの座は逃すが、意地悪なマネージャー役を獲得する。

集団・組織

星秀学園

『クロスゲーム』に登場する中高一貫教育校。樹多村光たちは中等部から通っている。高等部野球部は不良の溜まり場と化していたが、志堂英太郎教頭が、校長の病気療養中に校長代理となって独断で予算を動かし、甲子園... 関連ページ:星秀学園

プレハブ組

『クロスゲーム』に登場する星秀学園高等部野球部の2軍的なグループ。新任の大門秀悟監督が行った選抜テストに落ちた選手、テストを拒否した選手が追いやられる。部室は物置同然の「ふあ~む」と書かれたプレハブ建... 関連ページ:プレハブ組

竜旺学院高校

『クロスゲーム』に登場する野球名門校。星秀学園と同じ地区に所属する。夏の甲子園ベスト8、春の選抜ベスト4など、近年輝かしい成績を残している。上位から下位まで切れ目のない打撃陣に加え、球速140kmを超える左右の本格派投手、及川卓郎と松島を二枚看板として擁し、「全国制覇」を目指している。

千川北小学校

『クロスゲーム』に登場する小学校。コウ(樹多村光)、月島家の姉妹、赤石修、中西大気たちの母校。

都立瀬名高等学校

『クロスゲーム』に登場登場する高校。野球部員12名という無名チーム。星秀学園野球部を退部した三木竜正が3年生時にエースで4番としてチームを牽引し、夏の北東京大会では、因縁の大門秀悟監督率いる黒駒実業高校と初戦でぶつかり、僅差で勝利。次の試合では星秀学園と対戦し、善戦するも敗退する。

黒駒実業高校

『クロスゲーム』に登場する高校。星秀学園を解雇された大門秀悟監督を迎え、同じ手法で有力選手を集めたが、夏の北東京大会では無名の都立瀬名高等学校に初戦敗退の憂き目を見る。

アニメ

クロスゲーム

家がスポーツ用品店の樹多村光と、バッティングセンターで喫茶店を営んでいる月島家の四姉妹はお馴染み。中でも光と一番の仲良しは小学校一のアイドル月島若葉。そんなふたりは小学5年の夏、お祭りに行く約束をして... 関連ページ:クロスゲーム

書誌情報

クロスゲーム 全17巻 小学館〈少年サンデーコミックス〉 完結

第1巻

(2005年1月発行、 978-4091273512)

第2巻

(2006年1月発行、 978-4091273529)

第3巻

(2006年4月発行、 978-4091201300)

第4巻

(2006年6月16日発行、 978-4091204196)

第5巻

(2006年9月15日発行、 978-4091205896)

第6巻

(2007年1月発行、 978-4091206978)

第7巻

(2007年3月発行、 978-4091210203)

第8巻

(2007年6月発行、 978-4091210753)

第9巻

(2007年9月発行、 978-4091211705)

第10巻

(2007年12月発行、 978-4091212306)

第11巻

(2008年2月発行、 978-4091213280)

第12巻

(2008年6月発行、 978-4091214089)

第13巻

(2008年9月発行、 978-4091215376)

第14巻

(2009年3月発行、 978-4091216359)

第15巻

(2009年7月発行、 978-4091216991)

第16巻

(2009年11月発行、 978-4091218841)

第17巻

(2010年4月発行、 978-4091222596)

SHARE
EC
Amazon
logo