グラスホッパー

2004年に出版された伊坂幸太郎による小説が原作の漫画で、2015年に映画化もされた作品。鈴木、鯨、蝉という面識のない3人の登場人物の物語が巧みに交差していくサスペンスアクションストーリー。「コミックチャージ」にて2008年第10号から2009年第3号に掲載された。原作は伊阪幸太郎。

正式名称
グラスホッパー
原作者
伊坂 幸太郎
漫画
ジャンル
サスペンス
レーベル
KADOKAWA CHARGE COMICS(株式会社KADOKAWA)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

第1巻

交通事故で妻を亡くした鈴木は、妻を轢いた男が親の権力によって法で裁かれていないという、衝撃の事実を知ってしまう。妻を殺した男に復讐すべく中学校教諭の職を辞した鈴木は、犯人の父親が経営する非社会的かつ非人道的な、裏社会での仕事を主とする会社、総合商社フロイラインに潜り込む。正社員となった鈴木は、中津比与子とコンビを組み、常習性のある危険な薬物を、美容商品として売り込む業務をする事になった。罪悪感を感じながらも、復讐のために仕事を続けていた鈴木はある日、クロキーちゃんというカップルに営業をかける。ところが、騙されて薬を盛られ眠ってしまった二人を拉致した比与子は、彼らを殺すよう鈴木に命令。その表向きの理由は、フロイラインの正社員になるために、殺人を犯す事も厭わない人物であるかを確かめるためであったが、本当の理由は鈴木の素性を疑っていたフロイライン社長の寺原の疑惑を晴らすための試験であった。そこでクロ達の殺害用の銃を取り出した比与子は、もう一人監視役が来る事を告げる。その男こそ、鈴木の復讐相手である寺原の息子であった。しかし、到着の直前、寺原の息子は鈴木の目前で自動車に轢かれてしまう。寺原の息子を自動車の前に押し出した押し屋の姿を目撃した鈴木は、比与子に言われるがまま、押し屋を追う事になる。同時刻、自殺させ屋であるは、梶政男の依頼により梶の秘書を自殺させるため、事故現場近くのホテルの一室にいた。仕事を終えた鯨は、部屋から寺原の息子の事故を目撃する。その頃、殺し屋であるは、焼き殺されたホームレスの仲間からの依頼で、彼を死に追いやった犯人達のリーダーである少年を殺害していた。その少年の家にあったテレビのニュースで、蝉も寺原の息子の事故を知る。 

第2巻 

押し屋を追った鈴木からの連絡を待つ中津比与子は、総合商社フロイラインから派遣された男と共に、鈴木のアパートを張っていた。その後、男と別れた比与子のもとに鈴木から連絡が入るが、鈴木は自身の居場所も押し屋の居所も言えないと話す。激高する比与子をよそに、鈴木は押し屋の正体を見極めると告げ、電話を切ってしまう。翌日、鈴木は押し屋のあとをつけてたどり着いた一軒家に、家庭教師の営業を装って潜入を試みる。槿と名乗る押し屋の家には、彼の妻と二人の子供が住んでいた。槿が押し屋であるという確証を得ようと画策する鈴木だったが、彼らと話すうち、徐々に槿一家のペースに巻き込まれていく。時を同じくして、梶政男から大柄な黒服の男を殺害してほしいと依頼された岩西は、に男の殺害を命じる。指定されたホテルへ向かっていた蝉だが、途中でフロイラインの拷問屋と遭遇してしまい、戦闘を強いられてしまう。その頃、秘書殺しを隠ぺいするための殺害を依頼していたはずの政男は、ホテルで彼と会っていた。

第3巻 

が遅刻した事で、梶政男によって自殺させられてしまった。ホテルから帰る途中、蝉は情報屋でもあるから、総合商社フロイラインが血眼になって押し屋の居場所を探している事を聞きつける。自分が押し屋を始末すれば、その功績で遅刻の件が帳消しになると考えた蝉は、押し屋の居場所を知ると思われる鈴木を探しに向かう。同じ時、岩西のもとを訪れ、そこで蝉と同じ情報を得ていた鯨は、自身が因縁を持つ押し屋の情報を求めて蝉を追う。その頃、槿の家を出た鈴木は、中津比与子に拉致されたうえ、比与子が連れて来た拷問屋によって押し屋の場所を吐かされそうになってしまう。しかし、鈴木の携帯に槿の息子から電話があり、押し屋の居場所はあっさりと判明。用済みとなった鈴木に拷問屋が迫ったその時、突如現れた蝉に助け出される。鈴木は、蝉もまた押し屋の命を狙っている事を知るが、そこに鯨が現れ、蝉を連れ去ってしまうのだった。ずっとあとを付けていたという槿に助けられた鈴木は、そのまま槿の家に連れて行かれる。ところが、家の場所はすでに比与子に特定されており、フロイラインの社員達が大挙して押し寄せようとしていた。急いで逃げるよう訴える鈴木だったが、槿の家族はまるで信じてくれない。そんな中、遂に社員の突入が始まってしまう。 

登場人物・キャラクター

主人公

真面目で小心者を絵に描いたような元中学校教師。交通事故により最愛の妻を亡くしたことで教師を辞め、妻を轢き殺した男、寺原の息子の父親である寺原が経営する会社に入社した。だが、復讐相手の寺原の息子は鈴木の... 関連ページ:鈴木

自殺専門の殺し屋。隻眼で額に蜘蛛のようなタトゥーの入った全身黒ずくめの大男。何故か彼の目を見た相手は自身の心にある死への思いが増幅され、自殺の道を選んでしまう。いつの頃からか、自殺に追い込んだ人間が目... 関連ページ:

ナイフを扱い戦闘能力も高い殺し屋。身長が低く、若く見られることを気にしている。岩西と組んで殺人の依頼を受けているが、鯨を殺すという依頼を遅刻したため失敗してしまう。失敗を帳消しにできると思い込み、総合... 関連ページ:

鈴木の妻

寺原の息子の運転する車に轢かれ亡くなった。鈴木とは朝食バイキングで知り合い、1ヵ月後に付き合い始め、一年半後に結婚した。明るく負けず嫌いな性格で、なんでもやってみないと気が済まない。「やるしかないじゃない」が口癖。

総合商社フロイラインの営業部所属の女性。鈴木の教育係のようなことをしており、入社1ヵ月になる鈴木の忠誠心を試すため人を撃たせるというとんでもない入社試験を受けさせようとする。だが、そんなとき寺原の息子... 関連ページ:中津 比与子

岩西

蝉と組んで殺人を請け負う業者を経営している。細身でオールバックに無精髭という風貌の中年男。弱小業者であるため依頼の交渉や根回し、金の管理などを一手に引き受けている。ジャック・クリスピンというロック歌手を人生の師と仰ぎ心酔しており、なにかにつけて彼の名言を語る。

アダルト雑誌専門の本屋の女主人。裏稼業として武器屋と情報交換の場も兼ねており、仕入れの多さとメンテナンスの正確さで商売は繁盛している。情報とナイフのメンテナンスを頼みに入り浸る蝉をかわいがっているが、サービスと称して新しい武器のモニターとしても使っていた。

押し屋と思われる男で、妻と2人の息子がいる。決死の思いで潜入してきた鈴木をいとも簡単に受け入れるが、無表情で淡々とした態度をしているためその真意は誰にも見えない。鈴木にトノサマバッタは互いが密集した場... 関連ページ:槿

槿の妻

明るく元気でショートヘアにメガネという、まるで女子大生のような見た目の女性。誰がどう見ても怪しい理由で潜入してきた鈴木に対し、仕事で京都に行く間だけでも子供の面倒を見てくれると助かる、と言ってのける楽天家。

健太郎

槿の長男で小学3年生の男の子。槿家の前で躊躇する鈴木に声をかけ、彼が槿家へと潜入するきっかけを作った。サッカーが好きで部活などには入っていないが、ボール捌きも上手い。「PK」の意味が分からず、鈴木に尋ねていた。

孝太郎

槿の次男で5歳の男の子で、猫のような着ぐるみを着ている。鈴木が潜入した際は風邪を引いて病院に行っていた。昆虫が好きで昆虫シールを収集しており、抽選でコンプリートアルバムが当たる応募ハガキを自分で書いていた。

寺原

総合商社フロイラインの社長。政財界に太いパイプを持っており、常習性のある薬から臓器売買まで、金になることなら何にでも手を出す。ゆえに彼を恨んでいる人物は数が知れないほど。かつては中津比与子を囲っていたが、現在は価値が無いとして距離を置いている。

寺原の息子

父親の威を借るバカ息子。女性やヤクザ関係のトラブルや、訴訟沙汰も数知れず。その度に寺原の権力でねじ伏せてもらっていた。鈴木の妻を轢き殺したことで鈴木に恨まれていたが、押し屋により車に轢かれてしまう。

梶 政男

与党の大物衆議院議員。自身の秘書に不正献金の責任を取る形で自殺をするよう鯨に依頼した。だが、鯨がそのことを外部に漏らすのではないかと怯え、今度は鯨を始末するよう岩西へ依頼する。どこまでも小心者で疑り深いやっかいなタイプの人物。

梶の秘書

梶政男の雇われ議員秘書。妻とまだ成人していない子供がおり、地元の市議選に推薦の話も来ていたが、梶の保身のため不正献金の責任を負わされ鯨に自殺させられた。彼が自殺したホテルの部屋には、家族あての遺書が残されていた。

土佐

拷問の専門家だが、専門は商品開発と営業。背が低く外斜視でスーツを着ている男。路地裏である男を拷問している途中で蝉に出会う。蝉と交戦するも、自身の開発した液状の劇薬に顔を突っ込まれ倒される。

拷問の専門家でナイフの使い手。背が高く長髪でメガネをかけ、帽子を目深に被っている男。路地裏である男を拷問している途中で蝉に出会う。仕込みナイフなどを駆使し蝉と交戦するも、口をナイフで裂かれ倒される。

クロ

キーちゃんの彼氏。黒が好きなためそう呼ばれている。見た目は今時の青年でノリが軽く、口調も知性を感じさせない。鈴木の会社への忠誠心を試す試験の対象者として、中津比与子に拉致されてしまう。

キーちゃん

クロの彼女。黄色が好きなためそう呼ばれている。ギャルらしい見た目と口調で「黄粉」を「キフン」と読んでしまうほど。鈴木の会社への忠誠心を試す試験の対象者として、中津比与子に拉致されてしまう。

集団・組織

総合商社フロイライン

ドイツ語で「令嬢」という意味で、別名「令嬢」とも呼ばれている。社長に寺原を据え、常習性のある薬を美容食品と偽って売りさばいたり、情報や臓器の売買、殺人などを請け負う裏企業。病的に疑り深い会社で、新人に対し入社試験と称して人を殺させるという行為を頻繁に行っている。

その他キーワード

自殺させ屋

自殺専門の殺し屋。「無」である自身の目を凝視させることで、無意識のうちに対象者の心の深淵に潜む死ぬ理由を思い出させる。それにより生きる理由を失った対象者は自ら死を選んでしまう。

押し屋

依頼を受けて、駅のホームや道などで後ろから人を押して死に至らしめる専門の殺し屋。秘密裏に任務を遂行するため、目撃者や情報は極端に少ない。総合商社フロイライン全社員を総動員してもなかなか行方が掴めないほど。

劇団

裏社会の色々な依頼に合わせた人材を派遣する集団。裏の業界での通称で「何でも屋」とも呼ばれている。総合商社フロイラインと揉めており、寺原の息子を車に轢かせたのは劇団ではないかと疑うフロイライン社員もいる。

クレジット

原作

伊坂 幸太郎

書誌情報

グラスホッパー 全3巻 株式会社KADOKAWA〈KADOKAWA CHARGE COMICS〉 完結

第1巻

(2008年10月4日発行、 978-4047250499)

第2巻

(2009年3月5日発行、 978-4047250635)

第3巻

(2009年6月5日発行、 978-4047250666)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo