僕たちがやりました

小さないたずらがきっかけで、ある日突然大量殺人犯となってしまった4人の若い男性たち。彼らの逃避行と、やがてそれぞれが罪に向き合うまでを描いた青春逃亡劇。「ヤングマガジン」'15年第19号から'17年第8号にかけて連載された作品。

正式名称
僕たちがやりました
原作者
金城 宗幸
漫画
ジャンル
サスペンス
レーベル
ヤンマガKCスペシャル(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

世界観

殺人が題材。不良高校の生徒たちに復讐するため、いたずら半分で仕掛けた小さな爆弾により、意図せず大量殺人犯となった4人の若者の苦悩を描く。警察に逮捕されるかもしれない恐怖心から仲間同士の裏切りが発生したり、逆に被害者と加害者の友情が生まれたりと、事件をめぐって、悲しくもリアルで生々しいさまざまな人間関係が繰り広げられる。

作品誕生のいきさつ

本作『僕たちがやりました』は、金城宗幸の当初の構想では、古谷実の『行け!稲中卓球部』のような雰囲気の、増淵トビオ丸山友貴伊佐美翔小坂秀郎が馬鹿なことをして過ごすギャグマンガになる予定だった。しかし荒木光が作画を担当することを踏まえ、荒木光の女性キャラクターが魅力的で、シリアスな作風も合う絵柄を考慮し、セクシーな描写と、不良キャラクターが多数登場する内容にしたいと方向転換。たとえば同じ古谷実の作品であっても『シガテラ』や『ヒミズ』のような、犯罪や暴力を題材にした作品はどうかと考え、本作が誕生した。

あらすじ

高校2年生の増淵トビオは、近隣の不良高校である都立矢波高校の恐怖におびえつつ、友人の丸山友貴伊佐美翔、そしてOBの小坂秀郎の4人と毎日遊んで過ごす、それなりに楽しい日々を送っていた。しかしある日、友貴が矢波高生たちに理不尽な因縁をつけられ、大けがを負わされてしまう。激しく憤った4人は矢波高生たちを懲らしめるため、夜中矢波高校校内に忍び込み、小規模な爆弾を仕掛けるいたずらを決行する。しかしそのうちの1つが爆破時にプロパンガスに引火したことから、死者10人にも及ぶ「矢波高爆破事件」が発生。4人は突如殺人犯になってしまう。

メディアミックス

2017年7月より、フジテレビ系列で本作『僕たちがやりました』が実写ドラマ化された。監督は新城毅彦と瑠東東一郎、脚本は徳永友一が担当し、増淵トビオ役を窪田正孝、小坂秀郎役を今野浩喜、丸山友貴役を葉山奨之、伊佐美翔を間宮祥太朗が演じた。

登場人物・キャラクター

主人公

都立凡下高校に通う2年生の男子。前髪を右寄りの位置で斜めに分けたショートカットヘアをしている。周囲からは主に「トビオ」と呼ばれているが、妹の増淵ハルからは「お兄」、のちの結婚相手である夏っちゃんからは... 関連ページ:増淵 トビオ

増淵トビオ、丸山友貴、伊佐美翔の友人で、20歳の男性。矢波高爆破事件の犯人の1人。都立凡下高校のOBでもあり、トビオらからは「先輩」をひっくり返して「パイセン」と呼ばれている。のちに逮捕され、出所後は... 関連ページ:小坂 秀郎

都立凡下高校に通う2年生の男子。増淵トビオ、小坂秀郎、伊佐美翔の友人で、矢波高爆破事件の犯人の1人でもある。小柄で、眉が見えるように切ったラウンド前髪のマッシュルームカットの髪型をしており、トビオたち... 関連ページ:丸山 友貴

都立凡下高校に通う2年生の男子。増淵トビオ、小坂秀郎、丸山友貴の友人で、矢波高爆破事件の犯人の1人でもある。前髪を真ん中で分けて額を全開にして撫でつけ、肩につかない長さまで伸ばしている。有名人の影響を... 関連ページ:伊佐美 翔

増淵トビオの幼なじみで、都内の女子高に通う2年生の女子。前髪を真ん中で分けて額を全開にし、肩につかない長さで内巻きにした前下がりボブの髪型をしている。明るく知性的で、自分の意見をはっきりと述べる凛とし... 関連ページ:蓮子

伊佐美翔の恋人で、都立凡下高校に通う1年生の女子。前髪を右寄りの位置で斜めに分け、顎の下まで伸ばした金髪ボブヘアの髪型をしている。派手な容姿に加え、あまり頭が良くないことから「遊んでいる」「バカ」と評... 関連ページ:今宵

都立矢波高校に通う2年生の男子。松崎健象とケントとは友人で、蓮子に対しては高校生同士の集まりで知り合って以来、密かに想いを寄せている。額が見えるほど短く切ったショートカットの髪型をしている。色黒。矢波... 関連ページ:市橋 哲人

都立矢波高校に通う男子。市橋哲人とケントとは友人。頭に象のかぶりものをした、筋肉質で色黒な容姿をしている。校内では「矢波高の黒豆男爵」「チョコボール松崎」などと呼ばれている。ある日哲人が無理やり連れて... 関連ページ:松崎 健象

都立矢波高校に通う男子。市橋哲人と松崎健象とは友人。前髪を右寄りの位置で斜めに分けたウルフカットの髪型をしている。出っ歯で目が細く、いつも笑っているように見える。ある日街で矢波高校の生徒の悪口を言って... 関連ページ:ケント

都内の高校に通う男子。前髪を眉上で短く切った癖のあるショートカットヘアをしている。ある日、都立矢波高校の生徒たちに因縁をつけられ拉致された挙句、同じように連れて来られた丸山友貴と無理やり殺し合いをさせ... 関連ページ:水前寺

都立矢波高校に通う男子。前髪を眉上で短く切ったウルフカットの髪型をしている。市橋哲人が矢波高爆破事件によって大けがを負ったのを機に、校内をまとめる哲人のポジションを奪い、自分こそが矢波高校に君臨しよう... 関連ページ:有原

増淵トビオが逃亡生活中に出会ったホームレスの若い男性。「ヤング」は愛称で、本名は不明。前髪を眉上で短く切った、ぼさぼさのウルフカットをしている。身なりは悪いが美形。ある日矢波高爆破事件の容疑をかけられ... 関連ページ:ヤング

増淵トビオの妹。前髪を目の上で切りそろえ、胸まで伸ばしたストレートロングの髪型をしている。トビオにはあまり関心がなく、矢波高爆破事件以来家に帰らず行方不明となったトビオのこともあまり心配していない雰囲... 関連ページ:増淵 ハル

派遣労働者の、32歳の男性。借金を抱える妻子持ちのホームレスで、伸ばしっぱなしのロングヘアにぼろぼろの服のみすぼらしい容姿をしている。ある日、輪島宗十郎の部下から「家族を金銭的に支援する代わりに、矢波... 関連ページ:真良中 幹男

警察で警部補を務める若い男性。前髪を真ん中で分けて額を全開にしたショートカットの髪型をしている。矢波高爆破事件の真相を知っているが、輪島宗十郎の手により事件がもみ消され、真良中幹男が真犯人とされてしま... 関連ページ:飯室 成男

増淵トビオと市橋哲人が入院する病院で働く若い女性。前髪を目の上で切りそろえ、ロングヘアを1つのお団子にして後ろでまとめている。ややぽっちゃりした体型で、鼻が大きい。明るくはきはきとした性格で、怒ると怖... 関連ページ:ミナミ

小坂秀郎と玲夢の父親で、日本の風俗業界の「首領」と呼ばれている中年の男性。早季絵とは愛人関係にあった。前髪を上げて額を全開にして撫でつけ髪にし、顎ひげを伸ばしサングラスをかけた派手な格好をしている。日... 関連ページ:輪島 宗十郎

早季絵

小坂秀郎の母親で故人。輪島宗十郎の13番目の愛人にあたる。前髪を目の上で切り、胸まで伸ばしたロングヘアを1つにまとめている。宗十郎とは20年ほど前に知り合い秀郎をもうけるが、生まれた秀郎の容姿があまりにも悪いという理由で宗十郎と疎遠になってしまう。その後すぐに体調を崩し亡くなった。

輪島宗十郎の息子で、19歳の男性。小坂秀郎の、腹違いの弟でもある。坊主頭に口ひげを生やし、両腕とお腹に大きな刺青を入れている。宗十郎の2番目の愛人の息子として生まれ、秀郎とは違い宗十郎とともに行動して... 関連ページ:玲夢

増淵トビオの恋人で、25歳の女性。明るく美人で胸が大きい。「夏っちゃん」は愛称で、本名は不明。トビオとは矢波高爆破事件の10年後に知り合うため、トビオよりも2歳年下にあたる。前髪を右寄りの位置で斜めに... 関連ページ:夏っちゃん

都内の高校に通う男子。増淵トビオが矢波高爆破事件の10年後に知り合うため、トビオよりも10歳程度年下にあたる。ふんわりとしたショートカットヘアで丸眼鏡をかけた、中性的でかわいらしい容姿をしている。子供... 関連ページ:ワタル

集団・組織

バック・トゥ・ザ・フューチャーズ

ビフプロダクションに所属する女性4人組アイドル。矢波高爆破事件の10年後、ビフプロダクションに勤務することになった増淵トビオがマネージャーを務めている。メンバーは岸本現実(きしもとりあ)、渡辺羅真々(... 関連ページ:バック・トゥ・ザ・フューチャーズ

場所

都立凡下高校

東京都内にある、増淵トビオ、丸山友貴、伊佐美翔、今宵が通う高校。都立矢波高校とは道路一本挟んだ至近距離に位置している。そのため不良だらけの矢波高生たちに目をつけられ、暴力事件などの被害に遭うことが多く... 関連ページ:都立凡下高校

都立矢波高校

東京都内にある市橋哲人、松崎健象、ケント、有原が通う高校。都立凡下高校とは道路一本挟んだ至近距離に位置している。素行の悪い不良だらけの学校として知られており、被害を受けやすい凡下高校の生徒たちはもちろ... 関連ページ:都立矢波高校

イベント・出来事

矢波高爆破事件

都立矢波高校で発生した大規模な爆破事件。ある日の昼休み、校内に多数仕掛けられたプラスチック爆弾が次々に爆発し、そのうちの1つがプロパンガスに引火したことで、死者10人を出す大事件となった。一時はテロと... 関連ページ:矢波高爆破事件

クレジット

原作

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo