コロリころげた木の根っ子

コロリころげた木の根っ子

作家である暴力的な夫と、ひたすら受け身の妻の奇妙な関係を、編集者からの視点から読み解いていくブラックコメディ短編。

概要

出版社の若手社員西村は、作家大和の原稿取りの仕事を任される。しかし、出会ってみると大和は妻に対して非常に暴力的な男で、大和の妻はひたすら受け身なのだった。編集者の視点から、作家夫婦の奇妙な関係を読み解くブラックコメディ短編。タイトルとストーリーは北原白秋作詞の童謡『待ちぼうけ』の歌詞がヒントになっている。

登場人物・キャラクター

主人公

男。文芸公論社の若い社員で、作家の大和からの原稿取りを任される。原稿を受け取るだけの仕事と思っていたが、大和の原稿が全く進んでいなかったため、予想外に付きっきりの仕事となる。大和と対面し、妻に対するあ... 関連ページ:西村

小説家。外面はいいが、妻に対しての態度は非常に厳しい。家庭のすべてを妻に任せているといいつつ、不始末の責任を全て押しつけ、教育と称して横柄で暴力的な振る舞いを繰り返している。にもかかわらずお互いに愛し... 関連ページ:大和

小説家の大和の妻。家庭内の一切の責任を大和から任されているが、不始末をする度に大和から暴力と叱責を受けている。言い訳は一切せず、ただひたすらに黙って暴力を受け入れている。しかし、大和本人は気付いていな... 関連ページ:大和の妻

場所

コロリころげた木の根っ子

大和が構想して書き始めた小説。自分は手を下さずに、相手が罠に掛かるのをひたすら待ち続ける、徹底的に受け身の人間が主人公の物語。 関連ページ:コロリころげた木の根っ子

SHARE
EC
Amazon
logo