サトラレ

サトラレ

心で思ったことを、自然に周囲に発信してしまう奇病・サトラレと、サトラレを患う人々を守る組織の奮闘を描く。多く存在するサトラレからひとりにスポットを当てた、オムニバス的構成が特徴。佐藤マコトの代表作品。

正式名称
サトラレ
作者
ジャンル
SF一般
レーベル
モーニングKC(講談社) / イブニングKC(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

心の中で思ったことが、思念波となって周囲の人々に筒抜けになってしまう奇病・サトラレ。この病を患った人は例外なく天賦の才を備えている。だが、心が無防備に晒されることは耐えがたいストレスをもたらし、自分がサトラレであることを知った者は精神崩壊に至ってしまう。それを避けるため、日本では「サトラレの思念波に対して見て見ぬふりをする」という、サトラレ保護法が成立。

また、サトラレの身辺を警護し、事実の漏洩を未然に防ぐサトラレ対策委員会が設置された。数奇な運命を背負ったサトラレたちと、彼らを守るために尽力する人々の活動の記録。

登場人物・キャラクター

主人公

ビン底眼鏡がトレードマークの、うだつの上がらない風貌をした大学院生だが、IQ200以上という天才的な頭脳をもつサトラレたちのなかでもトップクラスの知能を持つ。後に核融合発電の理論を完成させた。また、幸... 関連ページ:西山 幸夫

サトラレであることを本人に認識させないように、サトラレたちを陰日向からフォローするサトラレ対策委員会警護班のメンバー。西山幸夫の警護を担当する。小松洋子が「彼の好みのタイプとは合致せず、友情だけを育め... 関連ページ:小松 洋子

人類屈指の優秀な頭脳をもつサトラレ・西山幸夫と、彼の警護担当である小松洋子の間に出来た一人娘。サトラレの親を持つ子供は高確率でサトラレを遺伝するため、光もサトラレを患って誕生した。その思念波の力は父親... 関連ページ:西山 光

日本で確認された最初のサトラレ発症患者で、自身の考えが周囲に漏れ伝わっていることを知っている。サトラレ対策委員会委員長の国光ひろみが大学生の頃、一学年先輩として同じ大学に通い、また同じアパートに住んで... 関連ページ:椎名 由紀

サトラレ対策委員会での小松洋子の上司で、委員長を務める。声を荒らげることのない物静かな老人で、長年サトラレに関わって来たことから、彼らの様々な悲しみや苦悩を熟知。大学生の頃、同じアパートに住んでいたサ... 関連ページ:国光 ひろみ

サトラレの子供を育てるために作られた「サトラレの里」で育った少年。里見健一と接触したことにより、自身がサトラレであることを知ってしまう(このとき里見健一のほうは自分がサトラレであると認識せずに済んだ)... 関連ページ:木村 浩

幼少の頃、高熱を出した際に祖母の必死の行動で一命を取り留めたことから、命を助ける臨床医を志すようになる。サトラレであるため非常に優秀で、臨床医としての能力は山田一郎も瞠目するほど天才的だが、思念波です... 関連ページ:里見 健一

天才的な技術を持つ脳神経外科医。サトラレ研究の第一人者でもあるが、その研究動機はサトラレを嫌悪し、この世からサトラレを一掃することにある。サトラレを人間として見ておらず、研究のためならどんな非道徳的手... 関連ページ:山田 一郎

サトラレ保護法が成立した後、初めて誕生した女性のサトラレ。プロ棋士を目指しており、将棋の腕前は名人が舌を巻くほどだったが、心中を明かしてしまうサトラレには限界があり、三段で引退する。その後は、環境汚染... 関連ページ:片桐 りん

日本で確認された2番目のサトラレで、自分がサトラレであることを認識している。サトラレがあまり認知されていなかった時代に青春期を過ごし、周囲からの嘲りをまともに浴びせられてきた。そのため、強い心的外傷が... 関連ページ:白木 重文

日本で確認された3番目のサトラレで、自分がサトラレであることには気づいていない。サトラレ保護法によって上手く保護された最初の成功例。航空宇宙技術の第一人者として、ロケットの開発などに携わっていたが、あ... 関連ページ:星野 勝美

集団・組織

サトラレ対策委員会

『サトラレ』に登場する組織。サトラレの日常を守るために編成された組織で、国光ひろみが委員長を務める。サトラレの周囲にそれとなく人員を配置し、露見しそうな事態に先回りして対応するのが任務。サトラレの保護... 関連ページ:サトラレ対策委員会

その他キーワード

サトラレ

『サトラレ』に登場する設定。正式には「先天性R型脳梁変性症」という一種の病気で、患うとあらゆる思考が思念波となって勝手に周囲に放出(悟られる)されてしまう。発症率は一千万人に一人の割合。その代償として... 関連ページ:サトラレ

サトラレノイローゼ

『サトラレ』に登場する用語。サトラレが一般的に認知された後、サトラレではない人物が、自分がサトラレであると錯覚してしまうという、一種の精神疾患。自称サトラレとも言い、潜在的には国内で5万人程度が患って... 関連ページ:サトラレノイローゼ

SHARE
EC
Amazon
logo