サリーナ

サリーナ

古代ローマ格闘暗獄譚SIN(漫画)の作品登場人物。

登場作品
古代ローマ格闘暗獄譚SIN(漫画)
正式名称
サリーナ
ふりがな
さりーな
関連商品
Amazon 楽天

概要

アテナイを治める総督・ロガトスの娘。実の母親とは死別しており、ベルマは継母にあたる。またレクシウスを兄と呼び慕っているが、許嫁であり、いずれ婚約する定めにあった。神尾心(シン)の試合を見た際に、彼から好きな数字を聞かれて答えたが、その数字が対戦相手の骨を折る数だと知り、恐怖を抱く。その後はレクシウスとの婚約が決まり、その日を心待ちにしていたが、シンによって貞操を汚される。

その事実を知ったレクシウスが自分のために戦うことを知り、コロッセウムに赴くが、本当の目的は応援ではなくシンを殺害するためであった。ナイフを片手に、試合前のシンを狙ったものの計画は失敗。だが、その際に彼の心の奥底にある悩みを知り、恨みつつも愛情にも似た感情を抱く。

登場作品

古代ローマ格闘暗獄譚SIN

古代ローマ時代に召喚された日本の受刑者たちの戦いを描いた格闘漫画『ヴィルトゥス』の続編。新たな主人公である神尾心を中心に、前作のその後を描いている。「月刊!スピリッツ」2009年10月号から2011年... 関連ページ:古代ローマ格闘暗獄譚SIN

SHARE
EC
Amazon
logo