シマシマ

アロマハウスグリーンを経営する箒木しおは、離婚をきっかけに不眠症に悩まされ、同じ苦しみを抱く女性のために添い寝屋ストライプ・シープと言う裏稼業を始める。そのスタッフの青年と織りなす恋模様を描いたラブ・ストーリー。

  • シマシマ
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
シマシマ
作者
ジャンル
恋愛一般
レーベル
モーニングKC(講談社)

総合スレッド

シマシマ(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

珠蕗 響(シマシマ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36
ふたば(シマシマ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36

新着関連スレッドもっとみる

概要

アロマテラピストである主人公シオは、ある日不意に出て行ってしまった夫響への未練や孤独、様々なプレッシャーから不眠症に罹ってしまう。そんな不安な夜に添い寝してくれた夫の弟ガイのお陰で、実にひと月ぶりに快眠出来たシオは、添い寝屋ストライプ・シープと言う秘密のサイド・ビジネスを始める。

そのスタッフには4人の青年が選ばれ、そのうちの2人とシオとが微妙な三角関係を繰り広げる。

登場人物・キャラクター

主人公
アロマテラピストであり自分のエステサロンを経営する女性。ある日突然夫の響が出て行ってしまい、その未練や孤独、夫婦で開いた店のローンの支払い、マンションの家賃などのプレッシャーから不眠症に罹ってしまう。...
主人公シオの元夫響の実の弟。響が出て行った後にパニックとなったシオを慰め、添い寝してあげたことがきっかけで添い寝屋ストライプ・シープは発足した。仔犬のように人懐っこく無邪気な反面、様々な問題や自分自身...
添い寝屋ストライプ・シープのスタッフの一人。かつて主人公シオが夫の響と何度か訪れたことのある和風ダイニングキッチンふたばの店員だったのを、シオ自らスタッフとしてスカウトした。スタッフの中でもリーダー的...
ガイの大学の友人で同じオセロ研究会所属。添い寝屋ストライプ・シープのためにガイがシオに紹介してスタッフの一員となった。ファッションに興味がありカラーコーディネートを少しかじっている、お洒落が好きな長髪...
添い寝屋ストライプ・シープのスタッフの一人で、ガイたちと同じ大学生。読書が趣味で脚本家を目指している。真面目で無口で添い寝屋には向いてなさそうに見えて、彼は一番クレームが少ない。自分の感情に無関心な所...
主人公シオのアロマハウスグリーンの常連客。都内30店舗の花屋のオーナー。シオと共同経営者として店を大きくしないか、と持ちかけ、自ビルのワンフロアを使った倍のスペースで、グリーンの新規開店に漕ぎ着ける。...
主人公シオの元夫。ある日突然シオの元から消え、片田舎の港町で女のヒモのような生活をしていた。雑誌や新聞に文章を書いて僅かな収入としている。弟のガイをして「どうしてこんないい加減な人とシオは結婚したのか...
主人公シオの経営する、アロマハウスグリーンの設立当初からの従業員。明るく気さくで天真爛漫。面食いなのが玉に瑕。シオとは経営者と従業員というより仲の良い親友である。シオの事情を心得ており、恋愛相談も気軽...
添い寝屋ストライプ・シープのクライアントの1人でアートディレクター。元恋人がストーカーとなってしまい背後から刺される、という事件に合っている。多忙な仕事とその経験から不眠症になり、添い寝屋のスタッフの...
添い寝屋ストライプ・シープのクライアントである菖子の元でアルバイトをしたことで、リンダや主人公のシオ、他のスタッフなどと顔見知りとなる女性。将来、何をしたいかが見つからず、様々なアルバイトを渡り歩いて...
添い寝屋ストライプ・シープのクライアントの1人で女医。患者相手に1日中気を張っているストレスのせいで不眠症となる。キツい性格でズバズバものを言う。自身のことは余り語らないが、スタッフの一人マシュが脚本...
添い寝屋ストライプ・シープのクライアントの1人でAV女優。その仕事の後ろめたさ、引け目から、卑屈になっている。スタッフの一人ランに本気で恋をしてしまい、主人公のシオに「指名はお断りしている」と言われて...

場所

主人公シオが、自分と同じように不眠症に悩む女性に「極上の眠りを提供する」ために立ち上げたビジネス。ホームページにアクセスしてメールを送ると、管理者のシオがクライアントと連絡を取って面接の上、スタッフを...
主人公シオが経営・施術するアロマテラピーのエステサロン。シオの夢を叶えるため、元夫の響と共に経営を開始したが、響の失踪後はシオ一人が従業員の富士撫子と共に切り盛りしていた。物語の後半では常連客の白金は...
添い寝屋のスタッフの一人、ランの父親が経営する和風ダイニングキッチン。主人公のシオが元夫の響と何度か行ったことがあり、彼女がランを見出した場所でもある。添い寝屋のスタッフたちやクライアントや彼らの友人...