ジャイアント葉場

愛しのボッチャー(漫画)の登場人物。読みは「じゃいあんとはば」。別称、葉場。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
愛しのボッチャー(漫画)
正式名称
ジャイアント葉場
ふりがな
じゃいあんとはば
別称
葉場
別称
正助

総合スレッド

ジャイアント葉場(愛しのボッチャー)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

概要

本名は葉場正助。家族として、顔がよく似た年老いた母親と、玉次郎(たまじろう)という可愛らしい赤ちゃん、他に自分によく似た顔の息子が3人と娘が1人いる。妻は春になると決まって蒸発すると、葉場本人が語っている。ボッチャーにとって宿命のライバルである、日本プロレス界の大エース。

日本ではボッチャーによくやられる人のいいウスノロのイメージが強いが、アメリカで修行していた頃は「東洋一の大悪党」と呼ばれる悪役レスラーだった。趣味は油絵を描くこと。プロレス界きっての読書家でもあるが、少女漫画に激しく入れ込んでしまう一面もある。性格は比較的マジメな方で、リングを降りるとよくボッチャーのイタズラにひっかかる。

実在の人物ジャイアント馬場がモデル。

登場作品

ボッチャーはスキンヘッドで額が傷だらけの巨漢悪役プロレスラー。そのマネージャーはバニーガールの美女で、いつもボッチャーに振り回されている。そんな彼も、追っかけの女子高生には、やや手を焼いている。そして...