ジュリエットの卵

ジュリエットの卵

愛し合っていた双子の兄妹・飴屋水と飴屋螢が、様々な人との出会いの中で次第に変化していく様子を描いた漫画。

正式名称
ジュリエットの卵
作者
ジャンル
恋愛一般
レーベル
小学館文庫(小学館)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

染色を学ぶ女子大生飴屋螢は、双子の兄ミナト(飴屋水)と相思相愛の仲。同じ名前の母・飴屋螢に故郷の金沢から離れた千葉の大学に進学させられ、地元に残る兄とは離れ離れになった。兄を想って涙をこぼす日々だったが、アパートの隣に住む下田游一との出会いを通じて、生きることの確かさに触れるようになる。

一方、兄・ミナト(飴屋水)は母に溺愛されて金沢を離れられない。女性達と遊びながらも妹飴屋螢を想い続ける彼は、ついに千葉に向かう。

登場人物・キャラクター

主人公

初登場時19歳。ウェーブのかかった長い髪の女子。金沢出身。千葉の東京美術大学染色科の学生。友人の中嶋小夏からは「度外れた美人」と言われるほど美しい容貌をしている。双子の兄ミナト(飴屋水)を「恋人」と呼... 関連ページ:飴屋 螢

飴屋螢の双子の兄。口が悪く厚かましくわがままな性格だが、女手一つで育てられた母・飴屋螢には頭が上がらない。飴屋螢は二卵性だから似ていないというが、彼女同様異性を惹きつける端正な顔立ちをしている。幼い頃... 関連ページ:飴屋 水

飴屋 螢【母】

飴屋螢、飴屋水の母。ショートヘアーの女性。金沢でブティックを営み、女手一つで双子の兄妹を育てた。娘に自分と同じ名前をつけたが、兄ミナト(飴屋水)ばかりに手をかけて育てる。のちに精神に異常を来し始める。東京出身。

長めの黒髪を後ろで結んだ男性。相手の話を流さずにじっと聞くタイプ。口数が少なく、電話が苦手。東京美術大学彫刻科の学生。飼い犬の日の丸が縁でアパートの隣の部屋に住む飴屋螢と知り合う。以来飴屋螢の話し相手... 関連ページ:下田 游一

苫子

前髪を切り揃えた女子。東京美術大学の学生。東京美術大学彫刻科の学生。彫刻科のアイドルと言われている。下田游一に思いを寄せているが、彼の口数が少ないため、いつも一方的に話すような形になっている。飴屋螢の出現に気をもんでいる。

迎 夜貴子

短いソバージュヘアーの女子。東京美術大学の学生。飴屋螢の友人。手専門のモデル(手タレ)をしている。妻子あるCMディレクターの菊池と付き合っており、モデルを探していた彼に飴屋螢を紹介する。

菊池

丸眼鏡をかけた業界風の男性。CMディレクター。妻子があるが、迎夜貴子と付き合っている。彼女に紹介された飴屋螢をモデルに起用し、同時に気に入って食事に誘うようになる。のちに彼女のマネジメントを妻の是方鳴呼に任せる。

中嶋 小夏

短髪の女子。見た目も口調も男っぽく、一人称は「俺」。東京美術大学の学生で飴屋螢の友人。常にポケットにカッターを忍ばせている。偶然会ったミナト(飴屋水)に好意を持つが、自分を男だと思っていた彼には、しばらく中嶋冬太(兄の名前)と名乗り、また飴屋螢の友人だということは伏せて付き合い続けた。

中嶋 冬太

中嶋小夏の兄。体格の良い男性で、本編では顔は出てこない。中嶋小夏にとっては煙たい存在。職業は「国家権力の手先」だという。のちに葦田宮城と文通をするようになる。

葦田 宮城

平安時代の女官のような顔で丁寧な言葉遣いの女性。ミナト(飴屋水)の恋人と名乗って飴屋螢の元に現れる。

是方 鳴呼

ボブヘアーの女性。モデルクラブラップのマネージャー。夫菊池から紹介された飴屋螢を担当し、彼女をモデルとして鍛え、売れっ子に育てる。飴屋螢には「自分のために綺麗になりなさい」と言い聞かせる。

妙子

ウェーブのかかった長い髪の女性。歯に衣着せない言葉遣いをする。福岡で美術の教師をしている。下田游一の恩師であり、彼の想い人。重病で片方の乳房を失ったが、その姿を下田游一にスケッチさせた。飴屋螢に会う目的で上京するが、その晩をミナト(飴屋水)と共に過ごす。

日月

染めた短髪にサングラスをかけた男性。双子の兄弟の陸海(むつみ)と風貌も行動も瓜二つ。陸海と一緒に苫子に愛を告白する。

日の丸

『ジュリエットの卵』に登場する犬。耳が立って顔にブチがある。下田游一の飼い犬。下田游一と飴屋螢の会話を聞いて、その内容によって笑ったり照れたりと表情を変える。

書誌情報

ジュリエットの卵 全3巻 小学館〈小学館文庫〉 完結

第1巻

(2001年2月発行、 978-4091913913)

第2巻

(2001年2月発行、 978-4091913920)

第3巻

(2001年3月発行、 978-4091913937)

SHARE
EC
Amazon
logo