スキャンダル・ムーンは夜の夢

スキャンダル・ムーンは夜の夢

ヴェネチアの元首ヴァレンチーノは女性ながら男性のふりをして元首をしている。ヴェネチアのことを第一に行動しながらも、怪しい人々が取りまくなか、愛する人が幸せになるために行動する。歴史ロマン短編。

正式名称
スキャンダル・ムーンは夜の夢
作者
ジャンル
歴史もの一般
レーベル
竹書房文庫(竹書房)
関連商品
Amazon 楽天

概要

ヴェネチアの元首ヴァレンチーノは、女性ながら男性のふりをして元首をしている。ある日、町で事故にあった青年パオロを拾い、元首付き楽士として身近におくことに。しかし、彼が「ヴェネチアのばら」と呼ばれるロマンツァを見たことが事故の原因と知ると、笑いながら彼をロマンツァのもとへ連れて行くのだった。

登場人物・キャラクター

ヴァレンチーノ

本名はヴァレンチーナという女性だが、男装し、男性名ヴァレンチーノと呼ばせている。ヴェネチアの元首。ヴェネチアの不利になることは死んでもしたくないと思っている。冷静沈着。ロマンツァが家のために身を売るとき、救えなかったことを密かに悔やんでいた。

パオロ

馬車にひかれたところをヴァレンチーノに助けてもらい、彼女付きの楽士兼画家マーカントニオの弟子になる。絵が得意でパドヴァの画家ルッキオ親方の工房で修行していたが、訳あってヴェネチアへ。マリア像にそっくりなロマンツァに恋する。

ロマンツァ・カナーレ

金貸し商人ロヴェルティに囲われている女性。「ヴェネチアのばら」という異名を持つ。

ロヴェルティ

金貸し商人。親子ほど年の離れているロマンツァを愛し、囲っている。

マーカントニオ

ヴァレンチーノと行動をともにしている絵師。高級娼婦ラウラを聖母マリアのモデルに起用した。パオロを弟子にする。

ラウラ

聖母マリアの絵のモデルに起用された高級娼婦。市民にとっては高嶺の花。

アエリア・ラエリア・クリスピス

医者で錬金術師。ヴァレンチーノにパウロの手当をするように言われる。

ジョルジュ・ファリエーロ

ヴェネチアの傭兵隊長。ヴァレンチーノに惚れているといいながら、トルコに雇われて彼女を殺そうとする。

場所

ヴェネチア

商取引で賑わう街。異国の商人も多く訪れる。言語は、イタリア語。

SHARE
EC
Amazon
logo