スターオーシャン ブルースフィア

スターオーシャン ブルースフィア

ゲームボーイ用ソフト『スターオーシャン ブルースフィア』のコミカライズ作品。『スターオーシャン』シリーズの第3作目にあたり、東まゆみの『スターオーシャン セカンドストーリー』の実質的な続編となっている。前作から2年後の世界を舞台に展開される、プリシス・F・ノイマンの新たな冒険を描いたスペースファンタジー。米山シヲが水城葵名義で執筆した作品で、「月刊少年ガンガン」2002年3月号から2005年4月号にかけて連載された。

正式名称
スターオーシャン ブルースフィア
作者
ジャンル
ファンタジー
レーベル
ガンガンコミックス(エニックス)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

宇宙歴366年、プリシス・F・ノイマンらは、全宇宙を破滅へ導こうと企んだ十賢者たちを滅ぼし、地球を救うことに成功した。目的を達成した英雄たちはその後、それぞれの生活へと戻っていった。それから2年後、プリシスのもとに、かつての仲間であったオペラ・ベクトラエルネスト・レヴィードから助けを求める通信が入る。

焦ったプリシスは仲間の一大事だと、現在、軍で別の任務に就いているクロード・C・ケニーレナ・ランフォード、子供が生まれたばかりのポーマン・ジーンの3人を除いた英雄たちをすべて集め、通信の発信源と思われる惑星エディフィスへ向かう。一方、クロードとレナが軍より命じられていた任務は、アクマと呼ばれる人物の解明であり、彼らが向かった先は奇しくもプリシスらと同じ惑星エディフィスであった。

こうしてプリシスらかつての英雄たちは、惑星エディフィスを包む不穏な空気に飲みこまれていくこととなる。

登場人物・キャラクター

プリシス・F・ノイマン

とにかく明るく前向きな少女。かつて地球を救った英雄の1人。2年後の現在は発明を極めるため、最先端の学問を学びに地球へと留学している。地球では同じく留学中のレオン・D・S・ゲーステとレナ・ランフォードの3人でルームシェアをしている。クロード・C・ケニーに想いを寄せ、一時は諦めたものの、現在は再び熱烈なアプローチを繰り返している。 軍の任務でクロードと行動をともにすることの多いレナに、嫉妬をしているものの、関係が悪いわけではない。一方でアシュトン・アンカースから恋心を寄せられているが、プリシス・F・ノイマン自身は、彼の気持ちに気づいていない。

レオン・D・S・ゲーステ

惑星エクスペル出身の14歳の少年。かつて地球を救った英雄の1人。12歳で紋章術を用いた兵器開発を任されたほどの天才。現在は最先端の学問を学ぶために、地球へ留学している。地球では同じく留学中のプリシス・F・ノイマンとレナ・ランフォードの3人でルームシェアをしている。基本的に器用で、何でもできるが、料理は壊滅的に下手。 クールな性格だが、パワフルなプリシスに振り回されている。

レナ・ランフォード

惑星エクスペル出身の心優しい穏やかな少女。かつて地球を救った英雄の1人。現在はクロード・C・ケニーの勧めもあり、最先端の学問を学ぶために、地球へ留学している。また医学を志し、軍医の見習いとして働いている。地球では同じく留学中のプリシス・F・ノイマンとレオン・D・S・ゲーステの3人でルームシェアをしている。 家事や料理が得意で、プリシスとレオンは頼り切りである。軍に所属するクロードと行動をともにする機会が多く、プリシスに嫉妬されているが、関係は悪くない。軍からアクマの正体を探る任務を受け、クロードとともに惑星エディフィスへと向かう。

アシュトン・アンカース

惑星エクスペルに住む青年剣士。背中には2匹の小型の龍が寄生している。かつて地球を救った英雄の1人。他人と自分の間に壁を作る性格ではあるものの、セリーヌ・ジュレスには気軽に胸の内を明かしている。前回の戦いの後もエクスペルに残り、剣術の修行に明け暮れていた。一方、プリシス・F・ノイマンに密かな恋心を寄せており、彼女が地球へと留学してしまった際には、寂しさのあまり寝込んでしまったほど。 奥手であるため、セリーヌの後押しを受けてはいるものの、プリシスとの関係はなかなか進展していない。料理を得意としており、セリーヌにプロ級と評されている。

クロード・C・ケニー

かつて地球を救った英雄の1人。責任感が強く真っ直ぐな性格の青年。現在は若き銀河連邦少尉として任に就いている。軍医を志すレナ・ランフォードと行動をともにする機会が多い。軍からのアクマの正体を探る任務を受け、レナとともに惑星エディフィスへと向かう。

ディアス・フラック

惑星エクスペルに住む青年剣士。かつて地球を救った英雄の1人。能力が高く、周囲からは最強剣士として恐れられている。家族を惨殺された過去により、人に心を開くことができなくなっていた。地球を守るため仲間たちと力をあわせて戦った経験から、少しずつ自分の胸の内を打ち明けられるようになっている。

セリーヌ・ジュレス

紋章術の扱いに長けた女性。かつて地球を救った英雄の1人。いつも派手な衣装を身に着けており、現在、エクスペルでカリスマ紋章術師として注目を集めている。仲間との絆は固いが、中でも特にアシュトン・アンカースと仲が良い。また、プリシス・F・ノイマンとは2年ぶりの再会時に、「ガサツそうになったわね」などと軽口をたたき合う仲である。 プリシスとアシュトンを恋人同士にしようと、何かと画策する。

エルネスト・レヴィード

考古学者の青年。かつて地球を救った英雄の1人。好奇心旺盛な性格で、自分の興味を抱いたものを解明するためには危険を顧みない。惑星エディフィスという星に興味を抱き、オペラ・ベクトラとともに行動をしていた。ところが、乗っていた宇宙船が墜落しそうになったため、プリシス・F・ノイマンに通信で助けを求めた。

ポーマン・ジーン

惑星エクスペルに住む男性。かつて地球を救った英雄の1人。現在は薬剤師として働いている。妻との間に娘が生まれたばかり。プリシス・F・ノイマンらの惑星エディフィス行きには同行しなかったものの、通信で薬剤の知識を提供している。

オペラ・ベクトラ

落ち着いた雰囲気の女性。かつて地球を救った英雄の1人。大貴族の令嬢であり、言動にその端々がうかがえる。「エルネスト・レヴィードさえいれば他は何もいらない」と言い切るほどに彼を愛しており、エルネストが研究のために惑星エディフィスに向かう際にも同行した。しかし宇宙船が墜落しそうになり、プリシス・F・ノイマンに通信で助けを求めた。

ラドル

惑星エディフィスで行商人として暮らす23歳の男性。自らトレジャーハントしたレアなお宝を販売しているが、取り扱っている商品にはおかしなものが多い。明るく軽い性格であり、何か情報を話す時には、対価として金銭を要求するなど守銭奴である。プリシス・F・ノイマンらに、宇宙船が墜落して困っていると思われるオペラ・ベクトラとエルネスト・レヴィードが、滞在していそうな都市を教えた。

アクマ

文明のある惑星を繰り返し潰している謎の人物。数千年の時を経て生きているとされるが、その正体はまったく不明。そのため、クロード・C・ケニーとレナ・ランフォードの2人に、正体を探る任務が与えられた。アクマの痕跡を示す最後の信号は惑星エディフィスから送られており、奇しくもプリシス・F・ノイマンらの目的地と一緒であった。

場所

惑星エディフィス

未開発惑星に登録されている星。これまで特別な動きが報告されていなかった星であり、プリシス・F・ノイマンらもその存在を知らなかった。オペラ・ベクトラとエルネスト・レヴィードの宇宙船が墜落した星であり、同時にアクマの信号が最後に捉えられた星でもある。

その他キーワード

紋章術

「紋章」と呼ばれる幾何学模様を何らかの媒体に書き込み、精神力を注ぎ込んで効果を発動させる術。高度な紋章であるほど模様は複雑になり、さらに強い精神力が必要となる。紋章術を巧みに操る人物は「紋章術師」と呼ばれている。

SHARE
EC
Amazon
logo