勇者たち

勇者たち

様々な姿かたちをした異種族の勇者達一行が、「暗黒」を倒して平和を手に入れたところから始まるファンタジー。帰路につく勇者一行に不和が生じ、仲間の一人が「暗黒」として再臨するループ構造になっているのが特徴。小学館「マンガワン」2018年8月15日~10月3日配信。ただし、第1話の初出は、小学館ビッグコミックスピリッツ増刊「ヒバナ」2015年4月号付録小冊子、第2話は、同・2016年4月号付録小冊子である。

正式名称
勇者たち
ふりがな
ゆうしゃたち
作者
ジャンル
モンスター・異生物
 
ファンタジー
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

勇者達は、瘴気の森でトン助を倒した。トン助は彼らの仲間だったが、「暗黒」に魅入られて体を乗っ取られていたのだ。トン助は元の姿に戻るが、その生命は失われた。こうして「暗黒」は滅んだ。ゆめちゃんをはじめとする勇者達は、トン助の亡骸を土に埋めた。「さあ、帰ろう」というゆめちゃんの言葉に、ハエの王が異論を挟む。ハエの王は「暗黒」によって故郷を焼き尽くされていたため、帰る場所がないのだ。やがて、ハエの王が帰る家について皆が話し始めるが、誰一人彼と一緒に住もうという者はいなかった。自分が汚くて臭い事を自覚するハエの王は、皆と別行動を取る事を決意するが、なぜか、第三者である三杯酢がそれを許さない。三杯酢は「最も不幸で不細工でみじめなハエの王に優しくすべきだ」と主張しはじめた。その言葉に怒ったハエの王は、三杯酢と喧嘩を始め、勢い余って彼を殺してしまう。一瞬、皆が凍りつくが「三杯酢が悪かったので仕方ない」と納得し、その場は丸く収まった。その夜。森で野宿する勇者達の中、ハエの王は一人眠れず、ランプを手に皆の元を去った。しばらく歩くと、どこからかハエの王を呼ぶ声が聞こえる。声を頼りに行き着いた先は、トン助を埋葬した場所だった。

SHARE
EC
Amazon
logo