セロ弾きのゴーシュ

街の活動写真館の楽団、金星音楽団でチェロを弾いていたゴーシュは、うまく演奏ができず楽長にいつも叱責されていた。そんなある日、動物がやってきてゴーシュに演奏の依頼をする。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
セロ弾きのゴーシュ
作者
原作
ジャンル
音楽一般

総合スレッド

セロ弾きのゴーシュ(漫画)の総合スレッド
2016.08.04 14:47

新着関連スレッド

野鼠の親子(セロ弾きのゴーシュ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.08.04 14:46
狸(セロ弾きのゴーシュ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.08.04 14:46

新着関連スレッドもっとみる

概要

ゴーシュは町の活動写真館の楽団、金星音楽団でチェロ弾きをしていたがうまく演奏ができず楽長にいつも叱責されていた。悔しく思ったゴーシュは毎日明け方まで練習をすることに。そこで毎日のように様々な動物が訪問してきてはゴーシュに演奏してほしいと注文をするようになる。ゴーシュは動物たちから大切な何かを学んでいく。

登場人物・キャラクター

主人公
町の活動写真館の楽団金星音楽団に所属しチェロ弾きをしている。うまく演奏ができずいつも楽長に叱責されている。毎日明け方まで練習をする。訪問してくる動物たちから大切な何かを学んでいく。
金星音楽団の楽長を務める。技能の劣る演奏者に対しては、時に手厳しく批判をすることがある。特にゴーシュには強く叱責することがある。実力主義者。
ゴーシュの家に最初に訪問してくる動物。ゴーシュの音楽を聴かないと眠れないという理由で演奏を依頼してくる。手土産にゴーシュの畑からまだ赤くなっていないトマトを持ってくる。
カッコウの鳴き声の音階がよくわからないのでドレミファを教えてほしいとゴーシュの家に訪問してくる。プライドが傷ついたゴーシュに朝食にしてしまうぞと脅されひどい思いをする。
小太鼓係。父親にゴーシュのチェロに小太鼓を合わせてもらいなさいと言われ訪問してくる。ゴーシュと一緒に演奏することによって大事なヒントを導いてくれる。
野鼠の母親が子鼠が病気で死にそうだから治療してほしいとゴーシュの元に訪ねてくる。動物はみなゴーシュのチェロの演奏によって病気を治してもらっていると言っている。