ソガ大王

ソガ大王

火の鳥 ヤマト編(漫画)の登場人物。読みは「そがだいおう」。

登場作品
火の鳥 ヤマト編(漫画)
正式名称
ソガ大王
ふりがな
そがだいおう
関連商品
Amazon 楽天

概要

ヤマト国の国王。自国の歴史を作ろうと自分が神の子孫であるとする『古事記』を編纂させている。ギャグマンガ的な風貌をしている。自らの巨大な墓を建造しており、完成の後には2千人の人柱を立てる予定である。建造を兄から引き継いだヤマト・オグナは、それを公園と遊園地にしてしまったため、王は衝撃を受けまもなく死んでしまう。

関連キーワード

ヤマト国

『火の鳥 ヤマト編』に登場する国。ソガ大王が治める国。王が神の子孫であるとする歴史書『古事記』を編纂し、王の巨大な墓には2千人の人柱を立てた。

登場作品

火の鳥 ヤマト編

ヤマト国王子ヤマト・オグナは、父が巨大な墓を作り、そこに殉死者2千人を生き埋めにすることに反対していた。九州の蛮族、クマソの川上タケルを討った褒美として、建造を任された彼は、墓ではなく公園と遊園地を作... 関連ページ:火の鳥 ヤマト編

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
ヤマト・オグナ
場所
その他キーワード
logo