タマキ

タマキ

雷火(漫画)の登場人物。

登場作品
雷火(漫画)
正式名称
タマキ
関連商品
Amazon 楽天

概要

身分の低い邪馬台国の女だったが、美貌と権力欲を買われて張政の手駒となる。壱与の付き人との名目で監視役となり、次第に残忍性を目覚めさせていった。

関連人物・キャラクター

壱与

13歳にして非凡な巫女であり、後に卑弥呼の跡を継いで邪馬台国の女王となる少女。山中でライカと出会って以来、互いに強く惹かれ合うようになる。卓越した巫女の能力を張政に利用され、張政には抵抗するものの、邪... 関連ページ:壱与

張政

魏国から邪馬台国に派遣された、外交官と軍事顧問のような役割を持つ男。実際は邪馬台国の地下に眠る強大な力の存在を知り、自ら派遣されるよう仕向けていた。魏国の力を嵩に邪馬台国の支配を進めるが、魏国での政変... 関連ページ:張政

関連キーワード

邪馬台国

『雷火』の舞台のひとつ。紀元前3世紀頃の、『雷火』においては九州北部に存在した国。二十以上の国からなる連合国家で、卑弥呼を女王としていた。魏国と交流して人材や技術を提供されていたが、張政による事実上の... 関連ページ:邪馬台国

登場作品

雷火

魏国の張政は邪馬台国を自分の物としようと画策していた。そして女王卑弥呼を暗殺へと追いやり、幼い巫女壱与を女王に仕立て上げて自分の意のままに操ろうとする。山中で壱与と出会ったライカは、壱与を奪回しようと... 関連ページ:雷火

SHARE
EC
Amazon
logo