ダンダラ新選組

ダンダラ新選組

幕末に実在した新選組の近藤勇土方歳三達と、架空の隊士神鳴千兵衛が、日々の厳しい任務や稽古の中で見せる生き様を通して、報われる事のない不器用な男の家族への想いや、言葉では表せない友情の深さを描いた時代アクション群像漫画。第一回少年ジャンプ愛読者賞に読切作品として発表し、愛読者賞を受賞した。その後、新選組隊士達の若き日を描いた第二部「炎の出発」が発表され、単行本には二部構成で収録されている。また同じく新選組をモチーフにした連載作品として『俺の新選組』がある。

正式名称
ダンダラ新選組
作者
ジャンル
幕末
 
アクション一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

(第一部)幕末の京都で市中警護を行い過激派浪士達から恐れられていた新選組は、脱走といった士道に背く行為は全て切腹となり、その規律の厳しさ故に隊内も恐怖で固められていた。そんな新選組に、見た目の冴えないどこかとぼけた所がある神鳴千兵衛という男が応募してくる。たまたまその実力を目にしていた副長の土方歳三は何かを感じていたが、希望してきたのは隊士ではなく、まかない方だった。

実は、神鳴千兵衛には三年前に生き別れとなった家族がいて、京都にいるという噂を聞きつけ消息を探りに、情報の集まる新選組に入隊したのだった。(第二部)鬼と恐れられた新選組が結成される以前、若かりし土方歳三は、多摩で薬の行商をしながら親友の近藤勇が営む試衛館道場で弟子達に稽古をつけて暮らしていた。

その頃、京都で浪士隊を募集するという話が持ち上がり、三多摩地区に属する道場間の勢力争いに巻き込まれた土方歳三は、野心に燃える青雲館師範代丹下の策にはまり、あらぬ疑いで周りから孤立してしまう。

登場人物・キャラクター

主人公

五人に一人しか入隊出来ない、難関である新選組に応募してきた男。貧しい身なりで物乞いに間違われるが、土方歳三は水に浮いた紙を揺らさずにその下の魚だけを突く所を目撃していたため、秘めた実力を感じて不意打ち... 関連ページ:神鳴 千兵衛

主人公

モデルは土方歳三。新選組副長として志が高く、武士道とは自らを犠牲にして他人に尽くす精神だと信じ、自分にも他人にも厳しく振舞う。多摩の百姓のせがれだったため武士に対する憧れが人一倍強く、武士道に外れた者... 関連ページ:土方 歳三

神鳴千兵衛とは三年前に生き別れとなっていた息子で利夫の兄。新選組隊士となり、市中の見回りをしながら家族の消息を探っていた。長州藩の間者を捕らえに向かった際に、敵に背後から斬り付けられた事が新選組では士... 関連ページ:神鳴 新太郎

モデルは近藤勇新選組局長。武州三多摩出身で、剣を取っては鬼と呼ばれる。神鳴千兵衛や沖田総司からは、目が小さい事を話題にされている。笑い上戸で、一度笑い出すと三日は止まらない。第二部では新選組結成前とな... 関連ページ:近藤 勇昌宣

新選組幹部。モデルは原田左之助。かつて宝蔵院で腕を磨いた槍の達人。入隊を希望してきた神鳴千兵衛の身なりを見て物乞いと勘違いした。土方歳三の言いつけで、神鳴千兵衛の腕を見極めるために井上源三郎を使って不... 関連ページ:原田 左之助

モデルは沖田総司。新選組幹部。20歳。新選組の中では近藤勇以上の剣の使い手と言われる。機転が利き、新太郎の切腹をウヤムヤにするために原田左之助と組み、笑い上戸の近藤勇に報告を面白おかしく伝えて裁きを下... 関連ページ:沖田 総司

モデルは井上源三郎。新選組幹部。土方歳三の指示で、神鳴千兵衛の腕試しに井戸の中から不意打ちを喰わせる。第二部では、土方歳三が無源流師範の司義一郎を不意打ちで殺したという村人たちの噂を耳にして近藤勇に知... 関連ページ:井上 源三郎

モデルは芹沢鴨。新選組局長。扇子片手に土方歳三の稽古の様子を覗きにくる形で登場する。一目で神鳴千兵衛のとぼけた雰囲気の裏に隠された実力を見抜き、槍を持たせたら別人となり土方歳三よりも強いと試合を勧める... 関連ページ:芹沢 鴨

モデルは山崎蒸。新選組探索方。大阪出身。針医者のせがれ。商人に扮して街中から情報を得ている。長州藩の間者を探索する中で、神鳴千兵衛が生き別れた女房と子供の所在を耳にする。さらに後日、嫁ぎ先の学者戸倉こ... 関連ページ:山崎 蒸

神鳴千兵衛の妻。3年前に貧しい暮らしの中で、息子新太郎と利夫と4人で旅の途中の紀州沖で船が沈没し、そのまま神鳴千兵衛と新太郎の2人と生き別れになる。神鳴千兵衛は死んだと思い、まだ幼い利夫を抱えていたた... 関連ページ:志乃

神鳴千兵衛の次男。3年前に生き別れとなった時にはまだ5歳と幼く、訪ねてきた神鳴千兵衛と新太郎の事は覚えていなかった。母が再婚してからは、学者の戸倉の事を本当の父親のように慕っている。 関連ページ:利夫

京都で暮らす学者。神鳴千兵衛の生き別れた女房志乃の再婚相手で、利夫と3人で大きな屋敷に住み裕福な暮らしをしている。幕府の御用を務める黒羽組の軍師であるとともに、長州藩の間者である事が分かり、黒羽組から... 関連ページ:戸倉

会津藩公認の新選組とは異なり、ヤクザの用心棒など無法者達を集めて私設で市中見回りを行っている黒羽組の頭首。水戸の出身で、同郷の芹沢鴨とは親しいため近藤勇も手が出せず、我が物顔で給金代わりに庄屋を商家を... 関連ページ:黒羽 十兵衛

無源流師範として多摩で青雲館道場を営んでいる。一日も早く無源流を世に広め、立派な道場にして息子信一郎が継ぐ頃には江戸に進出したいと考えている。そのため道場を離れるわけにはいかないと、すっとびの節が持っ... 関連ページ:司 義一郎

無源流師範司義一郎の息子。母を亡くし、父と勝王丸という名の犬と一緒に暮らしている。師範代の丹下から、不意打ちにより父を殺した相手が土方歳三だと聞かされ、敵を討つために身分を隠して試衛館に入門する。剣術... 関連ページ:司 信一郎

飛脚。以前、街道で雲助に因縁を付けられていた所を司義一郎に助けられた事がある。噂好きの性格で、浪士隊募集の話を青雲館に持ちかけるが、司義一郎からは多摩の地で無源流を広めるために道場を離れるわけにはいか... 関連ページ:すっとびの節

無源流師範代。野心に燃え、いずれ自らの手で日本を動かす夢を持ち、その為には手段を選ばない卑劣な男。剣の腕は立ち、試衛館の看板を見事に斬り落とし、また同様の切り口で顔に掛かった蕎麦だけを、一切顔を傷つけ... 関連ページ:丹下

SHARE
EC
Amazon
logo