テイト・クライン

テイト・クライン

07-GHOST(漫画)の主人公。別称、ヴァールハイト=ティアシェ=ラグス。

登場作品
07-GHOST(漫画)
正式名称
テイト・クライン
ふりがな
ていとくらいん
別称
ヴァールハイト=ティアシェ=ラグス
関連商品
Amazon 楽天

概要

かつて世界を二分していた大国ラグス王国の王子。側室の子であったため王妃に疎まれ、封印された災厄である死神フェアローレンを宿され、記憶を奪われたうえで追放されていた。王国がバルスブルグ帝国に滅ぼされた後は、フェアローレンを宿すものとして捕らえられ、秘密裏に監視下に置かれ、表向きは帝国軍人候補として士官学校で教育されていた。

記憶の一部を取り戻して士官学校を脱走した後は教会に身を寄せ、帝国にあらがえるだけの力を身につけるとともに、自身の体に秘められた謎を解き明かす旅に出る。隠しごとのできないまっすぐな性格をしており、考えるよりもまず体が動いてしまうタイプで、教会の司教たちによくたしなめられている。

登場作品

07-GHOST

バルスブルグ帝国によって滅ぼされたラグス王国の王子であるテイト・クラインが教会の庇護を受けながら、自らの体に秘められた謎を解き明かすための旅を続けていく。そんなテイトと、彼を手助けするかつて世界の滅亡... 関連ページ:07-GHOST

SHARE
EC
Amazon
logo