ナタリー・シェルダン

蒼のマハラジャ(漫画)の登場人物。別称、ヒヤシンス。ラージャ・エル・フィール・マフマド・イブン・サウドとは親族関係にある。

  • ナタリー・シェルダン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
蒼のマハラジャ(漫画)
正式名称
ナタリー・シェルダン
別称
ヒヤシンス

総合スレッド

ナタリー・シェルダン(蒼のマハラジャ)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

アメリカ人の女性。ラージャの第3夫人。ストリート・ガールをやっていたところ、石油会社の人からアラブの王子が白人の妃を探していると聞き、それを受ける。モイラがラージャの後宮に入れられたさい、知り合いとなる。非処女であることが明らかになると殺されるため、後宮から逃げ出す機会を狙っている。

登場人物・キャラクター

アラブ王の第16王子の青年。ラジャスタンに戻る途中、カイロで蒼の石を奪われてしまったモイラが、彼の乗った車にひかれてしまったことで知り合いとなる。明るいが、自身の思いどおりにならないと気が済まない性格...

登場作品

第二次世界大戦前、イギリス大使の娘・モイラ・B・バーンズは父親の赴任先インド・ラジャスタンにある藩王国・ジョドプールで生活することになる。彼女はそこで王子・シルバ・アジット・シンと出会う。文化や性格の...