ハックルベリーにさよならを

ハックルベリーにさよならを

小学校6年生の少年ケンジと、彼に寄り添う兄さん(僕)。2人が離婚した両親や、父と付き合っている女性カオルに対して抱く葛藤を描いた作品。演劇集団キャラメルボックスの上演作品として制作された脚本を漫画化した。

正式名称
ハックルベリーにさよならを
原作者
成井豊
作者
ジャンル
その他
レーベル
マーガレットコミックス(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

両親が離婚して、母さんに引き取られていた小学6年生のケンジは、家庭教師のたけし先生の影響でカヌーが大好き。学校から帰ると兄さんと呼ぶが迎える。月に一度父さんと会う「面会日」に、父さんと付き合っているというカオルを紹介される。ケンジはカオルに反発するが、「僕」はカオルに興味を持ち、会いに行くようになる。

ある日、ケンジはカオルの部屋で父とケンカして飛び出した。強引についてくる「僕」と一緒に、ケンジはボート神田川に漕ぎ出す。

登場人物・キャラクター

背の高い少年。ケンジは「兄さん」と呼ぶ。本編は、10年間「彼女」の部屋の電話番号を押し続けているという彼のモノローグから始まる。カオルから渡されたメモを元に、1人下高井戸にあるカオルのアパートを訪ねた。彼女に対して次第に好意を持つが、この事でケンジと仲違いしてしまう。その後、カオルの部屋で父とケンカしたケンジの前に現れ、一緒にボートで神田川を下る。 川を下りながら携帯電話で父さん、母さん、カオルと話すケンジに寄り添う。

ケンジ

キャップ型の帽子を被った小学校6年生の少年。イラストレーターの母さんと暮らす。家庭教師のたけし先生の影響でカヌーに乗りたいと願っているが、母さんからは中学生になるまで禁止されている。童話作家の父さんは、母さんと離婚して1人暮らしをしており、月に1度面会するが、この時だけボートに乗ることができる。 たけし先生からもらったパドルが宝物。兄さんとは仲がよい。父さんがカオルと結婚しようとしていることを知り、激しく反発し、カオルに好意を持つ兄さんとも仲違いする。その後、カオルの部屋で父とケンカし、強引についてきた兄さんと一緒にボートで神田川を下る。川を下りながら携帯電話で父さん、母さん、カオルと話す。

カオル

ロングヘアの女性。出版社に勤務する。離婚して一人暮らしをするケンジの父(父さん)の担当だったが、彼に恋をして付き合うようになった。月に1度の面会日で父さんを訪ねて来たケンジと出会うが反発され、何とか彼と話そうと住所と電話番号を書いたメモを渡した。その後何度か僕の訪問を受け親しく話すようになった。一方ケンジの反発は変わらず、彼は飛び出してボートで神田川に漕ぎ出てしまう。 川を下る彼が持つ携帯電話に、ある言葉を告げる。

父さん

ケンジの父。童話作家を職業としている。ケンジの母(母さん)とは、絵本の制作を通じて知り合い結婚したが、現在は離婚して吉祥寺のマンションで一人暮らしをしている。ケンジを溺愛し、月に一度の面会日には愛情いっぱいに彼を迎え、ボートに乗せたり携帯電話をあげたりしている。出版社の担当・カオルから告白され付き合うようになったが、ケンジが承知しなければ結婚はしないという。

母さん

ケンジの母。イラストレーター。ケンジの父(父さん)とは、絵本の制作を通じて知り合い結婚したが、現在は離婚している。以前は童話の絵も描いていたが、現在は雑誌のイラストを専門にしている。成績に厳しく、家庭教師のたけし先生をケンジにつけている。また、カヌーに興味を持ったケンジに対し、中学生になるまでボートもカヌーも禁止している。

たけし先生

ケンジの家庭教師。ワセダ大学の3年生。国語と算数を教えるよう、ケンジの母から依頼されたが、カヌーのことばかり教えている。そのためケンジはカヌーが大好きになってしまった。

ハックルベリー・フィン

カヌーに乗ってミシシッピー川へ漕ぎ出すシーンが描かれている。以後、本編では彼の小説の中での行動とケンジの行動が対比的にモノローグで示されている。

場所

神田川

カオルの部屋で父さんと言い争いをした後、僕と共にボートに乗り込み下った川。2人は東中野から高田馬場、お茶の水などを通過し、晴海埠頭が見える所まで抜けながら、携帯電話で父さん、母さん、カオルと話す。

その他キーワード

カヌー

ケンジが大好きなスポーツ。家庭教師のたけし先生から教わるうちに自分もカヌーに乗りたいと願うようになったが、母さんからは中学生になるまで禁止されている。

パドル

カヌーを漕ぐ道具で、ケンジが6年生になった時、家庭教師のたけし先生から贈られた。それ以来、外出する時には必ず持って出るようになった。カオルの部屋で父さんと言い争いをした後、神田川にボートで漕ぎ出た際もこのパドルを使った。

ボート

カヌーに乗りたがっているケンジが、代わりに母さんから許されている乗り物。ただし、父さんに面会に行った際、一緒に乗ることが条件。本編後半では、カオルの部屋で父さんと言い争いをした後、僕と共に乗り込んで神田川に漕ぎ出た。

帽子

ケンジがいつも被っているキャップ型の帽子。ケンジの少年らしさの象徴。本編のクライマックスで、ある言葉と共に僕に渡される。

携帯電話

僕は10年間この携帯電話で「彼女」の部屋の電話番号を押し続けているという。

マメタロウくんと花子ちゃん

ケンジの父さんと母さんがかつて一緒に作った絵本のタイトル。この制作をきっかけに2人は結婚した。僕は、カオルからこの絵本を見せられる。

クレジット

原作

成井豊

SHARE
EC
Amazon
logo