郊外のボロ家に住む青年が、縁の下に棲みついた蟹に思いを馳せる姿を描いた作品。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
作者
ジャンル
前衛一般

総合スレッド

蟹(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

郊外のボロ屋(蟹)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40
李さん(蟹)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40

新着関連スレッドもっとみる

概要

郊外のボロ家に引っ越してきた青年が、いつの間にか縁の下に棲みつき、そしてまたどこかへ消えてしまった蟹に思いを馳せる姿を描く。つげ義春の代表作『李さん一家』の続編的な作品。

登場人物・キャラクター

主人公
郊外の一軒家に引っ越してきた青年。自然とともにある生活に憧れていたが、単調な暮らしに飽き始めている。そんな折、縁の下に蟹が住みついたのを見て興味を抱く。
主人公である青年の家の2階に妻や子供たちと居候している。トリ語を話せると自称する。中華そば屋の下水で、いなくなった蟹を見たという。

場所

『蟹』で主人公の青年が住んでいる一軒家。二階にはいつの間にか住みついた李さん一家がいる。